OneDrive で OneNote 2016 for Windows ノートブックの権限を変更する

OneDrive 上に共有 OneNote 2016 ノートブックがある場合は、その表示権限や編集権限を変更できます。

  1. [ファイル]、[共有]、[ユーザーと共有] の順に選びます。

  2. [共有相手] で、権限を変更する人の名前を右クリックし、オプションを選びます。

ノートブックの変更を許可する人には [編集権限] を、ノートブックを開くことだけを許可する人には [閲覧権限] を選びます。

権限を変更して、自分のノートブックを表示および編集できる相手をコントロールできます。

注: [ユーザーの削除] を選ぶと、その人はノートブックにアクセスできなくなります。このセクションにリストされている人がいない場合は、そのノートブックを他の人と共有していません。

ページの先頭へ

共有リンクを無効にする

リンクを使ってノートブックを共有している場合は、そのリンクの機能を無効にして、他の人がノートブックを表示または編集できないようにすることができます。リンクを無効にすると、そのリンクをクリックした人には、そのリンクが削除されたか期限切れになったこと、またはそのファイルを表示する権限がないことを伝えるメッセージが表示されます。

  1. [ファイル]、[共有]、[共有リンクの設定] の順にクリックします。

  2. [表示リンク] または [編集リンク] の横の [リンクの無効化] をクリックします。

    共有リンクを有効または無効にする

    注: [リンクの作成] はあるのにリンクがない場合は、ノートブックへのリンクを作成していないか、既に無効化しています。

ノートブックへのアクセスを制御するには権限を変更するだけで通常は十分ですが、必要な場合は、ノートブックを OneDrive から削除することもできます。ノートブックを共有せずにノートを他の人と共有したい場合は、ノートを PDF 形式でエクスポートしたり、メールでページを送信したりすることができます。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×