Office Excel で異なるピボットテーブルの形式を操作する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Office Excel 2007 のピボットテーブルおよびピボットグラフ レポートには新機能が追加されているため、現在使用できるピボットテーブル形式には、バージョン 2007、バージョン 2002-2003、バージョン 2000 の 3 つがあります。さらに、各ピボットテーブル形式は Microsoft Office Excel 2000、2002、2003、2007 で使用できます。新しいピボットテーブル形式のバージョン 2007 にすぐにアップグレードするかどうかを決定するには、各種のプログラム バージョンと各種のピボットテーブル形式バージョンの特長を理解することが重要です。

この記事の内容

別のバージョンの Excel プログラム、Excel ファイル形式のファイル、およびピボット テーブルのバージョンを操作します。

異なるピボット テーブル形式バージョン 2000 および 2002-2003、2007 の機能の違い

ピボット テーブル形式バージョン 2000 および 2002-2003 を 2007 のバージョンにアップグレードするかどうかを決定する際に重要な考慮事項

異なる Excel プログラム バージョン、Excel ファイル形式バージョン、ピボットテーブル バージョンを操作する

Office Excel 2007 で新しいピボットテーブル レポートを作成する場合、そのピボットテーブル形式はバージョン 2007 になります。Excel 2007 で Excel ファイル形式バージョン 97-2003 を開いたときにピボットテーブル形式バージョン 2000 または 2002-2003 が含まれている場合は、互換モードになるため、ピボットテーブル形式バージョン 2007 にすぐにアップグレードしなくても、ピボットテーブルと連携することができます。

以前のバージョンのファイル形式を開くには、Excel 97-2003 ファイル形式を Excel バージョン 2007 で開き、それを Excel 97-2003 ファイル形式に保存し直してから、Excel バージョン 2007 で再度開きます (これはラウンドトリップとも呼ばれます)。バージョン 2000、2002-2003、2007 の各ピボットテーブル形式は保持されます。ただし、ピボットテーブル形式バージョン 2007 を Excel ファイル形式 97-2003 で保存すると、ピボットテーブルは読み取り専用になり、この読み取り専用ピボットテーブル レポートからピボットグラフを作成することはできなくなります。

Excel バージョン 2007 を使用してピボットテーブル形式バージョン 2000 および 2002-2003 をバージョン 2007 にアップグレードするときには、Excel 2007 でピボットテーブル レポートを更新し (ピボットテーブルの [オプション] タブの [データ] で [更新] をクリックします)、ファイルをピボットテーブル形式バージョン 2007 で保存します。

互換モードの場合にピボットテーブルを更新すると、実際に扱うピボットテーブル形式は、現在の Excel ファイル形式など多くの要因によって決定されます。特に重要な点を次にまとめます。

  • Excel 2007 では、バージョン 2000、2002-2003、2007 のすべての形式のピボットテーブルが完全に連携できます。

  • Excel 2007 より前の Excel バージョンでは、バージョン 2000 および 2002-2003 形式のピボットテーブルは完全に連携できますが、バージョン 2007 形式のピボットテーブルは読み取り専用になります。

次の表に、連携が可能かどうかを示します。

Excel 2007を使用します。   

開いているファイル形式バージョン

最初のピボットテーブル形式バージョン

更新の有無

保存されるファイル形式バージョン

保存されるピボットテーブル形式バージョン

ピボットテーブル機能

2007

2007

NA

2007

2007

完全に連携

2007

2000、2002-2003

はい

97-2003

2000、2002-2003

完全に連携

2007

2000、2002-2003

いいえ

97-2003

2000、2002-2003

完全に連携

97-2003

2000、2002-2003

はい

2007

2007

完全に連携

97-2003

2000、2002-2003

いいえ

2007

2000、2002-2003

完全に連携

97-2003

2007

はい

2007

2007

完全に連携

97-2003

2007

いいえ

2007

2007

完全に連携

97-2003

2000、2002-2003

はい

97-2003

2000、2002-2003

完全に連携

97-2003

2000、2002-2003

いいえ

97-2003

2000、2002-2003

完全に連携

Excel 2007より前のバージョンの Excel を使用します。   

開いているファイル形式バージョン

最初のピボットテーブル形式バージョン

更新の有無

保存されるファイル形式バージョン

保存されるピボットテーブル形式バージョン

ピボットテーブル機能

97-2003

2007

NA

97-2003

2007

読み取り専用

97-2003

2000、2002-2003

NA

97-2003

2000、2002-2003

完全に連携

2007

2007

NA

97-2003

2007

読み取り専用

2007

2000、2002-2003

NA

97-2003

2000、2002-2003

完全に連携

注: ピボットテーブル形式をバージョン 2000 および 2002-2003 からバージョン 2007 に変換した後で、バージョン 2000 および 2002-2003 形式に戻すことはできません。

ページの先頭へ

異なるピボットテーブル形式バージョン 2000、2002-2003、2007 の機能の違い

ピボットテーブル形式バージョン 2007 を Excel 2007 で使用する場合、Excel 2007 の全機能を使用できます。ピボットテーブル形式バージョン 2000 および 2002-2003 を Excel 2007 で使用する場合は、Excel 2007 の多くの機能を使用できますが、次のようにサポートされていない機能もいくつかあります。

  • ラベルや値をフィルタする (サポート対象の [トップテン] フィルタを使用した場合を除く)。

  • [ピボットテーブル フィールド リスト] から現在のピボットテーブル レポートのレイアウトにないフィールドをフィルタする。

  • オンライン分析処理 (OLAP) データ ソースの階層の中間レベルを非表示/表示する。

  • 手動による包含的なフィルタを使用する ([フィールドの設定] ダイアログ ボックスの [小計とフィルタ] タブで [新しいアイテムを手動フィルタに含める] チェック ボックスをオフにする)。

  • 新しいピボットテーブルの制限を超える (1,048,576 のフィールドの制限に従う新しい固有のアイテムなど)。

これらの機能を使用してみることはできますが、ピボットテーブルをピボットテーブル形式バージョン 2007 にアップグレードできるように、ピボットテーブルを更新するよう求める警告が表示されます。

ページの先頭へ

ピボットテーブル形式をバージョン 2000 および 2002-2003 からバージョン 2007 へアップグレードするかどうかを決定する際の重要な考慮事項

ピボットテーブル形式をバージョン 2000 および 2002-2003 からバージョン 2007 にアップグレードするかどうかを決定する際には、次の重要な考慮事項に留意してください。

更新可能なピボットテーブル レポートを共有する    形式バージョン 2007 のピボットテーブル レポートは、Excel 2007 より前のバージョンでは読み取り専用になります。ユーザーが共有する必要のある複数のピボットテーブル レポートが同じデータ ソースに接続されている場合は、これらのユーザーに一貫して Excel 2007 を使用させることをお勧めします。

バージョンが混在する環境で使用してピボット テーブル レポート   Excel 2007より前のバージョンの Excel で使用できるピボット テーブルを作成する必要がある場合、[しないでバージョンの Excel 2007 ファイル形式でブックを保存します。完全な対話機能を使った、別のバージョンの Excel でピボット テーブルの互換性これにより、します。

フィルター結果が異なる場合があります。   ピボット テーブルの動作をフィルタ リング 2007 のバージョンの書式を設定する方法の変更があります。フィルター条件は、加算、つまり、各連続するフィルター現在フィルターを適用します。また、動的にピボット テーブルのフィールドを配置する場所のコンテキストでその値を評価してトップ 10フィルターに含まれているアイテムの最上位のフィルターが選択されます。フィルターとデータによって、両方のケースでは形式バージョン 2007 でピボット テーブル レポートとバージョン 2000 および 2002-2003 の別のフィルターの結果が表示されます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×