Office for Mac 2011 のライセンス認証エラーのトラブルシューティングを行う

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Office for Mac 2011 のサポートは、2017 年 10 月 10 日に終了します 。すべての Office for Mac 2011 アプリを引き続きご利用になれます。ただし、深刻な問題を引き起こす可能性のあるセキュリティ リスクにさらされる可能性があります。最新機能、修正プログラム、およびセキュリティ更新プログラムをすべて最新の状態に維持できるように、新しいバージョンの Office にアップグレードしてください。

[Office を購入する] へのリンク [無料で Office 365 Solo を試す] へのリンク

Office for Mac 2011 をアクティブ化するときの一般的なエラー:

プロダクト キーが無効であるというエラーが表示された場合は、以下の解決方法を試してください。

注: Office のプロダクト キーの代わりに PIN が付属していた、 https://www.microsoft.com/mac/getkeyに移動し、プロダクト キーを取得する自分の PIN を入力します。

Office 365 サブスクリプションでサインインします。

Office 365 のサブスクリプションを契約している場合、プロダクト キーを使用して Office 2011 for Mac のライセンス認証を行うことはできません。 代わりに、Office に関連付けられているメール アドレスを使用してサインインします。

  1. Office アプリケーションを開いて、[今すぐ認証する] をクリックします。

  2. はじめにウィザードで、[既存の Office 365 サブスクリプションにサインインする] をクリックして、Office に関連付けられているメール アドレスでサインインします。

    既存の Office 365 サブスクリプションにサインインした Office for Mac Home インストール ページ。

Office を更新する

多くの場合、Office を更新すると問題が解決します。

  • 可能であれば、Word などのアプリケーションを開き、[ヘルプ]、[アップデートを確認] の順にクリックします。

    Office for mac のメニューのスクリーンショット
  • Https://www.microsoft.com/mac/downloadsに移動する場合は、アプリケーションを開くことができないは、までスクロールして、 Office for Mac の更新プログラム] セクションで、最新の更新プログラムを選択します。ページを更新した後、[ Office for Mac の更新プログラム] セクションに戻るまで下にスクロールし、[今すぐダウンロード] をクリックします。

2 段階認証用にアプリ パスワードを取得します。

2 段階認証を有効にしてある場合は、ライセンス認証中に Office で追加のセキュリティ コードの入力を求めるメッセージが表示されないため、プロダクト キーが無効であるというエラーが表示されることがあります。

この問題を修正するには、一意のアプリ パスワードを取得して入力し、サインインします。

  1. Microsoft アカウントへのサインインします。

  2. [アプリ パスワードの場合は、[アプリ パスワードの新規作成] をクリックします。

    注: [アプリ パスワード] が表示されていない場合は、2 段階認証が有効になっていません。そのため、この場合は、無効なプロダクト キーのエラーが表示された理由ではありません。 次のセクションに移動してエラーを修正します。

  3. [アプリ パスワードをクリップボードにコピー] をクリックします。

  4. アプリケーションを開くよう求めるメッセージが表示されたら、Word、Excel、または PowerPoint を開き、Microsoft アカウントではなくアプリ パスワードを貼り付け、[サインイン] をクリックします。

    Office アプリにサインインするたびにアプリ パスワードを再入力する手間を省くには、[Mac OS キーチェーンにパスワードを保存] チェック ボックスをオンにします。

ハード ドライブの名前を確認します。

使っているハード ドライブの名前に、空白、スラッシュ (/) などの文字、またはコンマが含まれていないことを確認します。 このような文字が含まれている場合は、ハード ドライブの名前を変更してから、Office セットアップ ウィザードを実行します。

前の Office ファイルを削除します。

Office のライセンス認証を妨害している可能性がある、以前の Office のライセンス、環境設定、およびサブスクリプションのファイルを削除します。

  1. [移動]、[コンピュータ] の順にクリックし、ハード ドライブをダブルクリックします。

    ヒント: 既定の名前は Macintosh HD です。

  2. [ライブラリ]、[LaunchDaemons] の順にクリックし、com.microsoft.office.licensing.helper.plist を [ゴミ箱] にドラッグします。

    注: [ライブラリ] フォルダーが表示されていない場合は、非表示になっている可能性があります。 このフォルダーを表示するには、Option キーを押したまま [移動] メニューをクリックします。

  3. [ライブラリ] に戻り、[PrivilegedHelperTools] をクリックして、com.microsoft.office.licensing.helper を [ゴミ箱] にドラッグします。

  4. [ライブラリ] に戻り、[環境設定] をクリックして、com.microsoft.office.licensing.plist を [ゴミ箱] にドラッグします。

  5. [ライブラリ] に戻り、[環境設定]、[ByHost] の順にクリックします。

  6. [設定] ギアのスクリーンショット の横にある下矢印、[並び順序]、[名前] の順にクリックして、ファイルとフォルダーをアルファベット順に並べ替え、先頭が "com.microsoft" であるすべてのファイルを [ゴミ箱] にドラッグします。

  7. Office セットアップ ウィザードを再実行します。

お使いのコンピューターから Office を削除してから再インストールします。

Office を完全に削除する手順に従ってから、Office を再インストールします。

次のエラーが表示される場合

"申し訳ありませんが、アカウントに接続するときに問題が発生しました (エラー コード:0x80000008)"

このエラーは、Office 365 ユーザーが Office 2011 for Mac をライセンス認証しようとしたときに発生します。このエラーを修正し、Office の使用を開始するには、Office 2016 for Mac へのアップグレードが推奨されます。ご利用中のサブスクリプションでは完全に無料です。

  1. ボタンをクリックし、Office 2016 for Mac をダウンロードします。ダウンロードが完了したら、インストール起動ツールを開始します。

    注記: 

    • Office 2016 for Mac をダウンロードできない場合、[マイ アカウント] ページからファイルをダウンロードすることもできます。詳しくは、「Download and install Office 2016 on your PC or Mac」 (PC または Mac に Office 2016 をダウンロードし、インストールする) を参照してください。

    • Chrome の一部のユーザーには、ファイルが .pkg 形式であるために「有害なファイルの種類」警告が表示されます。続行するには、保持を選択し、インストーラーを起動します。

    クリックして Office 2016 for Mac のインストーラーをダウンロード
  2. Office 2016 for Mac をインストールしたら、Word など、Office プログラムを開くと、ライセンス認証が要求されます。

  3. アクティブな Office 365 サブスクリプションに関連付けられている Microsoft アカウントを入力し、プロセスを完了します。

    注: 詳細については、「Office 2016 for Mac のライセンス認証を行う」を参照してください。

  4. Office 2016 for Mac のインストール完了後は、次のことができます。

次のエラー メッセージは、Office for Mac 2011 の更新プログラムで修正されました。

"申し訳ありませんが、アカウントに接続するときに問題が発生しました (エラー コード:0x8a010101)"

注: Mac の Office 2016 の場合は、このエラー コードを受信してよいですか。Office 2016 for Mac のアクティブ化するとエラー 0x8A010101が代わりに表示します。

Office for Mac 2011 更新プログラムを取得します。

Word などの Office プログラムを開き、[ヘルプ]、[更新プログラムのチェック] の順に選び、[更新プログラムのチェック] ボタンを選びます。

更新プログラムを手動でインストールするには。

Microsoft Office for Mac 2011 14.6.4 更新プログラム をダウンロードしてインストールします。前述のように、Office 内からその他の更新プログラムを確認できます。

Office を別のコンピューターに移動したり、コンピューターを大きく変更したりした場合は、次のメッセージが表示されることがあります。

"このプロダクト キーで行ったライセンス認証の回数が許可されている上限に達しているため、オンラインのライセンス認証は正しく完了しませんでした。"

Office 365 サブスクリプション:

Office 365 サブスクリプションがある場合は、アカウント ページにサインインして、そこから Office をインストールします。 インストールが残っていない場合は、いずれかを非アクティブ化してから Office をインストールできます。

一括払いで購入した office:

Office を別のコンピューターに移動したり、再フォーマットなどの大きな変更をコンピューターに加えたりした場合は、電話でライセンス認証する必要があります。

ライセンス認証ウィザードで [電話でのライセンス認証] をクリックし、指示に従ってください。

Office for Mac の電話によるライセンス認証のスクリーンショット

「無効な証明書」エラーが発生時に発生する Office for Mac 2011 または Lync for Mac 2011 をインストールします。これは、いくつか古い証明書でサインインしているパッケージのインストールを更新します。単純に、新しいバージョンのインストールに使用する、新しい証明書を使用するためにパッケージをダウンロードする必要があります。このエラーは、ライセンス、またはサブスクリプションには影響しません。

  1. このダイアログ ボックスが表示された場合、[キャンセル] をクリックします。

    [キャンセル] をクリックします。
  2. 次の表のリンクを使用して、新しいバージョンのパッケージをダウンロードします。

    古い証明書を使用していたパッケージ

    ダウンロードする新しいバージョン

    2017 年 3 月 8 日以前に Microsoft ボリューム ライセンス サービス センター (VLSC) からダウンロードされた Office 2011 ボリューム ライセンス パッケージ (ビルド 14.4.3) (すべての言語)

    ビルド 14.6.9 (VLSC から)

    イタリア語およびノルウェー語用の Office 2011 14.7.1 インストーラー

    イタリア語およびノルウェー語用の 14.7.2 インストーラー

    ドイツ語、日本語、ポーランド語用の Office 2011 14.7.1 コンボ更新プログラム

    ドイツ語、日本語、ポーランド語用の 14.7.2 コンボ更新プログラム

    Lync 14.4.1 インストーラー

    14.4.3 Lync インストーラー更新プログラム

  3. [ダウンロード] フォルダーから更新プログラムを開きます。クリックしてインストールします。以上で準備完了です。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

関連項目

Office for Mac 2011 をアクティブにします。

トラブルシューティング: Office for Mac 2011 をアンインストールします。

サポート センターに問い合わせる
お問い合わせ
スキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×