Office 365 ProPlus の展開を計画するためのベスト プラクティス

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ベスト プラクティス ガイドには、展開の推奨事項と、Office 365 の製品グループおよび Microsoft サービスの配信エキスパートによる実際の例が含まれています。すべての記事の一覧は、「Best practices guide for deploying Office 365 ProPlus」 (Office 365 ProPlus の展開に関するベスト プラクティス ガイド) を参照してください。

Office 365 ProPlus に移行するときの重要な作業が展開計画の作成です。計画は、制約や Office 365 ProPlus を実装してプロジェクトの目標を達成する方法など、検出された評価項目に基づきます。

Office 365 ProPlus の展開計画を作成する場合は、次の項目を考慮する必要があります。

ソースの場所

Office のソースの場所を計画する場合は、お客様に既存のツールとプロセスを使用することを推奨します。Office 365 ProPlus は、Office コンテンツ配信ネットワーク (CDN)、System Center Configuration Manager、内部共有 (ネットワーク共有、分散ファイル システム (DFS) など) から直接展開し、更新できます。

展開ソースの場所の詳細については、「Office 365 ProPlus の展開のベスト プラクティス」を参照してください。

チャネル メンバーシップ

組織内のビルド検証プロセスを構築する場合は、次のチャネル メンバーシップ ガイダンスに従うことをお勧めします。

  • 1% 月次チャネルを取得します。

  • 10% 半期チャネル (対象指定)を取得します。

  • 89% 半期チャネルを取得します。

チャネル メンバーシップと管理の具体的なガイダンスについては、「チャネル管理のベスト プラクティス」を参照してください。

基本のクライアント パッケージ

Office 365 ProPlus はカスタマイズ可能なパッケージなので、各ビジネス グループが取得するアプリケーション セットを決定することをお勧めします。最初に除外されたアプリケーションは、後で追加することができます。Office 365 ProPlus が既にインストールされている場合、特定のアプリケーションを削除することができます。アプリケーションを Office 365 ProPlus の展開から除外する場合は、アプリケーションを復元または置換する計画を作成することをお勧めします。

アーキテクチャ

64 ビット アーキテクチャ版の Office 365 ProPlus の展開シナリオとユース ケースを特定する計画を完了することをお勧めします。また、展開計画には、既存の Office 64 ビット ユーザーを新しい Office 365 ProPlus クライアントに移行する方法を含めるようにします。

展開の構成

組織の多様なエンド ユーザー展開シナリオに必要なインストール XML をすべて作成する適切な計画を立てる必要があります。インストール XML には、元の Office 365 ProPlus インストールに含まれていない言語を必要とするユーザー向けに、サポートされている言語パックを個々にインストールするオプションも含めます。

共有コンピューティング

Office 365 ProPlus には固有の共有コンピューターのライセンス認証モードがあるため、展開計画には、共有ワークステーションと VDI 環境で正しいインストール パッケージを受け取る方法と、それらの管理方法を含めるようにします。

並列

一般的に Office 365 ProPlus は旧バージョンの Office との N-1 共存シナリオをサポートしていますが、並列シナリオに対応するには慎重な検討と計画が必要です。環境で Office の並列を使用する予定の場合、レガシ Office アプリケーションから完全に移行し、Office 365 ProPlus のみを使用するようになるまでの推定タイム ラインを展開計画に含めることをお勧めします。Microsoft は一般的に Office の並列をサポートしていますが、エンド ユーザー向けの長期ソリューションとしては推奨されません。

InfoPath、Project、Visio を並列する共存計画の詳細については、「計画のベスト プラクティス - 参考資料」を参照してください。

InfoPath

InfoPath は Office 2016 スイートに含まれなくなったため、別にインストールしたスタンドアロン版の InfoPath 2013 を構成および展開する必要があります。InfoPath は今後の Office スイートに含まれなくなるため、それに従って計画を立てます。

Project と Visio

Office 365 ProPlus と並列して実行することができるバージョンの Project と Visio が複数あります。お客様は既存の Project および Visio MSI バージョンを利用するか、従来のボリューム ライセンスおよび Office 365 ライセンス モデルをサポートするクイック実行 (C2R) バージョンを利用することができます。また、展開計画には、ユーザーが Project または Visio のインストールを要求する方法と、プロセスを自動化するかどうかも含めることをお勧めします。

Office Scrub ツール (OffScrub)

Office 365 ProPlus のインストール前にレガシ バージョンの Office (2013 バージョンの Office 365 ProPlus を含む) を削除するには、OffScrub を使用することをお勧めします。展開計画には、OffScrub ツールを使用し、タスク シーケンスまたは展開スクリプトに統合する方法を含めるようにします。

OffScrub ツールの詳細については、「OffScrub 使用のベスト プラクティス」を参照してください。

Office 2016 for Mac

Office 2016 for Mac の計画を立てる場合、既存の Mac の配布方法とソリューションを考慮するようにします。

Office 2016 for Mac の展開の詳細については、「Office 2016 for Mac クライアントの展開のベスト プラクティス」を参照してください。

ライセンス

Office 365 ProPlus の展開を計画する場合、展開前に Office 365 ProPlus を含む適切な Office 365 ライセンスがすべてのユーザーに割り当てられるように、慎重な検討と計画が必要です。

ネットワーク

Office 365 ProPlus を使用するには、次のポートとプロトコルを開く必要があります。Office 365 URL および IP アドレス範囲

展開フェーズと管理フェーズの両方で Office CDN に対する信頼性の高い接続が必要です。そのため、ネットワークが展開および管理方法をサポートできる適切な計画を立てるようにします。

ネットワークの詳細な考慮事項については、「計画のベスト プラクティス - 参考資料」を参照してください。

ビルドとロールバックのスキップ

Office 365 ProPlus を次の入手可能なバージョンに更新する場合、バイナリ差分圧縮を使用します。ただし、ビルドまたはロールバックをスキップすると、完全なファイルの差分レプリケーションが使用されるので、必要な帯域幅が多くなります。チャネル間を切り替えることができますが、これは 100% のファイル ダウンロードなので、絶対に必要な場合を除き、避けることをお勧めします。ビルドがスキップされる、または前のバージョンへのロールバックを完了する必要がある、という可能性が低いシナリオを計画することは重要です。いずれのシナリオもネットワークに影響があるので、エンド ユーザーへの影響を最小限に抑えるために、処理を実行するタイミングについて慎重に検討するようにします。

次の表に例を示します (実際の数値はビルドによって異なります)。

説明

現在のビルド

次のビルド

圧縮の種類

サイズ

次の最新ビルドへの更新

2060

2062

バイナリ差分

- 134 MB

ロール バックの大ジャンプ

2060

1078

ファイル差分

- 677 MB

チャンネルを変更します。

半期チャネル

月次チャネル

100% ファイル差分

- 1,000 MB

ロールバック実行の詳細については、「ベスト プラクティス: チャネル管理」を参照してください。

グループ ポリシーの設定

Office には約 3,000 個のグループ ポリシー設定が用意されているので、セキュリティ、プライバシー、ユーザー エクスペリエンスを細かく制御できます。ほとんどの場合、組織のニーズ、要件、目標のユーザー エクスペリエンスに合わせて構成を調整するために必要なグループ ポリシーは一部のみです。実際の展開前に GPO の承認を得るには、初期段階で IT のセキュリティ、データ保護、プライバシーを担当する他の部門を含めることが重要です。

実施要請

  • 実績があり、一般的に設定されている 250 を超えるユーザーおよびコンピューターのポリシーについては、「グループ ポリシーのベスト プラクティス」を参照してください。一覧に記載されているその他の設定を確認してください。

  • ニーズと要件に合わせて設定を調整します。

  • 現在のポリシーのポリシーの結果セット (RSOP) を取得して確認します。Office 365 ProPlus のベスト プラクティスの対象にならない設定を特定し、設定が必要な場合は追加することを検討します。

  • Office 2013 と Office 2016 で導入された設定を確認し、設定の一覧に追加することを検討します。

  • セキュリティとプライバシーに関連する設定を承認する必要がある組織内の人物を特定し、プレゼンテーションを行い、承認を得ます。

  • 設定の承認を得て、グループのポリシー設定を管理するチームに設定を渡します。ベスト プラクティス設定は、環境に簡単にインポートできます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×