Office Web Apps でのコピーと貼り付け

Web ブラウザーテクノロジの制限により、 Web 用 Office でのテキストのコピーと貼り付けは、Office デスクトップアプリケーションでのテキストのコピーと貼り付けとは異なります。 この記事では、Office Web Apps ごとにコピーと貼り付けを行う方法について説明します。

コピーと貼り付けの動作は、ブラウザーで表示または編集しているかどうか、また Web 用 Wordの外部からコンテンツを貼り付けるかどうかによって異なります。

ブラウザーで表示する

閲覧表示で文書を開くと、マウスをドラッグすることで、文字、単語、文、または一度に1行ずつテキストを選ぶことができます。 次に、Ctrl + C (Windows の場合) または ⌘ + C (Mac の場合) を押してテキストをコピーします。 クリップボードの内容を、文書の外部に貼り付けることができます。 実行すると、書式 (太字、斜体、特定の色など) を適用せずにテキストが新しい場所に挿入されます。 新しい場所でそれらの書式を再適用できます。

ヒント: 1つの単語をすばやく選ぶには、マウスでダブルクリックします。

文書内に貼り付ける場合は、[ブラウザーで編集] をクリックします。

ブラウザーで編集する

編集表示では、 Word デスクトップアプリケーションと同じように、テキストまたは画像を選択して、文書内のテキストや画像の切り取り、コピー、貼り付けを行うことができます。 Windows では Ctrl + C (コピー)、Ctrl + X (切り取り)、Ctrl + V (テキストまたは画像の貼り付け) を押し、Mac では ⌘ + C (コピー)、⌘ + X (切り取り)、⌘ + V (テキストまたは画像の貼り付け) を押します。

Web 用 Wordの外部からの貼り付け

Web 用 Wordの外部からテキストを貼り付けると、 Word 元の書式設定が可能な限り維持されます。 まれに、太字、斜体、特定のサイズや色などのテキストの特性は保持されず、 Web 用 Wordに適用する必要があります。

リスト   リスト内のサブ項目として Web 用 Word 外部に書式設定されたテキストを貼り付けると、貼り付けられたテキストに階層構造が表示されません。 ベストプラクティスとして、このような項目を一度に1つのレベルに貼り付けることをお勧めします。 または、リストを貼り付けるときに、数値の書式設定を削除し、[段落番号] ボタンと [インデントを増やす] ([ホーム] タブ) を使用して目的の結果を得るために、 Web 用 Wordに再適用します。

コピーと貼り付けの動作は、ブラウザーで表示または編集しているかどうか、また Web 用 Excelの外部からテキストを貼り付けるかどうかによって異なります。

ブラウザーで表示する

ブラウザーでブックを初めて開くと、 Excel デスクトップアプリケーションと同じようにセルを選ぶことができます。 その後、Ctrl + C (Windows の場合) または ⌘ + C (Mac の場合) を押して、セルの内容をコピーします。 クリップボードの内容を、ブックの外部に貼り付けることができます。 ブック内に貼り付ける場合は、[ブラウザーで編集] をクリックします。

ブラウザーで編集する

ブラウザーでブックを編集する場合は、Excel デスクトップ アプリケーションと同じようにセルを選ぶことで、ブック内でテキストの切り取り、コピー、および貼り付けを実行できます。 Windows では Ctrl + C (コピー)、Ctrl + X (切り取り)、Ctrl + V (貼り付け) を押し、Mac では ⌘ + C (コピー)、⌘ + X (切り取り)、⌘ + V (貼り付け) を押します。 貼り付けの場合、セルの内容は、新しい場所の属性 (太字や斜体、特定の色など) を引き継ぎます。

Web 用 Excelの外部からの貼り付け

テキストを外部から貼り付ける場合 Web 用 Excel テキストはテキスト形式でブックに挿入されます。 つまり、太字、斜体、特定のサイズや色などのテキストの特性は保持されず、 Web 用 Excelに適用する必要があります。 他のブックまたはテーブルからセルを貼り付けた場合、 Web 用 Excelにはセルの行と列の構造が保持されます。

ハイパーリンク    ハイパーリンクは静的テキストとして貼り付けられます。 リンクを再設定するには、貼り付けた後、次の操作を実行します。

  1. 文字列を選びます。

  2. [挿入] タブの [リンク] をクリックします。

  3. [アドレス] ボックスに、リンクの web アドレス (URL) を入力します。

  4. [表示するテキスト] ボックスに、リンク テキストを入力し、[挿入] をクリックします。

コピーと貼り付けの動作は、ブラウザーで表示または編集しているかどうか、また OneNote Onlineの外部からテキストを貼り付けるかどうかによって異なります。

ブラウザーで表示する

ノートブックを閲覧ビューで開いた場合は、OneNote デスクトップ アプリケーションと同じようにテキストを選べます。 次に、Ctrl + C (Windows の場合) または ⌘ + C (Mac の場合) を押してテキストをコピーします。 クリップボードの内容を、ノートブックの外部に貼り付けることができます。 実行すると、書式 (太字、斜体、特定の色など) を適用せずにテキストが新しい場所に挿入されます。 新しい場所でそれらの書式を再適用できます。

ノートブック内に貼り付ける場合は、[ブラウザーで編集] をクリックします。

ブラウザーで編集する

編集表示では、 OneNote デスクトップアプリケーションと同じように、テキストまたは画像を選択して、ノートブック内のテキストや画像の切り取り、コピー、貼り付けを行うことができます。 Windows では Ctrl + C (コピー)、Ctrl + X (切り取り)、Ctrl + V (テキストまたは画像の貼り付け) を押し、Mac では ⌘ + C (コピー)、⌘ + X (切り取り)、⌘ + V (テキストまたは画像の貼り付け) を押します。

OneNote Onlineの外部からの貼り付け

テキストを外部から貼り付けると OneNote Online テキストはノートブックにプレーンテキストとして挿入されます。 つまり、太字、斜体、特定のサイズや色などのテキストの特性は保持されず、 OneNote Onlineに適用する必要があります。

注: 画像をコンピューターに保存していない場合は OneNote Online 外部からノートブックに貼り付けることはできません。 次に、[挿入>] に移動して、ノートブックに保存します。

テーブルとリスト    行と列、またはリスト内のサブ項目として書式 OneNote Online 設定されているテキストを貼り付けると、貼り付けたテキストに表または階層構造が表示されません。 ベストプラクティスとして、そのような項目を1つずつセルまたはレベルに貼り付けることをお勧めします。 または、リストを貼り付けるときに、数値の書式設定を削除し、[段落番号] ボタンと [インデントを増やす] ([ホーム] タブ) を使用して目的の結果を得るために、 OneNote Onlineに再適用します。

ハイパーリンク    ハイパーリンクは静的テキストとして貼り付けられます。 リンクを再設定するには、貼り付けた後、次の操作を実行します。

  1. 文字列を選びます。

  2. [挿入] タブの [リンク] をクリックします。

  3. [アドレス] ボックスに、リンクの web アドレス (URL) を入力します。

  4. [表示するテキスト] ボックスのテキストはそのままにして、[挿入] をクリックします。

関連項目

PowerPoint for web をコピーして貼り付ける

ブラウザーで Office ファイルにすばやくアクセスする

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×