Office 365 Solo の無料試用版をキャンセルする

サインアップから 30 日以内に Office 365 Solo 試用版をキャンセルすると、請求されません。

  1. Office 365 Solo 試用版に関連付けられている Microsoft アカウントを使って、https://account.microsoft.com/services のページにサインインします。Office で使用する Microsoft アカウントまたはパスワードを忘れてしまった場合はサポートします。

  2. Office 365 サブスクリプションで、次に示すように [有効期限] の日付または [キャンセル] リンクを探します。

[キャンセル] リンクが表示されず、[お支払い方法] と [なし] が表示される場合、[有効期限] で指定された日付に試用期間が終了します。今後、支払いは行われないため、キャンセルする必要はありません。

Office 365 試用版が新しい PC にインストールされている場合、表示される日付に有効期限が切れます

[キャンセル] リンクが表示されず、[自動更新をオンにする] リンクが表示された場合、自動更新はオフにされています。試用期間は、[有効期限] で指定された日付で終了します。今後、支払いは行われないため、キャンセルする必要はありません。

自動更新がオフになっている [サブスクリプション] ページを表示

[Office 365 Solo] に [キャンセル] リンクが表示されている場合、[キャンセル] を選択して試用版をキャンセルします。

[サブスクリプション] ページでは、課金される頻度、サブスクリプションの更新日時、および支払い方法を確認できます

キャンセル後、Office は [表示のみ] モードで使用できます。また、アンインストールできます。

試用期間の終了後もしばらくは Office の使用を継続することができます。最終的には、Office は表示のみのモードが実行され、ライセンスのない製品の通知が表示されます。まだドキュメントを開いて印刷することはできますが、それらを編集したり、ファイルを新規作成することはできません。追加の OneDrive ストレージや Skype 通話プランなど、サブスクリプションに含まれているサービスを利用することができなくなります。

いつでも PC から Office をアンインストールしたり、 Mac から Office 2016 をアンインストールしたりすることができます。

注: Office ドキュメントを作成または編集する必要がある場合は、オンライン バージョンの Word、Excel、PowerPoint、OneNote を Office.com から無料で使用することができます。詳細については、「Office.com で使用を開始する」を参照してください。Windows 10 デバイスを使用している場合、既に無料の Office モバイル アプリがインストールされている場合があります。詳細については、「Windows 10 用の Office モバイル アプリ: 使用を開始する」を参照してください。

それでも問題が解決されない場合は、サポートにお問い合わせください。

Office 365 のサブスクライバーの場合、アカウントや請求書に関する問題について、サポートに問い合わせて無料のサポートを受けることができます。

ご意見を寄せてください。

この手順は役に立ちましたか?役に立った場合は、このページの一番下のリンクを使ってお知らせください。役に立たず、問題がまだ解決していない場合は、何をしようとしたときにどのような問題が発生したかをお知らせください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×