Office 365 Solo または Office 365 サービスのサブスクリプションをキャンセルする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Office 365 Solo または Office 365 サービス の有料または試用版サブスクリプションをキャンセルしても、サブスクリプション期間が終了するまでは、サブスクリプションに含まれているすべてのサービスを利用できます。たとえば、年単位のサブスクリプションの有効期限が 12 月 31 日の場合、サブスクリプションを 6 月にキャンセルしても、12 月 31 日までは引き続き利用できますが、それ以降は更新されません。

Office 365 Solo の場合、サブスクリプションの有効期限が切れると、Office は機能制限モードで実行され、ライセンスのない製品通知が表示されます。つまり、ドキュメントを開いて印刷することはできますが、編集したり新規に作成したりすることはできません。また、OneDrive の追加記憶領域や Skype の無料通話など、サブスクリプションに含まれているサービスを利用することもできなくなります。いつでも Office をアンインストールできます。

Office 365 サービス の場合、サブスクリプションの有効期限が切れると、OneDrive の記憶領域や Skype の無料通話など、サブスクリプションに含まれているサービスを利用することができなくなります。

  1. [サービスとサブスクリプション] ページに移動します。

  2. メッセージが表示されたら、Office 365 サブスクリプションに関連付けられている Microsoft アカウントのメール アドレスとパスワードを入力し、サインインします。

  3. [サービスとサブスクリプション] ページで、キャンセルするサブスクリプションを見つけて、[キャンセル] を選択します。

    注: 払い戻しの対象になる場合は、その受け取りのオプションが表示されます。このオプションを選択すると、Office へのアクセスとサブスクリプションに含まれるサービスがただちに終了します。

  4. サブスクリプションをキャンセルする画面の指示に従います。詳細については、サブスクリプションをキャンセルする Microsoftを参照してください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

関連項目

Office 365 にサインインする場所

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×