OneDrive の同期クライアントの更新プロセス

最終更新日: 2017 年 5 月

この記事は、エンタープライズ環境で 新しい OneDrive の同期クライアント を管理している IT 管理者を対象にしています。Windows の同期クライアントおよび単体の Mac の同期クライアントに、検証のリングを通じて更新プログラムをリリースする方法と、同期クライアント (OneDrive.exe) が更新プログラムを確認する方法について説明します。

注記: 

  • ユーザーに個人の OneDrive アカウントを同期することを許可している場合は、この記事で説明されている更新プロセスと、選択したすべての設定が同期クライアントのすべてのインスタンスに適用されます。

  • Mac App Store からインストールした同期クライアントは、別の更新プロセスに従います。Microsoft は、Production リング内で更新プログラムの展開が終了したら、それらを Mac App Store に公開するため、すぐに全員にリリースされます。

複数のリングを介して更新プログラムをリリースする方法

Microsoft は、社内のリングを通じて更新プログラムの検証を終えると、それらを既定の更新リング (Production) 内の組織にリリースします。更新プログラムを最初にリング内のユーザーのごく一部にロール アウトし、徐々にリング内の全員にロールアウトします。これには通常、1 から 2 週間かかります。途中で数を増やすたびに、品質保証のためにテレメトリを監視します。まれなケースですが、問題を検出すると、リリースを一時中断し、問題に対処して、新しい更新プログラムを同じ順序でユーザーにリリースします。更新プログラムが Production リング内に完全にロール アウトされたら、次の Enterprise リングにリリースします。

更新のタイムライン

Enterprise リングは、Production のロールアウトを通じて監視されたビルドを提供するため、一時中断されるリリースはさらに減ります。Enterprise リングでは、管理者は次のこともできます。

  • 更新プログラムを展開するタイミングを制御する (リリースから 60 日以内)

  • インターネットの帯域幅を使用しないように、内部ネットワークの場所から新しいバージョンを展開する (60 日を経過しても更新プログラムを展開しないと、更新プログラムは自動的にダウンロードされインストールされます)

ただし、最も遅いリングとして Enterprise リングは、パフォーマンスの改善、信頼性の修正、および新機能を最後に受け取ることになります。

注: Microsoft は、重要な更新プログラムについては、60 日間の猶予期間を無視する権利を留保します。

Windows の同期クライアントに Enterprise リングを設定する方法については、「グループ ポリシーを使用し、OneDrive 同期クライアント設定を制御する」をご覧ください。Mac の同期クライアントに Enterprise リング設定する方法については、「Mac OS で OneDrive の次世代同期クライアントを構成する」をご覧ください。Office 365 の更新プロセスについては、「Office 365 ProPlus 更新プログラム チャネルの概要」をご覧ください。Windows 10 の更新プロセスについては、「Windows 10 更新プログラムの展開リングの構築」をご覧ください。

同期クライアントが更新プログラムをチェックして適用する方法

OneDrive の同期クライアントは、24 時間ごとに利用可能な更新プログラムをチェックします。同期クライアントが停止していて、24 時間以上更新プログラムをチェックしていない場合、クライアントを起動するとすぐに更新プログラムがチェックされます。Windows 10 には、同期クライアントが実行されていない場合でもクライアントを更新する、スケジュール タスクもあります。

更新プログラムが利用可能かどうかを判断するため、OneDrive の同期クライアントは次を確認します。

  • 更新リングにリリースされた最新バージョンが、コンピューターにインストールされているものより新しいかどうか。リングの設定に関する詳細は、「グループ ポリシーを使用し、OneDrive 同期クライアント設定を制御する」をご覧ください。インストールされているバージョンが古すぎて現在のバージョンに更新できない場合は、同期クライアントはまずリング内の最小バージョンに更新されます。

  • 更新プログラムが、リング内に設定したロールアウト割合に基づいてコンピューターに提供されるかどうか。

これらの両方に当てはまる場合、OneDrive はユーザーの介入なしで自動的に更新プログラムを隠しフォルダーにダウンロードします。ダウンロードが完了すると、OneDrive は更新プログラムを検証してインストールします。OneDrive が実行されている場合は、停止され、再起動されます。ユーザーはもう一度サインインする必要はありません。更新プログラムをインストールするのに管理者権限は必要ありません。

最新リリースの情報については、「OneDrive の新しい同期クライアントのリリース ノート」をご覧ください。

Enterprise リング内に更新プログラムを展開する

Windows の同期クライアントの更新されたバージョンを展開するには、System Center Configuration Manager を使用して、次のコマンドを実行します。

Execute <pathToExecutable>\OneDriveSetup.exe /update /restart

ここで、pathToExecutable はローカル コンピューターの場所またはアクセス可能なネットワーク共有上の場所で、OneDriveSetup.exe はすべてのコンピューターを更新するバージョンです。このコマンドを実行すると、すべてのコンピューターで OneDrive.exe が再起動されます。同期クライアントを再起動したくない場合は、/restart パラメーターを削除します。詳細については、Windows の展開ガイドをご覧ください。

Mac の同期クライアントの更新されたバージョンを展開するには、MDM ソリューションを使用して目的のバージョンの OneDrive.pkg を展開します。

Enterprise リングで更新プログラムが利用可能になってから 60 日を経過すると、その更新プログラムは新しい最小バージョンになり、そのバージョンよりも古いすべての同期クライアントが自動的に更新されます。利用可能な最新バージョンを使用して、更新プログラムが新しい最小バージョンになる前に、評価して展開することをお勧めします。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×