Office Delve で自分に関連する情報が特定される方法

Delve では、Office 365 からのさまざまなコンテンツが表示されます。自分のドキュメントだけでなく、同僚が作業しているドキュメントも表示できます。これらは OneDrive for Business や Office 365 の SharePoint に保存されているドキュメントか、またはメールの添付ファイルとして自分と共有されているドキュメントです。

ホーム ページに表示されるドキュメントは、タイムライン (たとえば最終更新日時) 順やアルファベット順に編成されていません。代わりに、Delve では、現時点で自分にとって関連性の高い順にドキュメントが整理されます。検索ボックスを使用して検索するときも同じです。自分に関連性の高い順にカスタマイズされた検索結果が表示されます。

では、Delve は、内容があなたに関係があるかどうかをどのように識別しているのでしょうか?

Delve の背後で頭脳の役割を果たしているのは、Office Graph です。Office Graph は、あなたと同僚が Office 365 で作業しているときに送信されるシグナルを継続的に収集、解析しています。たとえば、あなたと同僚が同じドキュメントを変更または表示した場合、それは共同で作業を行っているシグナルになります。その他のシグナルとしては、あなたがメールを通じてだれと通信しているか、ドキュメントをだれと共有しているか、あなたのマネージャーはだれか、同じマネージャーの下で働いているのはだれか、などがあります。

Office Graph はシグナルを収集し、解析して、関連性の高いコンテンツを表示

Delve は、Office Graph の解析結果を使って、あなたに関連する可能性が高いドキュメントを表示します。たとえば、Office Graph はあなたと定期的に共同で作業を行っている複数のユーザーが特定のドキュメントを表示すると、それを認識します。そのドキュメントは、あなたにとっても関心のあるものである可能性が高いので、Delve では、そのドキュメントをあなたの [ホーム] ページに表示します。

各コンテンツ カードの情報によって、そのドキュメントがあなたの画面に表示された理由が分かります。たとえば、複数の同僚が最近そのドキュメントを参照した、または他のユーザーがそのドキュメントを変更したなどの理由です。

文書の更新者がアクティビティ領域に表示される

どのような検索結果が表示されるかは、最近に関する作業を行っているか、だれと共同で作業しているか、共同作業者が何に関する作業を行っているかによって異なります。たとえば、仕事上の関係が近い同僚が、特定の件名についてのドキュメントを作成した場合、このドキュメントは、仕事上の関係がないだれかが作成したドキュメントよりも検索結果リストで上位に表示されると考えることができます。

注: あなたには、自分の個人用ドキュメントと、自分がアクセスできる他のドキュメントが表示されます。他のユーザーには、そのユーザー自身のドキュメントと、そのユーザーがアクセスできるドキュメントが表示されます。

作業を行えば行うほど効果があります

あなたと同僚が Office 365 を使って共同で作業を行うほど、Office Graph が収集できるシグナルは多くなります。シグナルが多いほど解析の精度が向上するため、Delveでは、より関連性の高いコンテンツを表示できることになります。

関連項目

Delve に含まれる情報の種類

Delve とは

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×