Office Delve (Office 365 管理者向け)

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。

Office 365 で、同僚とお互いのドキュメントを閲覧したり、編集、共有したりする回数が多くなるほど、Delve は、すべてのユーザーにとってより便利なものになります。管理者として、ユーザーが Delve を最大限に活用できるようにする方法について説明します。

Delve では、Office Graph の機能を利用しています。共同で作業している相手とその作業の内容に基づき、関連性が最も高いコンテンツがユーザーに表示されます。 Delve 内の情報は、ユーザーごとにカスタマイズされています。 Delve では、権限は変更されず、自分が既にアクセス権を持っている情報のみが表示されます。

管理者は、組織に Office Graph へのアクセスを許可することができ、Delve で使用される SharePoint Online や OneDrive for Business といった他の Office 365 サービスをセットアップできます。 また、初めて Delve を使うユーザーをサポートし、ユーザーからの質問に対応します。

この記事の内容

Delve を使うのに必要なもの

Delve の新機能をすぐに利用する

Office Graph へのアクセスを制御します。

Delve を組織に導入する

ユーザーによる Delve のトラブルシューティングをサポートする

Office Graph について

追加情報

Delve を使うのに必要なもの

Delve は、Office 365 Enterprise (E1/E3/E4)、Office 365 Education (E1/E3/E4)、Office 365 Government (E1/E3/E4)、Office 365 Business Essentials、Office 365 Business Premium で利用できます。

Delve の使用をユーザーが開始するには、どの Office 365 プランを利用しているかに関係なく、管理者は SharePoint Online サービスを有効にして、SharePoint Online ライセンスをユーザーに割り当てる必要があります。 また、Delve のユーザーのホーム ページに添付ファイルを表示する場合は、Exchange Online のセットアップも必要です。 Skype for Business Online をセットアップすると、ユーザーは Delve から直接 Skype for Business Online 会話を開始できます。

Delveは、または 1 つ前のバージョンのInternet Explorerまたは Firefox、または、最新バージョンの Chrome または Safari で動作に設計されています。詳細については、 Office 365 のシステム要件を参照してください。

Delve の新機能をすぐに利用する

Delve の新機能を標準リリースより前に利用したい場合は、初回リリース プログラムに加入します。新機能のアップデートは、標準リリース プログラムの利用者より最低 2 週間早く提供されます。詳細については、「Office 365 リリース プログラム」を参照してください。

初回リリース プログラムに加入するには:
  1. 職場や学校のアカウントで Office 365 にサインインします

  2. Office 365 管理センターに移動します

  3. [サービス設定]、[更新] の順に移動します。

  4. 最初のリリースでは、[組織全体] または [連絡先] を選びます] を選びます。

    ヒント: 組織のユーザー用にカスタマイズした Delve ビューの作成には、時間がかかります。そこで、週末の直前に初回リリースに加入しておけば、ユーザーは新しくなった Delve を週明けに使うことができます。

ユーザーに表示される Delve の内容は、組織にどのリリース プログラムを設定しているかによって異なります。主な相違点については、「Office Delve の見た目が説明とは異なる」を参照してください。たとえば、初回リリース プログラムに加入し、Yammer Enterprise のライセンス認証を行っている場合は、パブリック Yammer グループでユーザーが投稿した公開 Web ページへのリンクを Delve 内でコンテンツ カードとして表示することができ、ユーザーが Delve から Yammer にドキュメントを投稿したり、Yammer の会話を Delve で開始または閲覧したりすることができます。Yammer Enterprise のライセンス認証をまだ行っていない場合は、「Yammer アクティベーション ガイド」、「Yammer ネットワークのセットアップ (Yammer アクティベーション ガイド)」、「ネットワークを Yammer Enterprise にアップグレードする」を参照してください。

Office Graph へのアクセスを制御します。

管理者は、SharePoint 管理センター から Office Graph へのアクセスをコントロールできます。

Office Graph へのアクセスを許可しない場合は、 DelveOneDrive for Businessで検出ビューなど、Office Graph で電源が入っているOffice 365内のすべての機能が無効にします。参照してください影響ができるようにするか、Office Graph へのアクセスを許可しないのか?詳細についてはします。

  1. 職場や学校のアカウントで Office 365 にサインインします

  2. SharePoint 管理センターに移動します。

  3. [設定] を選びます。

  4. Office Graph で、次のいずれかのオプションを選びます。

    • Office Graph へのアクセスを許可する

    • Office Graph へのアクセスを許可しない

Delve を組織に導入する

組織で Delve を使い始める場合は、以下の情報を参考にしてください。

Delve の導入を発表する前

Delve の導入を発表する

Get Delve アプリ

Delve を日常的に使う

ユーザーによる Delve のトラブルシューティングをサポートする

このセクションの情報を使って、Delve の問題を解決できます。

Office 365 のアプリ起動ツールで Delve が表示されない

アプリ起動ツールに Delve が表示されないユーザーが組織内に複数いる場合は、次の点を確認してください。 組織内のユーザーが Delve の使用を開始するには、組織で次のすべての準備が整っている必要があります。

解決方法

Office Graph へのアクセスを組織に許可していることを確認する
  1. 職場や学校のアカウントで Office 365 にサインインします

  2. SharePoint 管理センターに移動します。

  3. [設定]、[Office Graph] の順に移動して、[Office Graph へのアクセスを許可する] が選択されていることを確認します。

    注: SharePoint Online の単体サービス (SharePoint Online プラン 1 または SharePoint Online プラン 2) を使用している場合は、SharePoint 管理センター に Office Graph の設定が表示されます。ただし、単体サービスでは、まだ Delve を利用できないので、ユーザーは、アプリ起動ツールで Delve を使用したり、Delve を表示したりすることはできません。

Delve がサポートされる Office 365 プランを利用していることを確認する
  1. 職場や学校のアカウントで Office 365 にサインインします

  2. Office 365 管理センターに移動します

  3. [課金]、[サブスクリプション] の順に選びます。

  4. 次のいずれかのサブスクリプションがあることを確認します。

    • Office 365 Enterprise (E1/E3/E4)

    • Office 365 Education (E1/E3/E4)

    • Office 365 Government (E1/E3/E4)

    • Office 365 Business Essentials

    • Office 365 Business Premium

適切なユーザー ライセンスを割り当て済みであることを確認する
  1. 職場や学校のアカウントで Office 365 にサインインします

  2. Office 365 管理センターに移動します

  3. [ユーザー]、[アクティブなユーザー] の順に選びます。

  4. ライセンスを確認するユーザー名の前にあるボックスをオンにします。

  5. そのユーザーに、次のいずれかのライセンスの組み合わせがあることを確認します。

    • Microsoft Office 365 プラン E1 および SharePoint Online (プラン 1 またはプラン 2)

    • Microsoft Office 365 プラン E3 および SharePoint Online (プラン 1 またはプラン 2)

    • Microsoft Office 365 プラン E4 および SharePoint Online (プラン 1 またはプラン 2)

    • Microsoft Office 365 Business Essentials および SharePoint Online (プラン 1 またはプラン 2)

    • Microsoft Office 365 Business Premium および SharePoint Online (プラン 1 またはプラン 2)

    ライセンスの管理方法の詳細については、「一般法人向け Office 365 ライセンスの割り当てまたは割り当て解除を行う」を参照してください。

Delve に正しい同僚が表示されない

Windows Azure Active Directory の情報が古い場合、または SharePoint Online のユーザー プロファイルと同期していない場合、Delve には関連性の最も高い同僚が表示されないことがあります。

Delve では、Office 365 のユーザー プロファイルを使って、組織で最も密接に仕事をしているユーザーが特定されます。 プロファイルには、Windows Azure Active Directory と SharePoint Online ユーザー プロファイルから収集された情報が含まれています。 連絡先情報は、24 時間ごとに Windows Azure Active Directory から SharePoint Online ユーザー プロファイルに自動的に追加されます。

解決方法

  • Windows Azure Active Directory を確認して、クリーンアップを行い、情報が SharePoint Online ユーザー プロファイルに同期されるのを待ちます。

  • 学術機関の場合、Windows Azure Active Directory とユーザー プロファイルの同期は、自動的に行われません。 そのため、ユーザーは、SharePoint Online に最低 1 回はログインして、ユーザー プロファイルを作成する必要があります。

  • 社内に Active Directory があり、Active Directory の同期を行うようにセットアップしている場合は、Windows Azure Active Directory と正しく同期していることを確認します。

Delve にユーザーの写真が表示されない

Delve に表示されるユーザーの写真は、SharePoint Online ユーザー プロファイルからのものです。 そのため、SharePoint Online ユーザー プロファイルにユーザーの写真がない場合、Delve に写真は表示されません。

解決方法

Delveでドキュメントを無効になっている他のユーザーからのドキュメントが表示されます。

ユーザーは、 Delveでドキュメントが表示されませんが、自分のアクティビティリレーションシップOffice 365では、Office Graph に含まれませんつまりDelveでドキュメント機能をオフにできます。

ただし場合は、他のユーザーは、ドキュメント機能をオフになっている他のユーザーのアクセスをドキュメントがあるがまだ表示Delve] で、ドキュメント ファイルSharePoint Onlineでそれらを検索するのと同じようします。

組織内のすべてのユーザーに使用できるその他の情報も表示されますAzure Active Directoryからの情報など、ユーザーがドキュメントをオフになっている場合でも。

解決方法

  • 操作は不要です。

Delve にコンテンツがほとんどまたはまったく表示されない

Delve のコンテンツは、Exchange Online、Office 365 ビデオ、SharePoint Online、OneDrive for Business など、Office 365 全体のさまざまなコンテンツ ソースから収集されます。

最近変更または閲覧されたコンテンツがコンテンツ ソースになく、他のユーザーのコンテンツへのアクセス権がない場合、Delve にはコンテンツがほとんどまたはまったく表示されないことがあります。 ユーザーが Delve でコンテンツを表示するには、Office 365 サービスのライセンスと Office Graph へのアクセス権が必要です。

解決方法

  • ドキュメントを SharePoint Online および OneDrive for Business に保存して共有するようにユーザーに勧めます。 詳細については、「Delve がアクセスできる場所にドキュメントを保存する」を参照してください。

  • SharePoint Online のサイトとサイト コレクションで権限の設定を確認して、ユーザーに正しいサイトとコンテンツへのアクセス権があることを確認します。

  • ユーザーが Active Directory に登録され、正しい Active Directory グループのメンバーであることを確認します。確認するには、[Office 365 管理センター]、[ユーザー]、[アクティブなユーザー] の順に移動します。

  • ユーザーがドキュメントを表示するDelveを許可することを確認します。Office 365に移動する、ユーザーがあることを確認するに > Delve > Delveでドキュメントがオフにし、機能の設定を確認してください。

  • 有効にした Office 365 サービスにアクセスするためのライセンスがユーザーに割り当てられていることを確認します。

Delve で特定のアイテムが見つからない

Delve では、権限は変更されず、ユーザーには既にアクセス権を持っている情報のみが表示されます。 Delve に表示されるのは、一部のコンテンツ タイプだけで、新しいドキュメントが表示されるまでに、最大で 24 時間かかることがあります。 また、Delve では、過去 3 か月に変更または参照されたコンテンツが優先的に表示されます。

解決方法

  • Delve にコンテンツがほとんどまたはまったく表示されない」の説明を確認してください。

  • コンテンツ タイプがサポートされていることを確認します。現在、標準リリースでは、Delve には PDF、Word、Excel、PowerPoint のファイルと Office 365 ビデオ にアップロードされたビデオが表示されます。

  • ドキュメントが Office 365 に追加された日時を確認します。 新しいドキュメントが Delve に表示されるまでに、最大で 24 時間かかることがあります。

ユーザーは Delve で個人的な文書や機密文書が利用できることを心配している

ユーザーが Office 365 で表示または編集できるドキュメントは、すべて Delve に表示できます。 Delve では、権限は変更されず、ユーザーには既にアクセス権を持っているドキュメントのみが表示されますが、 ドキュメントを Delve に表示したくない場合もあります。

解決方法

  • ドキュメント、サイト、ライブラリの権限設定を確認して、対象のユーザーだけが、コンテンツに対するアクセス権を持っていることを確認します。

  • 特定のドキュメントを Delve に表示しないようにするには、「Delve にドキュメントを表示しない」の手順に従います。非表示にしても、ドキュメントは Office 365 に保存されているので、検索で見つけることができますが、Delve には表示されません。

Office Graph について

Delveは、Office Graph で動作します。Office Graph では、グラフのインデックス ノードとしてOffice 365のすべてのアイテムに関するデータ表現を格納します。Office Graph データでは、 SharePoint OnlineとExchange Online環境では、お客様のパーティションに格納され、同じデータの保護とセキュリティ同様のクラウド サービスに保存されているその他の顧客データが含まれています。Office Graph のデータとメタデータは、同じデータ センター領域としてのサービスからデータを収集したに保存されます。

Office Graph では、豊富なリレーションシップを使用して、さまざまな種類のアイテム間の接続について説明します。さらに、Office Graph で高度な分析機能を使用して、機械学習法を作成する分析呼ばれる – 豊富なリレーションシップの推定します。

Delveなどの別のコンテキストで、最も関連性の高いコンテンツを表示するのには、Office Graph は、次の 2 つの分析を使用します。最初に、Office Graph 内のどのユーザーは、現在のコンテキストに最も関連性の高いを計算します。次に、これらのユーザーに関連付けられている最も関連性の高いコンテンツを取得します。コンテンツが、各ユーザーに合わせて調整し、どのようなすでにアクセス権のあるのみを表示します。

開発者は、Microsoft Graph でマイクロソフト クラウド サービスからの複数の Api を公開する単一の REST API エンドポイント (https://graph.microsoft.com) を通じて Office Graph 見解、豊富なリレーションシップが公開されます。 詳細については、 Microsoft Graphを参照してください。

Office Graph へのアクセスを許可する/許可しない場合の影響

組織内のユーザーがDelveで表示、どのような情報は、組織には、リリース プログラムと Office Graph へのアクセスを許可しているかどうかによって異なります。

標準リリース プログラム

Office Graph へのアクセスを許可している場合、組織のユーザーがDelveで Office 365 アプリ起動ツールありDelveのすべての機能を使用することができます。Delve内のユーザー] をクリックすると、そのユーザーのページが開きます。[ユーザー] ページには、連絡先情報や組織図の詳細、およびユーザーに関連するドキュメントなどのユーザーのプロファイル情報が含まれています。

Office Graph へのアクセスを許可しない場合、 Delveは Office 365 アプリ起動ツールから削除されます。ユーザーのページにアクセスして、たとえば、OneDrive for Business で連絡先をクリックしてその人のページが含まれますユーザー プロファイル情報のみです。ドキュメントは表示されません。 他のユーザーがドキュメントまたはボードではなく、ユーザーが検索もできます。

OneDrive for Businessで検出ビューも削除されます。

初回リリース プログラム

初回リリース プログラムに加入して Office Graph へのアクセスを許可した場合、組織のユーザーは新しい Delve 機能に早くアクセスできます。 Delve での初回リリースと標準リリースの主な相違点については、「Office Delve の見た目が説明とは異なる」を参照してください。

Office Graph へのアクセスを許可しない場合、 Delveは Office 365 アプリ起動ツールから削除されます。Delveでその人のページにアクセスして、ドキュメントは表示されません。

追加情報

開発者

エンド ユーザー

管理者

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

共有 Facebook Facebook Twitter Twitter メール メール

この情報は役に立ちましたか?

ありがとうございます。その他のフィードバックはありませんか?

改善内容をお聞かせください

ご意見をいただきありがとうございます。

×