Office 365 Protected Message Viewer ポータルのプライバシーに関する声明

このプライバシーに関する声明は、保護された (暗号化された) メッセージをデバイスで表示できるようにする Office 365 Protected Message Viewer ポータル ("ポータル") に適用されます。その他のオンライン Microsoft サイト、オフライン Microsoft サイト、製品、サービスには、この声明は適用されません。ポータルを経由して処理するデータには、他のプライバシーに関する声明 (認証に使用される場合の Microsoft アカウントのプライバシーに関する声明、デバイスに関連するプライバシーに関する声明など) も適用されることがあります。

個人情報の収集、処理、使用

ポータルを使うと、さまざまなエンドポイント (デスクトップ コンピューター、モバイル デバイスなど) からの保護されたメッセージを Office 365 で表示できます。 メールボックスで受け取るメール メッセージには、保護されたメッセージを表示するためのハイパーリンクが含まれます。そのハイパーリンクをクリックすると、O365、Microsoft アカウント、Gmail、または Yahoo のアカウントを使ってポータルにサインインしてメッセージを表示するオプションが表示されます。 また、送信者のテナントの構成によっては、ワンタイム パスワードを使うオプションも表示されます。ユーザーは、ポータルによってメール プロバイダーにリダイレクトされて、認証を受けます。認証が成功すると、メッセージの暗号が解除され、ポータル経由で表示されます。

メール アカウントのサインイン資格情報およびワンタイム パスワードは、認証のためにのみ使われます。ポータルに保存されたり、他の目的に使われたりすることはありません。

復号化プロセスの間に、受信した暗号化メールがポータルに保存されることはありません。また、どのような場合にも、メールがポータル外に転送されることはありません。

プライバシーの詳細

Microsoft Privacy – Information Protection

Microsoft Corporation

One Microsoft Way

Redmond, Washington 98052 USA

この声明の変更

本声明を更新した場合、このページのトップにある最終更新日が更新されます。プライバシーの取り扱いの変更については、本サービスを提供する組織に直接お問い合わせください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×