Office Starter 2010 の概要

Microsoft Office Starter 2010 は、すぐに使用できる状態でコンピューターにプレインストールされている Microsoft Office 2010 の簡易版です。Office Starter は、表計算プログラムの Microsoft Excel Starter 2010 と文書処理プログラムの Microsoft Word Starter 2010 で構成されています。Office Starter では、普段使用しているコンピューターが手元にないときに、別のコンピューターで Office Starter を実行するために使用するデバイスを作成することもできます。

この記事の内容

Office Starter 2010 の概要

Office Starter ポータブルデバイスの概要

Office Starter 2010 と Office 2010 の相違点

Office Starter 2010 の概要

Office Starter 2010 はコンピューターにプレインストールされた形で提供されますが、使用するには Windows の [スタート] メニューの [Microsoft Office 2010] をクリックし、Office Starter を使用するためのオプションをクリックする必要があります。

Office Starter の最初の使用

Office Starter 2010 の外観は、Office 2010 とよく似ています。これまでにリボン インターフェイスや Backstage ビューを使用したことがない場合は、Office 2010 にアップグレードする前に新しいインターフェイスになれることができます。

Word Starter と Excel Starter

ページの先頭へ

Office Starter ポータブルデバイスの概要

Office Starter ポータブルデバイスを使用すると、Office Starter プログラムを別のコンピューターで使用できます。このデバイスは、Microsoft Office Starter ポータブル Device Manager を実行して構成する USB フラッシュ ドライブです。この構成作業はデバイスをコンピューターに接続した状態で行います。

構成したデバイスを別のコンピューターに接続すると、Microsoft Office がインストール済みであるかどうかにかかわらず、そのコンピューターで Office Starter プログラムを実行できます。デバイスを取り外すと、コンピューターから Office Starter が削除されます。

Office Starter ポータブルデバイスの作成方法と使用方法の詳細については、「Microsoft Office Starter ポータブルデバイスを作成する」を参照してください。

ページの先頭へ

Office Starter 2010 と Office 2010 の相違点

Office Starter が完全版の Office と異なるのは、生産性プログラムが Word Starter と Excel Starter の 2 つしか含まれていない点と、インターフェイスに広告が表示される点です。ビジネスや教育の現場で一般的に使用される機能は搭載されていません。

他の機能が必要な場合は、Office 2010 から Office Starter 2010 に直接アップグレードできます。リボンの [ホーム] タブの [購入] をクリックしてください。

ボタンの画像

Office Starter 2010 プログラムと Office 2010 の機能の相違点に関する詳細については、「Word Starter の機能のサポート」および「Excel Starter 機能のサポート」を参照してください。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×