Office for Mac で図をトリミングする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Office for Mac のトリミング ツールの標準のトリミング、図形に合わせてトリミング、図形に収まるようにトリミングを使用し、図の不要な部分をトリミングして除去できます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

注: Word、PowerPoint、Excel に適用されます。

  1. ファイルで、トリミングする図を選びます。

  2. [図の書式設定] タブの [トリミング] の横にある矢印をクリックします。

    [図の形式] タブの [トリミング] ボタン

    注: [図の書式設定] タブが表示されない場合は、図形ではなく図を選んでいることをご確認ください。

  3. [トリミング] をクリックします。

    PPT for Mac の [トリミング] メニュー
  4. 次のいずれかの操作を行います。

    • 1 つの辺をトリミングするには、その辺の中心のトリミング ハンドルを内側へ向かってドラッグします。

    • 2 つの辺を同時に同じようにトリミングするには、Shift キーと Option キーを同時に押しながら、一方の辺の中心のトリミング ハンドルを内側へ向かってドラッグします。

    • 4 つの辺を同時に同じようにトリミングするには、Shift キーと Option キーを押しながら、1 つの隅のトリミング ハンドルを内側へ向かってドラッグします。

  5. 図の外側をクリックして、トリミングした画像を確認します。

注: 図をトリミングした後、トリミングされた部分は図ファイルの一部として残ります。トリミングされた部分を完全に削除し、図のサイズを小さくするには、「画像のトリミング部分を削除する」を参照してください。

注: Word、PowerPoint、Excel に適用されます。

  1. ファイルで、トリミングする図を選びます。

  2. [図の書式設定] タブの [トリミング] の横にある矢印をクリックします。

    [図の形式] タブの [トリミング] ボタン

    注: [図の書式設定] タブが表示されない場合は、図形ではなく図を選んでいることをご確認ください。

  3. [図形に合わせてトリミング] をポイントし、トリミングする図形をクリックします。

    PPT for Mac の [トリミング] メニュー

注: Word、PowerPoint、Excel に適用されます。

図を図形に追加した後、図形の中で使用して、微調整用の [合わせる] ツールと [埋め込み] ツールを使用して、図形内への図の表示方法を選びます。図の一部を削除 ("トリミング") して、図形全体を埋めるようにするには、[埋め込み] を選びます。図の全体が図形に収まるようにする場合は、[合わせる] を選びます。元の図の縦横比は維持されるため、図形の内部に空白領域ができる場合があります。

  1. ファイルで、図形の内部に表示する図を選びます。

  2. [図の書式設定] タブの [トリミング] の横にある矢印をクリックします。

    [図の形式] タブの [トリミング] ボタン

    注: [図の書式設定] タブが表示されない場合は、図形ではなく図を選んでいることをご確認ください。

  3. [埋め込み] または [合わせる] をクリックし、図の外側をクリックします。

    PPT for Mac の [トリミング] メニュー

注: Word、PowerPoint、Excel に適用されます。

図の一部をcropした後も、トリミング部分は図ファイルの一部として残ります。トリミング部分を図ファイルから削除して、ファイル サイズを小さくすることができます。この方法は、図の削除した部分を他のユーザーから見えないようにするためにも役立ちます。

重要: 図のトリミングした部分を削除する操作は、元に戻すことができません。したがってこの操作は、必要なトリミングと変更をすべて加えたことを確認した後で行ってください。

  1. トリミング部分を削除する図をクリックします。

  2. [図の書式設定] タブの[図の圧縮 [画像の圧縮] ボタン ] をクリックします。

    注: [図の書式設定] タブが表示されない場合は、図を選んでいることを確認します。

  3. [図のトリミング部分を削除する] チェック ボックスをオンにします。

    選択した図のトリミング部分のみを削除し、ファイル内の他の図のトリミング部分は削除しない場合、[選択された画像のみ] をオンにします。

関連項目

Office for Mac で画像を挿入する

Office 2016 for Mac でテキスト ボックス、図形、ワードアート、または図を回転する

Word 2016 for Mac で図、図形、ワードアート、その他のオブジェクトのサイズを変更する

Word 2016 for Mac でオブジェクト囲む文字列の折り返しを制御する

目的に合ったトピックをクリックしてください

注: Word、PowerPoint、Excel に適用されます。

  1. ファイルで、トリミングする図を選びます。

  2. [図の書式設定] タブをクリックします。

    注: [図の​​書式設定] タブが表示されない場合は、図形ではなく図を選んでいることをご確認ください。

  3. [調整] で、[トリミング] をクリックし、目的の場所までトリミング ハンドルをドラッグして、図の外側をクリックします。

    [図の書式設定] タブの [調整] グループ

    ヒント: トリミングの位置は、トリミングする領域 (トリミングの四角形の端をドラッグする) または図を移動して設定します。

注: 図をトリミングした後、トリミングされた部分は図ファイルの一部として残ります。トリミングされた部分を完全に削除し、図のサイズを小さくするには、「画像のトリミング部分を削除する」を参照してください。

注: Word、PowerPoint、Excel に適用されます。

図の形状を変更する簡単な方法として、図を特定の図形に合わせてトリミングすることができます。特定の図形に合わせてトリミングすると、図が図形に収まるように自動的にトリミングされます。図の縦横比は維持されます。

  1. ファイルで、特定の図形に合わせてトリミングする図を選びます。

  2. [図の書式設定] タブをクリックします。

    注: [図の​​書式設定] タブが表示されない場合は、図形ではなく図を選んでいることをご確認ください。

  3. [調整] で、[トリミング] の横にある矢印をクリックし、[図形に合わせてトリミング] をポイントし、図形の種類をポイントして、トリミングに合わせる図形をクリックします。

    [図の書式設定] タブの [調整] グループ

  4. 操作を終了したら図の外側をクリックします。

注: Word、PowerPoint、Excel に適用されます。

図を図形に追加した後、図形の中で使用して、微調整用の [合わせてトリミング] ツールと [埋めてトリミング] ツールを使用して、図形内への図の表示方法を選びます。図の一部を削除 ("トリミング") してでも図形全体を埋めるようにするには、[埋めてトリミング] を選びます。図の全体が図形に収まるようにする場合は、[合わせてトリミング] を選びます。元の図の縦横比は維持されるため、図形の内部に空白領域ができる場合があります。

  1. 図形に収まるようにする図をクリックします。

  2. [図の書式設定] タブをクリックします。

    注: [図の​​書式設定] タブが表示されない場合は、図を選んでいることを確認します。

  3. [調整] で、[トリミング] の横にある矢印をクリックし、[サイズに合わせて拡大] または [サイズに合わせてトリミング] をクリックして、図の外側をクリックします。

  4. 完了したら、Esc キーを押します。

注: Word、PowerPoint、Excel に適用されます。

図の一部をcropした後も、トリミング部分は図ファイルの一部として残ります。トリミング部分を図ファイルから削除して、ファイル サイズを小さくすることができます。この方法は、図の削除した部分を他のユーザーから見えないようにするためにも役立ちます。

重要: 図のトリミングした部分を削除する操作は、元に戻すことができません。したがってこの操作は、必要なトリミングと変更をすべて加えたことを確認した後で行ってください。

  1. トリミング部分を削除する図をクリックします。

  2. [図の書式設定] タブをクリックします。

    注: [図の​​書式設定] タブが表示されない場合は、図を選んでいることを確認します。

  3. [調整] で、[圧縮] をクリックし、[トリミングされた画像の領域を削除する] チェック ボックスをオンにします。

関連項目

Office for Mac で画像を挿入する

図、テキスト ボックス、またはその他のオブジェクトを移動、回転、またはグループ化する

Word for Mac 2011でオブジェクト囲む文字列の折り返しを制御する

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×