Office 365 ProPlus を展開するためのベスト プラクティス

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ベスト プラクティス ガイドには、展開の推奨事項と、Office 365 の製品グループおよび Microsoft サービスの配信エキスパートによる実際の例が含まれています。すべての記事の一覧は、「Best practices guide for deploying Office 365 ProPlus」 (Office 365 ProPlus の展開に関するベスト プラクティス ガイド) を参照してください。

新しい Office 365 ProPlus の展開を計画し、実装する場合、利用可能な展開オプションについて理解することが重要です。この記事では、推奨される展開オプションと、アーキテクチャ コンポーネントの概要について説明します。

展開オプション

Office 365 ProPlus をお客様のエンド ユーザーのデバイスに配布するには、一般的な展開オプションが 3 つあります。

各顧客シナリオの詳細については、「推奨される展開シナリオ」を参照してください。

次に、Office 365 ProPlus の展開で使用される一般的な展開コンポーネントとツールの概要について説明します。

クライアントの配布と更新プログラムの保守インフラストラクチャの概要

一般的に、最新の Office 365 ProPlus の展開ソリューションには、オンプレミス インフラストラクチャとオフプレミス Office コンテンツ配信ネットワーク (CDN) インフラストラクチャ両方のクライアントの展開、保守、および更新を行う機能が含まれています。オンプレミスおよびオフプレミスの展開インフラストラクチャがあると、IT 管理者は、環境のさまざまな接続とエンド ユーザー セグメントに合わせて Office クライアントの初期の展開と保守を柔軟に管理できます。

次の図は、Office 365 ProPlus のオンプレミスとオフプレミスの展開インフラストラクチャ コンポーネントの概要を示します。

Office 365 の展開の概要

展開ソリューションは、2 つの主要なソース ファイルの配布場所で構成されます。

  • オフプレミス配布 (A) - Office コンテンツ配信ネットワーク (CDN) からの配布。

  • オンプレミス配布 (B) - ローカル ファイル共有、ソフトウェア配布システム、または分散ファイル システムからの配布。

次のサポート プロセスは、展開ソリューション全体に利用できます。

  • Office 展開ツール - Office 365 ProPlus 配布パッケージのカスタマイズと構成に使用されるツール。

  • 展開パッケージ - Office 365 ProPlus のインストールに必要なコンポーネント。

  • Office ビルドの保守 - チャネルのリリースごとに、適切な修正プログラム適用プロトコルを確立する必要があります。

  • ネットワーク帯域幅 - 保守期間を利用して Office のビルドを配布し、ネットワーク帯域幅に対する影響を軽減することをお勧めします。

  • セキュリティ管理 - Office 365 ProPlus の最初の実行とユーザー エクスペリエンスを管理する場合と、互換性のない Office アドインを管理する場合は、グループ ポリシー (GP) 設定が推奨されます。

主要なインフラストラクチャ コンポーネントの概要

ソース ファイルの配布場所

Office 365 ProPlus の展開と管理に推奨されるソース ファイルの配布場所は 2 つあります。Office 365 の展開ソリューションを計画および構築する場合は、配布場所と各場所の利点を理解することをお勧めします。各ソース ファイルの場所に利点があり、ほとんどの展開ソリューションでは両方の場所を利用できるので、環境内のエンド ユーザー セグメントの接続と配信に関する要件に基づいて、IT 管理者は最適な場所を柔軟に使用することができます。

Office CDN を使用するオフプレミスの配布

最初の Office 365 ProPlus クライアントのインストールに企業が Office 365 ポータルを使用することは一般的ではありませんが、Office 365 ProPlus クライアント展開パッケージの "SourcePath" の場所として Office CDN を使用することが推奨されるシナリオがあります。Office CDN を "SourcePath" として利用すると、IT 部門は制御された展開プロセスで展開を管理し、ソース ファイルの場所に Office CDN を利用できます。お客様の IT 部門がこの方法を利用すると、エンド ユーザーが新しい Office クライアントを受け取るタイミングを直接制御し、エンド ユーザーのクライアント デバイスにインストールされるアプリケーションを構成し、Office CDN で Microsoft のファイル レプリケーション機能と配布機能を利用できます。

IT 部門が Office CDN を使用して管理する展開方法では、最小限の社内ネットワークの接続でリモート ユーザーと小規模なブランチ オフィスを柔軟にサポートし、エンド ユーザー デバイスの展開、更新、修正プログラムの適用を行うことができます。Office 365 CDN の詳細については、「コンテンツ配信ネットワーク」を参照してください。

オンプレミスの配布場所

多くの企業では、ソフトウェアとファイルの配布の管理に、System Center Configuration Manager、分散ファイル システム (DFS) ソリューション、その他のソフトウェア配布システムなどのツールとプロセスを既に利用しています。ソフトウェア配布ソリューションに既に投資している場合は、そのシステムを Office 365 ProPlus クライアントに利用することをお勧めします。既存のインフラストラクチャを利用すると、全体的な展開の一部として新しいシステムのトレーニングに投資する必要がないので、ユーザーの教育に関する問題が軽減されます。

Office 展開ツール

Office 展開ツールをダウンロードし、 Office 365クライアントをインストールします。Microsoft ダウンロード センターからOffice 2016 の展開ツールの最新バージョンをダウンロードできます。強くお勧めお客様新しいバージョンの Office 展開ツールで頻繁に確認するには更新プログラムが含まれる可能性があります。

Office 展開ツールの詳細については、 Office 展開ツールの設定オプションを参照してください。

実行可能ファイルとサンプル構成 XML を抽出するには、次の手順を実行します。

  1. Office 2016 展開ツールをダウンロードします。

  2. officedeploymenttool.exe をダブルクリックします。

  3. マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項に同意します。

  4. 保存先のフォルダー (C:\ODT など) を選び、[OK] をクリックして続行します。

  5. [OK] をクリックして終了します。

次のスクリーンショットのようなフォルダー構造になります。

ODT フォルダー構造

ソフトウェア配布ツールを使用した展開

このセクションでは、既存のソフトウェア配布ツールを使用して Office 365 ProPlus を展開する一般的な手順について説明します。ソフトウェア配布ツールの具体的な手順と規定のガイダンスについては、「ベスト プラクティス: エンタープライズ管理向けの System Center Configuration Manager の構成」を参照してください。

既存のソフトウェア配布ツールを使用した Office 365 ProPlus の展開は、多く企業のお客様に推奨されるソリューションです。他のソフトウェア配布でも既に使用され、Office 365 ProPlus クライアントの配布に必要なインフラストラクチャが既に存在するためです。次に、展開を成功させるために一般的な推奨される手順について説明します。

  1. Office 365 ProPlus のインストール ファイルを準備します。

  2. ソフトウェア配布システムでアプリケーションを作成します。

  3. アプリケーションの展開の種類を作成します。

  4. 配布ポイントにアプリケーションを配布します。

  5. 適切なデバイス コレクションにアプリケーションを展開します。

ソフトウェア配布ツールを使用した展開の重大な変更は、構成 XML の SourcePath 属性を削除する必要がある点です。これは、ソフトウェア配布ツールでは、一般的に各コンピューターで異なる名前のサブフォルダーにインストール ファイルをコピーし、すべてのコンピューターで SourcePath を指定できないためです。SourcePath を指定しない、または省略すると、Office 展開ツールでは、Office 展開ツールと同じフォルダー内で Office 365 ProPlus のインストール ファイルを自動的に検索します。

グループ ポリシーの設定

目的のグループ ポリシー設定を運用環境に展開する手順については、「ベスト プラクティス:グループ ポリシーの実装」を参照してください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×