OneDrive のアクセシビリティ機能

OneDrive には、身体、視覚、またはその他に障碍のあるユーザーが、ファイルを保存し、デバイス間で簡単に共有するためのアクセシビリティ機能が含まれています。

スクリーン リーダー、拡大鏡、音声認識などの多くのアクセシビリティ機能が、コンピューターまたはデバイスに組み込まれています。これらのアクセシビリティ機能の使用方法については、「Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ」を参照してください。

注記: 

  • OneDrive は、クラウドで動作する Web ベースのアプリケーションです。OneDrive では、Web ブラウザーでファイルとフォルダーにアクセスして参照できます。

  • OneDrive を使用する場合は、ブラウザーに Internet Explorer を使用することをおすすめします。

この記事の内容

OneDrive レイアウトを理解する

OneDrive は、Web ブラウザーで実行されます。ブラウザーのウィンドウには、OneDrive の名前がツール バーに表示されます。それと共に、Microsoft サービスのタイトルと、メール タイル (Outlook.com)、Excel Online タイル、OneNote タイルなどの Office Online アプリケーションを含む Office 365 起動ツールも表示されます。このツール バーには、通知の受信、オプションの管理オプション、ヘルプ、サインアウトのためのコマンドも含まれています。

ツール バーの下には、検索ボックス、表示オプション、情報コマンドを含むメニュー バーがあります。ファイルで作業するときに、メニュー バーにコマンドを含めて、新しいファイルの作成やアップロードを行ったり、選択したファイルを開いたりダウンロードしたり、さまざまな方法でファイルを並べ替えたりできます。情報コマンドを選択した場合、メインの OneDrive ウィンドウの右側に情報ウィンドウが開き、選択したフォルダーまたはファイルに関する詳細が表示されます。

メニュー バーの下は、OneDriveで保存されているフォルダーとファイルの構造です。デスクトップ コンピューターなどのワイド画面を使用している場合は、左側のウィンドウに、ファイル、最近表示したファイル、写真、共有ファイル、ごみ箱のカテゴリの表示を含むナビゲーション ツリーが一覧表示されます。スマートフォンなどの狭い画面を使用している場合、カテゴリの表示は、左側のウィンドウではなく、ツールバーの追加オプションのメニューで使用できます。メイン ウィンドウ ビューには、選択したカテゴリの表示のフォルダーとファイルの一覧が含まれます。

メイン ビューでフォルダーを選ぶと、そのフォルダーが開き、サブフォルダーとファイルの一覧が表示されます。下位のレベルにドリルダウンすると、メニューが変更され、選択したファイルを開く、共有、ダウンロード、移動、コピーなどのコマンドが含まれます。使用できるコマンドは、何が選択されているかどうかと、選択したアイテムの種類に応じて変わります。

ファイルを選択すると、ファイルが現在のブラウザー タブまたは別のブラウザーのタブに開かれる場合があります (たとえば、Word Online または Excel Online)。

ショートカット キーによる移動

OneDrive 内を移動する場合や、画面要素のグループを切り替える場合は、Tab キー (進む) または Shift + Tab キー (戻る) を押します。項目を選択するには、Enter キーを押します。メニューやリスト内を参照するには、上方向キーまたは下方向キーを押し、選択を行ってから Enter キーを押します。メニューまたはモードを終了するには、Esc キーを押します。詳細については、「OneDrive のキーボード ショートカット」を参照してください。

OneDrive ウィンドウの領域間を移動すると、スクリーン リーダーはフォーカスがある領域について、それがメニュー バー (“検索ボックス” が読み上げられます) かどうか、ツリー ビュー ("OneDrive" またはユーザーの名前が読み上げられます) かどうか、またはメイン ビュー (“フォルダーとファイルの一覧” が読み上げられます) かどうかという情報を提供します。

OneDrive の基本的な作業

OneDrive を起動する

  1. Web ブラウザーを開きます。

  2. Office 365 アカウント (組織のアカウントまたはMicrosoft アカウントを通じて) にまだサインインしていない場合は、https://portal.office.com に移動します。組織のアカウントまたは Microsoft アカウント にサインインします。

  3. アプリ起動ツールにフォーカスが移るまで、Tab キーまたは Shift キーを押しながら Tab キーを押します。Enter キーを押します。

  4. "OneDrive をリンク" と読み上げられるまで Tab キーを押します。Enter キーを押します。

ファイルをアップロードする

デバイスのファイル システムから OneDrive にファイルを保存する場合は、OneDrive 内の場所を選んでからファイルをアップロードします。

  1. OneDrive を開き、ツリー ビューにフォーカスが移動するまで Tab キーを押します。"OneDrive" またはユーザーの名前が読み上げられます。

  2. ファイル アイテムの表示にフォーカスが移動するまで下方向キーまたは上方向キーを押します。Enter キーを押します。フォルダーとファイルの一覧で何も選択されていないことを確認します。

  3. Tab キーでメニュー バーに移動します。“新規” という音声が聞こえます。"アップロード" と読み上げられるまで右方向キーを押します。Enter キーを押します。

  4. [アップロードするファイルの選択] ダイアログ ボックスで、ツリー ビューにアクセスするには、”ツリー ビュー” (ナレーターでは ”ドキュメント”) が読み上げられるまで Tab キーを繰り返し押します。

  5. ファイルを格納するフォルダーを選択するには、上方向キーまたは下方向キーを押し、Enter キーを押します。

  6. Tab キーを 1 回を押してフォルダーとファイルの一覧に移動してから、下方向キーまたは上方向キーを押してアップロードするファイルを選択します。

    ヒント: 隣接する複数のファイルを選択するには、Shift キーを押しながら最初のファイルを選択し、最後のファイルを選択するまで下方向キーまたは上方向キーを押します。最初と最後のファイルの間にあるすべてのファイルが選択されます。

  7. Enter キーを押します。選択したファイル (複数可) が OneDrive で選択した場所にアップロードされ、”1 つのアイテムがファイルにアップロードされました” (ナレーターでは ”アップロード”) という音声が聞こえます。

ファイルをダウンロードする

OneDrive からデバイスにファイルをコピーする場合は、OneDrive でファイルを選んでダウンロードします。

  1. OneDrive を開き、ツリー ビューにフォーカスが移動するまで Tab キーを押します。"OneDrive" またはユーザーの名前が読み上げられます。

  2. ファイル アイテムの表示にフォーカスが移動するまで下方向キーまたは上方向キーを押します。Enter キーを押します。

  3. フォルダーとファイルの一覧にフォーカスが移動するまで Tab キーを押します。

  4. ダウンロードするファイルが選択されるまで、下方向キーまたは上方向キーを押します。

  5. Shift キーを押しながら Tab キーを 2 回押して、メニュー バーに移動します。選択されているファイルの種類に応じて、”共有” または ”開く” という音声が聞こえます。"ダウンロード" と読み上げられるまで右方向キーを押します。Enter キーを押します。

  6. ファイルをダウンロードするかどうかをたずねる通知が聞こえたら、Alt キーを押しながら N キーを押し、指示に従ってファイルを保存します。完了すると、”ダウンロードが完了しました” という音声が聞こえます。この通知から、ダウンロードしたファイルを開く、フォルダーを開く、またはダウンロードしたファイルを表示するためのボタンに移動することができます。通知を閉じるには、もう一度 Alt キーを押しながら N キーを押し、Tab キーを押して [閉じる] ボタンに移動し、Enter キーを押します。

ファイルまたはフォルダーを検索する

  1. OneDrive で、[検索] ボックスにフォーカスが移動するまで Tab キーを押します。

  2. 探しているファイルまたはフォルダー名の一部またはすべてを入力します。検索条件に合致した検索結果を含む一覧が開きます。

  3. 下方向キーまたは上方向キーを押すと、検索結果内のファイル名またはフォルダー名が読み上げられます。

  4. 検索結果の一覧で、フォルダーまたはファイルを開くには、Enter キーを押します。通知が表示されたら、Alt キーを押しながら N キーを押してフォルダーまたはファイルを開き、指示に従います。

ファイルまたはフォルダーを共有する

  1. OneDrive を開き、ツリー ビューにフォーカスが移動するまで Tab キーを押します。"OneDrive" またはユーザーの名前が読み上げられます。

  2. 共有したいファイルまたはフォルダーを含むフォルダー (ファイル最近使ったファイル共有アイテムなど) にフォーカスが移動するまで、下方向キーまたは上方向キーを押します。Enter キーを押します。

  3. メイン ビューにフォーカスが移動し、”フォルダーとファイルの一覧” という音声が聞こえるまで Tab キーを押します。

  4. 共有するファイルまたはフォルダーが選択されるまで、下方向キーまたは上方向キーを押します。選択できるのは 1 つのファイルまたはフォルダーだけです。

  5. メニュー バーにアクセスするには、Shift キーを押しながら Tab キーを 2 回押します。必要に応じて、"共有" と読み上げられるまで右方向キーを押します。Enter キーを押します。

  6. [共有] ダイアログ ボックスに、アイテムを共有する相手のメール アドレスを入力します。

  7. Tab キーで [編集可能] ボタンに移動します。アイテムを共有する相手にファイルの表示のみを可能にするのか、編集も可能にするのかを選ぶには、下方向キーを押します。

  8. Tab キーでテキスト ボックスに移動し、必要に応じてアイテムを共有する相手へのメッセージを入力します。

  9. ファイルを共有している場合は、Tab キーで [サインインが必要] チェック ボックスに移動してオンまたはオフを選択します。 フォルダーを共有している場合は、Tab キーで [固有の権限があるアイテムも含め、このフォルダー内のすべてのものを共有します] チェック ボックスに移動してオンまたはオフを選択します。

  10. Tab キーで [招待のメールを送信する] チェック ボックスに移動してオンまたはオフを選択します。

    ヒント:  これらのチェック ボックスは既定でオンになっています。

  11. Tab キーを押して [共有] ボタンに移動し、Enter キーを押します。

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×