Office for Mac 2011 のライセンス認証を行う際に "無効なプロダクト キー" エラーが表示される

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

警告:2016 年 9 月22 日以降、Office 365 のお客様は Office for Mac 2011 をダウンロードできなくなりますパッケージ版の Office for Mac 2011 を使っている場合、プロダクト キーを使用して、Office をインストールすることができます。

プロダクト キーが無効であるというエラーが表示された場合は、以下の解決方法を試してください。

注: プロダクト キーの代わりに PIN が Office に付属していた場合は、http://www.microsoft.com/mac/getkey にアクセスし、PIN を入力してプロダクト キーを取得します。

Office 365 サブスクリプションでサインインする

Office 365 のサブスクリプションを契約している場合、プロダクト キーを使用して Office 2011 for Mac のライセンス認証を行うことはできません。 代わりに、Office に関連付けられているメール アドレスを使用してサインインします。

  1. Office アプリケーションを開いて、[今すぐ認証する] をクリックします。

  2. はじめにウィザードで、[既存の Office 365 サブスクリプションにサインインする] をクリックして、Office に関連付けられているメール アドレスでサインインします。

    既存の Office 365 サブスクリプションにサインインした Office for Mac Home インストール ページ。

Office を更新する

多くの場合、Office を更新すると問題が解決します。

  • 可能であれば、Word などのアプリケーションを開き、[ヘルプ]、[アップデートを確認] の順にクリックします。

    Office for mac のメニューのスクリーンショット
  • アプリケーションを開くことができない場合は、http://www.microsoft.com/japan/mac/download にアクセスして、Office for Mac 更新プログラム セクションまでスクロールし、入手可能な最新の更新プログラムを選びます。ページが更新されたら、Office for Mac 更新プログラム セクションまで下にスクロールして戻り、[今すぐダウンロード] ボタンをクリックします。

2 段階認証用のアプリ パスワードを取得する

2 段階認証を有効にしてある場合は、ライセンス認証中に Office で追加のセキュリティ コードの入力を求めるメッセージが表示されないため、プロダクト キーが無効であるというエラーが表示されることがあります。

この問題を修正するには、一意のアプリ パスワードを取得して入力し、サインインします。

  1. Microsoft アカウントにサインインします。

  2. [アプリ パスワード] で、[アプリ パスワードの新規作成] をクリックします。

    注: [アプリ パスワード] が表示されていない場合は、2 段階認証が有効になっていません。そのため、この場合は、無効なプロダクト キーのエラーが表示された理由ではありません。 次のセクションに移動してエラーを修正します。

  3. 3. [アプリ パスワードをクリップボードにコピーする] をクリックします。

  4. アプリケーションを開くよう求めるメッセージが表示されたら、Word、Excel、または PowerPoint を開き、Microsoft アカウントではなくアプリ パスワードを貼り付け、[サインイン] をクリックします。

Office アプリにサインインするたびにアプリ パスワードを再入力する手間を省くには、[Mac OS キーチェーンにパスワードを保存] チェック ボックスをオンにします。

ハード ドライブの名前を確認する

使っているハード ドライブの名前に、空白、スラッシュ (/) などの文字、またはコンマが含まれていないことを確認します。 このような文字が含まれている場合は、ハード ドライブの名前を変更してから、Office セットアップ ウィザードを実行します。

以前の Office のファイルを削除する

Office のライセンス認証を妨害している可能性がある、以前の Office のライセンス、環境設定、およびサブスクリプションのファイルを削除します。

  1. [移動]、[コンピュータ] の順にクリックし、ハード ドライブをダブルクリックします。

    ヒント: 既定の名前は Macintosh HD です。

  2. [ライブラリ]、[LaunchDaemons] の順にクリックし、com.microsoft.office.licensing.helper.plist を [ゴミ箱] にドラッグします。

    注: [ライブラリ] フォルダーが表示されていない場合は、非表示になっている可能性があります。 このフォルダーを表示するには、Option キーを押したまま [移動] メニューをクリックします。

  3. [ライブラリ] に戻り、[PrivilegedHelperTools] をクリックして、com.microsoft.office.licensing.helper を [ゴミ箱] にドラッグします。

  4. [ライブラリ] に戻り、[環境設定] をクリックして、com.microsoft.office.licensing.plist を [ゴミ箱] にドラッグします。

  5. [ライブラリ] に戻り、[環境設定]、[ByHost] の順にクリックします。

  6. [設定] ギアのスクリーンショット の横にある下矢印、[並び順序]、[名前] の順にクリックして、ファイルとフォルダーをアルファベット順に並べ替え、先頭が "com.microsoft" であるすべてのファイルを [ゴミ箱] にドラッグします。

  7. Office セットアップ ウィザードを再実行します。

コンピューターから Office を削除してから再インストールする

Office を完全に削除する手順に従ってから、Office を再インストールします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

この情報は役に立ちましたか?

ありがとうございます。その他のフィードバックはありませんか?

改善内容をお聞かせください

ご意見をいただきありがとうございます。

×