OneDrive、OneDrive for Business、および SharePoint で無効なファイル名とファイルの種類

OneDrive、OneDrive for Business、および SharePoint で無効なファイル名とファイルの種類

無効なファイルまたはフォルダーの文字

特定の文字は、OneDrive、SharePoint、および Windows のファイル名で使用されると、特別な意味を持ちます。たとえば、ワイルドカードの "*" や、ファイル名のパスの "\" などです。OneDrive にアップロードしようとしているファイルまたはフォルダーに以下に挙げる文字のいずれかが含まれる場合、ファイルやフォルダーが同期されない場合があります。アップロード前にファイルまたはフォルダーの名前を変更して、そのような文字を削除してください。

Windows でファイルまたはフォルダーの名前を変更するには、そのファイルまたはフォルダーを選択して、F2 キーを押します。Mac でファイルまたはフォルダーの名前を変更するには、そのファイルまたはフォルダーを選択して、'return' キーを押します。 

OneDrive、Office 365 の OneDrive for Business、および SharePoint Online のファイル名およびフォルダー名に使用できない文字

SharePoint Server 2013 の OneDrive for Business のファイル名およびフォルダー名に使用できない文字

" * : < > ? / \ |

(これらの文字は Windows でもブロックされます。Office 2010 を使用している場合は、ファイル名およびフォルダー名に "&" も使用できません)。

~ " # % & * : < > ? / \ { | }

無効なファイル名またはフォルダー名

次の名前は、ファイルまたはフォルダーに使用できません: AUX、PRN、NUL、CON、COM0、COM1、COM2、COM3、COM4、COM5、COM6、COM7、COM8、COM9、LPT0、LPT1、LPT2、LPT3、LPT4、LPT5、LPT6、LPT7、LPT8、LPT9

さらに、チルダ (~) で始まるファイル名またはフォルダー名もサポートされません。

ファイル名とパスの長さ

OneDrive、OneDrive for Business、および SharePoint Online では、ファイル名を含むパス全体の長さは 400 文字よりも少なくする必要があります。文字数の上限を超えている場合は、エラー メッセージが表示されます。SharePoint Server のバージョンでは、ファイルとパスの長さは最大 260 文字までしかサポートされません。

無効またはブロック対象であるファイルの種類

OneDrive にブロック対象のファイルの種類はありませんが、SharePoint Server および Office 365 の OneDrive for Business にはいくつかの制限があります。詳細については、「リストまたはライブラリに追加できないファイルの種類」を参照してください。

組織の SharePoint サイトでブロックされる種類のファイルはアップロードできません。ブロックされるファイルの種類は、管理者の設定によって異なる場合があります。いくつかのファイル名および拡張子は、それが SharePoint Server または Windows 自体で使用される実行可能ファイルになるため、セキュリティ上の理由でアップロードできません。

ファイルを同期する場合のサイズの制限や、ファイルやフォルダーの文字の制限など、制限事項の詳細については、「OneDrive for Business を介して SharePoint ライブラリをコンピューターに同期する際の制限事項」を参照してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×