Office 365 ProPlus 更新プログラムの管理に関する今後の変更の概要

4 月 20 日に、Office 365 ProPlus および Windows 10 の更新モデルに合わせて行ったいくつかの変更についてお知らせしました。そのブログ投稿では、次の大きな変更について説明しました。

  • 更新は、年に 2 回になります。Office 365 ProPlus の更新頻度を、年に 3 回から 2 回に減らします。半期に一度、3 月と 9 月に Windows 10 と Office 365 ProPlus の機能更新プログラムを予定しています。

  • サポート期間は 18 か月間になります。Office 365 ProPlus の半期に一度の機能更新プログラムのサポート期間が、(最初のリリースから) 12 か月から 18 か月に延長されます。IT プロフェッショナルは更新を年に 1 回行うか、2 回行うかを選択することができます。

これらの変更の一部として、Office 365 ProPlus では更新チャネルの名前を、よりわかりやすいものに変更する予定です。

これらの変更はすべて 2017 年 9 月に有効になります。

注: 変更は、Visio Pro for Office 365 および Project Online デスクトップ クライアント にも適用されます。

以下の情報は、上記の今後の変更と、Windows 10 の Office 365 ProPlus の更新に際して実行する必要のある手順があれば、その手順を理解するのに役立ちます。

Office 365 ProPlus の更新チャネル名が変更されます

Microsoft はお客様からのフィードバックに基づき、更新チャネルをよりわかりやすい名前に変更します。

Office 365 ProPlus で変更される名前の一覧を示します。新しい名前は、2017 年 9 月から使用します。

新しい名前

古い名前

月次チャネル

現在のチャネル

半期チャネル (対象指定)

段階的提供チャネル向けの最初のリリース

半期チャネル

段階的提供チャネル

注記: 

  • 半期チャネルの名前を若干変更しました。"(パイロット)" を "(ターゲット)" に変更し、段階的提供チャネルの新しい名前から "(広範)" 指定を削除しました。これらの名前は、Windows 10 と Office 365 ProPlus の機能更新プログラムのリリース全体で揃えられます。

  • Windows 10 機能更新プログラムのリリース名の今後の変更予定については、このブログ投稿をお読みください。

Office 365 ProPlus の既定のエンタープライズ リリース スケジュールが年に 2 回に変更されます

現在、Office 365 ProPlus の段階的提供チャネル向けの最初のリリースでは、機能更新プログラムが 2 月、6 月、10 月に取得されます。段階的提供チャネルでは、この機能更新プログラムは 4 か月後に使用可能になります。

2017 年 9 月から、Office 365 ProPlus の半期チャネル (対象指定) では、機能更新プログラムが年に 2 回、3 月と 9 月に取得されます。半期チャネル では、この機能更新プログラムが 4 か月後の 7 月と 1 月に使用可能になります。

Windows 10 では、お客様により予測しやすく一貫したリリース スケジュールを提供するため、Windows 10 の機能更新プログラムを 3 月と 9 月の期間に設定することも計画されています。Office 365 ProPlus と Windows 10 の半期に一度のリリースが最初に設定されるのは、今のところ 2017 年 9 月を予定しています。

Office 365 ProPlus は引き続き、必要に応じてセキュリティ更新プログラムと品質更新プログラムを毎月受け取ります。これらの更新チャネルは毎月第 2 火曜日です。半期チャネル では、品質更新プログラムは修正する必要がある重大な顧客関連の問題がある場合にのみ取得されることに注意してください。月次チャネルの Office 365 ProPlus のリリース スケジュールに変更はありません。

重要: Office では 2017 年 6 月 13 日に、新しい段階的提供チャネルと、段階的提供チャネル向けの最初のリリースをリリースしました。新しい半期スケジュールは、2017 年 9 月 12 日に開始されます。これは、以前に計画された 10 月のリリースより 1 か月早いため、それに応じて計画を調整してください。詳細については、「今後の Office 365 ProPlus のリリース スケジュール」と「推奨される次の手順」を参照してください。

半期チャネルのリリースのサポート期間が延長されます

リリース スケジュールが年に 2 回に変更されたことで、Office 365 ProPlus の半期の機能更新プログラムのリリースが、最初のリリースから 12 か月間ではなく 18 か月間サポートされるようになりました。

機能更新プログラムが含まれる新しいバージョンは、半期チャネル (対象指定) に 3 月と 9 月にリリースされます。同じ機能更新プログラムが含まれるバージョンが、半期チャネル に 4 か月後にリリースされ、その後 14 か月間サポートされます。たとえば、新しいバージョンの 半期チャネル (対象指定) は 2018 年 3 月にリリースされます。そのバージョンが、2018 年 7 月に半期チャネル で使用可能になり、2019 年 9 月までサポートされます。

この変更により、IT プロフェッショナルがリリースを展開するためにより長い時間が与えられ、柔軟性が向上します。たとえば、年に 1 回の更新を望んでいるお客様は、半期チャネル の延長サポート期間により、そのようにすることができます。なるべく早く新機能を使用したいお客様のために、機能更新プログラムが毎月提供される更新チャネルは引き続き提供します。

System Center Configuration Manager はその 18 か月のサポート期間にわたって、Office 365 ProPlus および Windows 10 をサポートします。

Office 365 ProPlus の各更新チャネルの目的は変わりません

各更新チャネルの名前は変わりますが、その目的は変わりません。たとえば、現在のチャネルから名前が変更された月次チャネルは、引き続きほぼ毎月 Office 365 ProPlus の新機能を提供するリリースです。

次の表は、各更新チャネルの目的、対象ユーザー、およびリリース頻度の概要を示しています。

月次チャネル

半期チャネル (対象指定)

半期チャネル

目的

最新の機能を毎月の更新プログラムで提供する

幅広く展開される前に IT パイロット、アプリケーション検証、エンドユーザー承認テストを行う

幅広い展開

対象ユーザー

一般のエンド ユーザー、開発者、ISV

IT テスト担当者、アプリとアドインの所有者、一般のエンドユーザー

すべてのエンタープライズ エンドユーザー

リリース頻度

毎月

年 2 回、3 月と 9 月

年 2 回、1 月と 7 月

Office 365 ProPlus の半期チャネル (対象指定) は、半期チャネル のリリース前にエンタープライズが Office 365 ProPlus の基幹業務アプリケーション、アドイン、マクロを検証できるようにパイロット期間を提供することを目的としています。半期チャネル (対象指定) のリリースに問題があることを発見した場合は、Microsoft Premier 契約、または Microsoft アカウントの代表者から、すぐに Microsoft にフィードバックを送信してください。

次の図は、Office 365 ProPlus の更新チャネルと、おおよそのリリース スケジュールの関係を示しています。

チャネルの間の関係とリリース周期を示す Office 365 の 3 つ主要な更新プログラム

Office 365 ProPlus および Windows 10 の更新モデルの詳細については、「Office 365 ProPlus 更新プログラム チャネルの概要」および「Windows 10 のサービス ブランチ」のセクションを参照してください。

Office 365 ProPlus の更新プログラムの展開方法は変わりません

リリース名、リリース スケジュール、サポート期間に変更があっても、Office 365 ProPlus の更新方法は変わりません。

たとえば、Office 365 ProPlus で現在、段階的提供チャネルを使用して Office コンテンツ配信ネットワーク (CDN) から直接更新プログラムを取得するように構成されている場合、最初の半期チャネル の 2018 年 1 月のリリースで必要となる変更はありません。更新プログラムは引き続き自動的に取得されます。

Office 365 ProPlus の更新バージョンをダウンロードしてから、その更新プログラムを System Center Configuration Manager などのエンタープライズ ソフトウェア展開ツールを使用して展開することで更新プロセスを管理する場合は、これまでと同様の操作を続けることができます。

推奨される次の手順

現在、段階的提供チャネルを使用しており、段階的提供チャネル向けの最初のリリースでエンタープライズ パイロットとアプリケーションの検証を行っている場合は、「今後の Office 365 ProPlus のリリース スケジュール」を確認してください。2017 年 6 月 13 日にリリースした段階的提供チャネル向けの最初のリリースのバージョンでエンタープライズ パイロットとアプリケーションの検証を行う場合、その期間が 4 か月から 3 か月間と短くなることに注意してください。

Office 365 ProPlus の展開を開始して間もない場合、段階的提供チャネル向けの最初のリリースでエンタープライズ パイロットとアプリケーションの検証を行うユーザーは、ユーザーの 10% 未満にすることをお勧めします。

組織でまだ Office 365 ProPlus または Windows 10 が展開されていない場合は、以下で詳細を確認できます。

Office 365 ProPlus または Windows 10 による展開のサポートについては、FastTrack にご連絡ください。

今後の Office 365 ProPlus のリリース スケジュール

Office 365 ProPlus のリリース頻度の変更は、今のところ 2017 年 9 月 12 日に予定されているリリースから開始します。

重要: Office では 2017 年 6 月 13 日に、新しい段階的提供チャネルと、段階的提供チャネル向けの最初のリリースをリリースしました。最初のバージョンの半期チャネル (対象指定) は、2017 年 9 月 12 日にリリースされる予定です。これは、以前に計画された 10 月のリリースより 1 か月早いため、それに応じて計画を調整してください。最初の半期チャネル は、2018 年 1 月 9 日にリリースされる予定です。詳細については、以下のスケジュール、および「推奨される次の手順」を参照してください。

以下の表に、Office 365 ProPlus リリースの今後の重要な日付を更新チャネル別に示します。すべての日付はおおよそのものであり、すべての日付が挙げられているわけではありません。

日付

段階的提供チャネル向けの最初のリリース

半期チャネル (対象指定)

段階的提供チャネル

半期チャネル

IT プロフェッショナルがすべき作業

2017 年 6 月 13 日

  • 段階的提供チャネル向けの最初のリリース に新機能がリリースされます。

  • エンタープライズ パイロットとアプリケーションの検証を開始する必要があります。

  • これは、"段階的提供チャネル向けの最初のリリース" という名前での最後のリリースとなります。

  • 新機能の次のリリースは、2017 年 9 月 12 日に予定されています。

  • 重要: 次のリリースの予定が 9 月で、期間が 4 か月から 3 か月と短くなるため、エンタープライズ パイロットとアプリケーションの検証の計画もそれに従って調整する必要があります。

  • 段階的提供チャネル に新機能がリリースされます。

  • このバージョンの段階的提供チャネルは、2018 年 1 月までサポートされます。

  • 新機能の次のリリースは、2017 年 9 月 12 日に予定されています。

  • 重要: 新機能の次のリリースまでの期間が 4 か月から 3 か月と短くなるため、それに応じて計画を調整してください。

  • これまでと同じようにして、環境にこれらの更新チャネルを引き続き展開します。

  • エンタープライズ パイロットでは、段階的提供チャネル向けの最初のリリース で、基幹業務アプリケーション、アドイン、およびマクロを検証できます。

  • 段階的提供チャネル向けの最初のリリース のリリースに問題があることを発見した場合は、Microsoft Premier 契約、または Microsoft アカウントの代表者から、すぐに Microsoft にフィードバックを送信してください。

2017 年 7 月 11 日

2017 年 8 月 8 日

  • 必要に応じて、段階的提供チャネル向けの最初のリリースに品質更新プログラムとセキュリティ更新プログラムがリリースされます。

  • これは、この更新チャネルの定期的な更新スケジュールです。

  • 必要に応じて、段階的提供チャネルに品質更新プログラムとセキュリティ更新プログラムがリリースされます。

  • これは、この更新チャネルの定期的な更新スケジュールです。

  • これまでと同じようにして、環境のこれらの更新チャネルを引き続き更新します。

  • 段階的提供チャネル向けの最初のリリースでエンタープライズ パイロットとアプリケーションの検証を引き続き行い、必要に応じてフィードバックを送信してください。

2017 年 9 月 12 日

  • 最初の半期チャネル (対象指定)がリリースされます。

  • このリリースには、新機能が含まれています。

  • エンタープライズ パイロットとアプリケーションの検証を開始する必要があります。

  • これが、新しい名前と新しいリリース スケジュールによる最初のリリースです。

  • 新機能の次のリリースは、2018 年 3 月 13 日に予定されています。

  • 段階的提供チャネル に新機能がリリースされます。

  • このバージョンの段階的提供チャネルは、2018 年 7 月までサポートされます。

  • これは、"段階的提供チャネル" という名前での最後のリリースとなります。

  • 新機能の次のリリースは、2018 年 1 月 9 日に予定されています。

  • これまでと同じようにして、環境にこれらの更新チャネルを引き続き展開します。名前と頻度が変わっても、展開方法は変わりません。

  • エンタープライズ パイロットでは、半期チャネル (対象指定)で、基幹業務アプリケーション、アドイン、およびマクロを検証できます。

  • 半期チャネル (対象指定) のリリースに問題があることを発見した場合は、Microsoft Premier 契約、または Microsoft アカウントの代表者から、すぐに Microsoft にフィードバックを送信してください。

  • 新しいリリース スケジュールを確認します。段階的提供チャネル、または段階的提供チャネル向けの最初のリリースの 10 月のリリースはなくなりました。

2018 年 1 月 9 日

  • 最初の半期チャネルがリリースされます。

  • このリリースには、新機能が含まれています。

  • このバージョンの半期チャネルは、2019 年 3 月までサポートされます。

  • これが、新しい名前と新しいリリース スケジュール、そして新しいサポート期間の最初のリリースです。

  • 新機能の次のリリースは、2018 年 7 月 10 日に予定されています。

  • これまでと同じようにして、環境にこれらの更新チャネルを引き続き展開します。名前と頻度が変わっても、展開方法は変わりません。

  • 新しいリリース スケジュールを確認します。段階的提供チャネル、または段階的提供チャネル向けの最初のリリースの 2 月または 6 月のリリースはなくなりました。

2018 年 3 月 13 日

  • 半期チャネル (対象指定)に新機能がリリースされます。

  • エンタープライズ パイロットとアプリケーションの検証を開始する必要があります。

  • 新機能の次のリリースは、2018 年 9 月 11 日に予定されています。

  • これまでと同じようにして、環境にこれらの更新チャネルを引き続き展開します。名前と頻度が変わっても、展開方法は変わりません。

  • エンタープライズ パイロットでは、半期チャネル (対象指定)で、基幹業務アプリケーション、アドイン、およびマクロを検証できます。

  • 半期チャネル (対象指定) のリリースに問題があることを発見した場合は、Microsoft Premier 契約、または Microsoft アカウントの代表者から、すぐに Microsoft にフィードバックを送信してください。

2018 年 7 月 10 日

  • 半期チャネルに新機能がリリースされます。

  • このバージョンの半期チャネルは、2019 年 9 月までサポートされます。

  • 新機能の次のリリースは、2019 年 1 月 8 日に予定されています。

  • これまでと同じようにして、環境にこれらの更新チャネルを引き続き展開します。名前と頻度が変わっても、展開方法は変わりません。

2018 年 9 月 11 日

  • 半期チャネル (対象指定)に新機能がリリースされます。

  • エンタープライズ パイロットとアプリケーションの検証を開始する必要があります。

  • 新機能の次のリリースは、2019 年 3 月 12 日に予定されています。

  • これまでと同じようにして、環境にこれらの更新チャネルを引き続き展開します。名前と頻度が変わっても、展開方法は変わりません。

  • エンタープライズ パイロットでは、半期チャネル (対象指定)で、基幹業務アプリケーション、アドイン、およびマクロを検証できます。

  • 半期チャネル (対象指定) のリリースに問題があることを発見した場合は、Microsoft Premier 契約、または Microsoft アカウントの代表者から、すぐに Microsoft にフィードバックを送信してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×