Office Groove 2007 と SharePoint Workspace 2010 の重要な相違点

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Office Groove 2007 から SharePoint Workspace 2010 にアップグレードした場合、このヘルプ記事の表を参照すると、新しいリリースでの重要な機能の相違点を理解できます。

機能

Office Groove 2007

SharePoint Workspace 2010

Groove ワークスペースに保存されているコンテンツへのアクセス

ワークスペースのコンテンツにアクセスするには、Groove Workspace エクスプローラー ウィンドウでワークスペースを開く必要がありました。ファイル システムから直接このコンテンツにアクセスすることはできませんでした。

2010 ドキュメント ツールに保存されているコンテンツに、ファイル システムから直接アクセスできるようになりました。詳細については、「ファイル システムからワークスペース データにアクセスする」を参照してください。

連絡先に対する通知

オンライン状態またはアイドル状態の変更が通知されるよう、選択した連絡先またはワークスペース メンバーに対して警告を設定することができました。これらの警告は、ワークスペースとツールのどちらも同じ方法で設定していました。

Office Groove 2007 の機能は削除されています。ただし、Microsoft Office Communicator を実行している場合、連絡先にタグを付けて状態変更通知を受け取ることができます。

予定表ツールおよび会議ツール

Groove ワークスペースに追加するために、予定表ツールと会議ツールを個別に利用できました。これらのツールは統合されていませんでした。

2010 ワークスペースには、予定表と会議の機能が統合された新しい予定表ツールを追加できます。2007 の予定表ツールおよび会議ツールは、引き続き既存のワークスペースまたは新しい 2007 ワークスペースに追加できます。

ユーザー設定フォーム ツール

フォーム ツールまたは InfoPath フォーム ツールを使用して、ユーザー設定のワークスペース ツールを作成できました。フォーム ツールは、すべてのデザイン作業をツールのデザイナーで行うもので、InfoPath フォーム ツールは、Microsoft InfoPath 2007 でデザインしたフォーム テンプレートをインポートして、ツールのデザイナーで表示や並べ替えなどのデザイン機能を追加するものです。

Microsoft Office InfoPath 2010 にシームレスに統合された新しいリスト ツールを使用して、ユーザー設定のワークスペース ツールを作成します。また、デザイナー コンポーネントは既存の 2007 フォームまたは 2007 InfoPath フォーム ツールでは利用できなくなりました。

メッセージング

主なメッセージング システムは、Groove 専用のコンポーネントでした。利用できる Office Communicator の統合は Windows API に基づいていました。

Communicator の Microsoft Office ベースの統合には、優れた一貫性のある機能セットが用意されています。また、Communicator をユーザーのシステムにインストールして実行している場合、Communicator が既定のメッセージング システムとなり、プレゼンス アイコンが Communicator から派生します。Communicator を実行していない場合は、元の Groove メッセージング機能が表示されます。詳細については、「Office Communicator の会話を開始する」を参照してください。

複数の ID

ポリシーによって制限されていない限り、アカウントに複数の ID を作成できました。複数の ID 機能の目的は、異なる種類のユーザーと対話するために異なる一意のペルソナを想定できるようにすることでした。

複数のペルソナを使用する場合、追加のユーザー アカウントを作成する必要があります。ただし、複数の ID を既に作成済みのアカウントでは、すべての ID を引き続き使用できます。

権限

Groove ワークスペース マネージャーでは、メンバーのロールに割り当てられている権限を変更することができました。

SharePoint Workspace 2010 では、権限はメンバーのロールに割り当て済みです。ワークスペースは、既定の設定に従って定義されるため、変更できません。ただし、ワークスペース マネージャーでは、引き続き、Groove 2007 ワークスペースのロールに割り当てられた権限を変更できます。

検索

検索機能は、ユーザー設定のフォーム ツールやメモ帳などの特定のワークスペース ツール内、およびメッセージ履歴で利用できました。

ツール固有の検索機能に加えて、Windows Search 4.0 を使用してワークスペース内またはワークスペース間のコンテンツを検索できるようになりました。詳細については、「SharePoint Workspace で内容を検索する」を参照してください。

セキュリティ

アカウントは、オプションのパスワード ログインまたはスマート カードによって保護されていました。これらのセキュリティ機能では、すべてのデータをディスク上で暗号化していました。

アカウントは、マイクロソフトの Bitlocker 保護モデルによって保護されています。そのため、アカウントのアクセスには、Windows ログイン資格情報のみが必要です。このセキュリティ モデルでは、パフォーマンスが強化されており、Windows Search を使用して 2010 ワークスペースのコンテンツにアクセスできます。

SharePoint の統合

SharePoint コンテンツを操作するには、Groove ワークスペースに SharePoint ファイル ツールを追加していました。

SharePoint ワークスペースという、SharePoint サイトの個人用の同期されたコピーを作成できるようになりました。SharePoint ワークスペースを使用すると、オフライン時に SharePoint サイト コンテンツにアクセスできます。また、

Groove 2007 ワークスペースでも SharePoint ファイル ツールがサポートされています。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×