Office 365 SharePoint Online を企業間 (B2B) エクストラネット ソリューションとして使用する

SharePoint Online のエクストラネット サイトは、外部ユーザーが特定のコンテンツにアクセスして共同作業できるようにするために作成するサイトです。エクストラネット サイトにより、パートナーはセキュリティで保護された方法で組織と共同でビジネスを行うことができます。パートナー用のコンテンツは 1 か所にまとめられ、パートナーは必要なコンテンツにのみアクセスできます。ドキュメントをメールで送受信したり、IT 部門で承認されていないツールを使用したりする必要がありません。

これまでは、SharePoint のオンプレミス エクストラネット サイトを展開するには、企業ファイアウォール内でのアクセス権の付与を含むセキュリティ対策とガバナンスを構築するための複雑な構成、また高額な初期費用とランニング コストが必要でした。

しかし、Office 365 を使用すると、パートナーは企業のオンプレミス環境や他の SharePoint Online サイトにアクセスすることなく、SharePoint Online のメンバー専用サイトに直接接続できます。Office 365 エクストラネット サイトは、インターネットに接続できればどこからでもアクセスできます。

企業間 (B2B) の共同作業が事業の成功の鍵となる業種には、自動車、製造、小売、エネルギーなどがあります。次の例は、Contoso Ltd が各パートナーおよびベンダーとの共同作業に個別のエクストラ ネットを使用する方法を示しています。

Office 365 Extranet の例

SharePoint Online コラボレーション機能

SharePoint Online コラボレーションで提供される主な機能は次のとおりです。

  • 新しいパートナー ユーザーを招待することをユーザーに許可する:    特定のサイト コレクションで、管理者は必要に応じて、新しいパートナー ユーザーを招待することをユーザーに許可できます。このモデルでは、電子メールの招待状がパートナー ユーザーに送信されたら、ユーザーは、その招待状を利用してリソースにアクセスする必要があります。詳細については、「SharePoint Online 環境の外部共有を管理する」を参照してください。

  • サイト所有者に限定した共有:    所有者のみが新しいユーザーを招待または新しいユーザーと共有できるサイト コレクションを設定することができます。サイト メンバーは、通常は外部パートナー ユーザーですが、サイト内の既存のサイト メンバーしか確認できません。このことは、パートナーがどのような内容を確認できようにするか、またパートナーがドキュメントをだれと共有できるようにするかを決める際に役に立ちます。

  • 制限付きのドメイン共有:    管理者は、従業員が組織の外部と共有できるパートナー ドメインの一覧を管理できます。メール ドメインの許可リストを構成することも、メール ドメインの拒否リストを構成することもできます。詳細については、「O365 SharePoint Online と OneDrive for Business の制限付きドメイン共有」を参照してください。

  • 監査と報告:    ビジネス パートナー ユーザーのアクティビティは監査され、Office 365 アクティビティ レポートで確認できます。

B2B エクストラネット サイトに Office 365 を使用する理由

結果が出るまでの時間を短縮し、コストを削減する:   Office 365 B2B エクストラネット サイトにより、コストのかかるオンプレミスのエクストラネット サイトを作成する必要がありません。追加のハードウェアは不要で、Office 365 の使用により、リソースと労力が大幅に削減されます。また、IT 部門は、エクストラネットのインフラストラクチャの構築や保守よりも重要なタスクに取り組むことができます。

セキュリティで保護された共有:   Office 365 B2B エクストラネットは、ユーザーが必要とする次のような IT ガバナンスとポリシーにより、安全性の高い共有機能を提供します。

  • 意図しない共有を防ぐことができます。このためには、サイト ユーザーが新規ユーザーをそのサイトに招待できないようにするサイト所有者限定の共有を使用します。

  • パートナー ユーザーを単一サイトに制限できます。 パートナー ユーザーは、自分のサイト外のコンテンツやユーザーを検索したり、表示したりすることはできません。

  • 外部パートナー ユーザーが招待状の送信先メール アドレスでしか招待状を受諾できないように制限できます。外部パートナー ユーザーは、自身の Office 365 組織アカウントまたは Microsoft アカウントを使用して専用のサイトにアクセスする必要があります。

シームレスな共同作業:   インスタント メッセージや Skype 電話会議を利用して、互いに同じ組織に属しているかのようにパートナー ユーザーと共同作業を行うことができます。

ガバナンスと監査レポート   :Office 365 B2B エクストラネットは、外部パートナー ユーザーによるコンテンツへのアクセスを可視化できます。IT の重要な利点の 1 つは、どのユーザーがどのユーザーを招待したか、いつ外部ユーザーがログインしてコンテンツにアクセスしたかなどの使用状況を監査できることです。

Office 365 ハイブリッド エクストラネットと従来の SharePoint オンプレミス エクストラネットの比較

Office 365 ハイブリッド エクストラネット   

SharePoint オンプレミス エクストラネット   

外部ユーザーに必要なファイアウォール アクセス

×

複雑なネットワークとインフラストラクチャ構成の必要性

×

セキュリティ強化

Office 365 の構成による管理

IT 担当者による手動の構成

IT の労力が必要

×

継続的なメンテナンスの必要性

最低限

膨大

追加のハードウェアの必要性

×

多くの場合必要

エクストラネット サイトの共有を管理

Office 365 サイトの機能の一部

カスタム ソリューション/アプリが必要な場合が多い

使用を開始する

SharePoint Online エクストラネット サイトのセットアップを開始するには、次の手順を実行します。

  1. SharePoint ハイブリッド エクストラネット サイトへのオンボーディング」を参照して、さまざまなゲスト招待モデルの詳細を確認します。

  2. SharePoint Online エクストラネット サイトをセキュリティで保護する」を参照して、エクストラネットを対象のユーザーのみに制限するためのオプションの詳細を確認します。

  3. 標準の SharePoint Online 共有オプションを使用し、オンプレミス ディレクトリ内のユーザーを使用するか、Office 365 または Azure AD テナントからユーザーをインポートして、エクストラネットを展開します。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×