Office Live Workspace で Project 2007 を使用する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Office Live Workspace Beta では、Microsoft Office Project 2007 の .mpp ファイルや、その他の Microsoft Office プログラム ファイルをすばやく簡単に格納し、共有できます。必要なものは、Windows Live ID と、Web に接続できるコンピュータだけです。

Office Live Workspace を利用すれば、チーム メンバーの電子メールの保存容量を気にしたり、フラッシュ ドライブを使用してドキュメントを転送したりする必要はなくなります。また、複雑なインフラストラクチャのインストールや管理に煩わされることもありません。しかも、すべてのドキュメントはパスワードで保護されます。休暇先で仕事をする場合でも、いつでもすぐにプロジェクトのドキュメントにアクセスできます。

注: Office Live Workspace サインアップ ページから Office Live Workspace にサインアップすることができます。Office Live Workspace にサインインするには、Windows Live ID を使用する必要があります。このメールとパスワードの組み合わせすることができます他の Web サイトにサインインする 1 つの id を使用します。

ヒント: Office Live Workspace のユーザーのコミュニティからは、その他のヘルプを取得します。

目的に合ったトピックをクリックしてください。

Office Live Workspace にプロジェクト ファイルをアップロードする

Office Live Workspace にプロジェクト ファイル用のワークスペースを作成する

Office Live Workspace にプロジェクト ファイルをアップロードする

  1. Office Live Workspace の左側のナビゲーション バーの [個人用ワークスペース] で、[ドキュメント] をクリックします。

  2. アクション バーの [ドキュメントの追加] をクリックします。

  3. ドロップダウン メニューの [単一のドキュメント] または [複数のドキュメント] をクリックします。

    [ドキュメントの追加] メニュー

    注: 複数のドキュメントを初めて Office Live Workspace にアップロードするときには、ブラウザの上部に黄色の通知バーが表示され、ActiveX をインストールするように求められます。黄色のバーをクリックし、ドロップダウン メニューの [ActiveX コントロールのインストール] をクリックします。セキュリティの警告のダイアログ ボックスで、[インストールする] をクリックします。

  4. [ファイルの選択] ダイアログ ボックスで、アップロードするファイルを選択し、[開く] をクリックします。

注: Office Live Workspace には、Project ファイル用のビューアは用意されていません。Project の .mpp ファイルを表示するには、ファイルをコンピュータに保存し、Project 内で開く必要があります。

ページの先頭へ

Office Live Workspace にプロジェクト ファイル用のワークスペースを作成する

ワークスペースの用途はフォルダに似ています。つまり、ワークスペースを使用して、ファイル、リスト、およびメモを整理できます。空のワークスペースを作成し、必要に応じてカスタマイズすることも、特定の目的に役立つドキュメント、メモ、リスト、およびワークシートが既に含まれているワークスペースを選択することもできます。

  1. Office Live Workspace の左側のナビゲーション バーの [個人用ワークスペース] で、[新規ワークスペース] をクリックします。

  2. [新規ワークスペースの作成] ダイアログ ボックスで、[プロジェクト ワークスペース] を選択します。

    他のワークスペースや空白のワークスペースを選択して、ファイルの整理に使用することもできます。

目的に合ったワークスペースを作成できたら、そのワークスペースの使用を希望する他のユーザーと共有できます。ワークスペースの共有の詳細については、「Microsoft Office Live Workspace を使用したワークスペースおよびドキュメントの共有」を参照してください。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×