OneDrive でワークシート データを使用する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

「クラウドで作業する」という言葉を聞いて、それがどういう意味なのか、Excel での作業にどう影響するのか疑問に思われたことがあるかもしれません。 これは、突き詰めれば、だれでも、どこにいても、いつでも簡単にブラウザーからデータにアクセスできるようにすることを意味します。 データの表示や編集、共同作業を行うために、他のユーザーに Excel をインストールしてもらう必要はありません。

Excel を拡張したブラウザーベースの Excel Online を使えば、それらのすべてができるようになります。 Excel がインストールされていないコンピューターで、新しいブックを作成することもできます。

ブックの表示や編集をブラウザーで行うには、次の 2 つの方法があります。

  • Web ベースのファイル ストレージと共有サービスを無料で提供する OneDrive にブックをアップロードするか、新たに作成する

  • Office Online がインストールされている SharePoint サイトにブックを保存する

この記事では、最初の方法について説明します。SharePoint の方法の詳細については、発行する SharePoint サイトにブックを参照してください。

Excel Online とは

Excel Onlineは、表示して、ブラウザーで Excel ブックの編集に使用できるブラウザー ベースのアプリケーションです。ブックとワークシートと同じようにExcel Onlineが、Excel で操作してExcel Onlineが Excel の使い慣れた外観です。Excel の機能が多くExcel Onlineで利用できるですが、すべての機能がサポートされてまたはまったく同じように使います。だけでなく、ブラウザーで何ができる変更を行うには、 Excel Onlineには、Excel でブックを開くし、サーバーに保存するための方法が含まれています。

Excel Online を使うと、次のことが簡単にできます。

  • Web で Excel を拡張する    使い慣れた Excel 機能を Web 環境で使うことができます。

  • どこでも作業できる    ブックにアクセスするために必要なのはブラウザーだけです。

  • 共同作業する    プロジェクト チームのメンバーが持っている Excel のバージョンに関係なく、共同作業ができます。

OneDrive で にアクセスする Excel Online

Excel Online を OneDrive で使うには、Microsoft アカウントが必要です。 アカウント ID を使ってサインインしてから、OneDrive から Excel Online にアクセスします。 既存の Excel ブックの作業を Excel Online で行うには、ブックを OneDrive にアップロードします。

OneDrive ID を作成する

  1. http://OneDrive.live.com にアクセスします。

  2. [サインアップ] をクリックします。

既存のブックをアップロードする

Excel Online で使う 1 つ以上のブックをアップロードするには、次の操作を行います。

  1. OneDrive にサインインします。

  2. [ファイル] で、ブックをアップロードするフォルダーをクリックします。

    ロック アイコンが表示されているフォルダーは、プライベート フォルダーです。その他のフォルダーには、共有フォルダーやパブリック (インターネット) フォルダーがあります。

    ヒント    ブックをアップロードするフォルダーを新規に作成するには、[作成]、[フォルダー] の順にクリックします。

  3. [アップロード] をクリックして、Excel Online で開くブックを追加します。

で新しいブックを開始する Excel Online

コンピューターからブックをアップロードする代わりに、ブラウザーで新しい空白のブックを OneDrive フォルダーに直接作成できます。

  1. OneDrive にサインインします。

  2. 新しいブックを追加するフォルダーをクリックします。

  3. [作成]、[Excel ブック] の順にクリックします。

    Excel Online が編集モードで開きます。

    ヒント    変更内容を保存する必要はありません。 Excel Online では、ブックの作業中に変更内容が自動的に保存されます。 変更内容を保存しない場合は、[元に戻す] コマンド (または Ctrl + Z キー) を使います。

でワークシ ート データを表示する Excel Online

ブックを Excel Online の表示モードで開くと、ワークシート データを理解しやすく表示させたり操作したりできます。 たとえば、列データの並べ替えやフィルターの適用を行ったり、ピボットテーブルを展開してその他の詳細やデータの傾向を表示したりできます。 データの内容を変更するには、ブックを編集モードで開く必要があります。

  1. OneDrive にサインインします。

  2. 表示するブックが含まれたフォルダーをクリックします。

  3. 参照するブックをクリックします。

でワークシート データを編集する Excel Online

Excel Online ブックを編集モードで開くと、データの変更、式の入力や編集、データを強調するための基本的な書式の設定ができます。

  1. OneDrive にサインインします。

  2. 編集するブックが含まれたフォルダーをクリックします。

  3. 変更するブックをクリックします。

Excel Online が編集モードで開きます。

Excel Online にはない高度な編集機能を使ってワークシートを変更するには、次の操作を行います。

  1. [Excel で開く] をクリックします。

  2. Excel で編集します。

  3. [ファイル] タブで [保存] をクリックします。

    ブックは自動的に OneDrive フォルダーに保存されます。

Excel Online で、他のユーザーとワークシート データの共同作業を行う

他のユーザーと同じブックを同時に使って共同作業を行うには、ブックを共有します。 この機能は、グループ プロジェクトやサインアップ シートなどのように、入力操作を必要とするワークシートで便利です。 ブックを全員にメールで送信したり、他のユーザーがサーバーにブックをチェックインするのを待つ必要はありません。

  1. OneDrive にサインインします。

  2. 共有するブックが含まれたフォルダーをクリックします。

        ブックに個別のアクセス権限を指定することはできないので、他のユーザーはフォルダー内のすべてのファイルにアクセスできるようになります。 特定のブックをプライベートの状態にするには、1 つ以上のフォルダーをプライベート ブックに使用して、共有するブックのためには別のフォルダーを作成します。

  3. [共有] をクリックします。

  4. ファイルを共有したいユーザーを招待します。

  5. [共有] をクリックします。

  6. フォルダーに戻って、ブックをクリックします。

    送信したリンクをユーザーがクリックして編集モードでワークシートの作業を開始すると、他のユーザーが変更した内容を確認できるようになります。

        複数のユーザー (自分を含む) が同じセルに変更を加えた場合、セルに表示されるのは最後に加えられた変更内容になります。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×