Office 365 ProPlus のライセンスおよびライセンス認証の概要

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

概要:   Office 365 ProPlus のライセンスをユーザーに割り当てる方法と、個別インストールのライセンス認証を行う方法について説明します。

組織のユーザーに Office 365 ProPlus を展開するには、まずライセンスをユーザーに割り当てます。すると、各ユーザーは Office 365 ProPlus を最大 5 台のコンピューターにインストールできます。各インストールはライセンス認証されて、Office 365 に関連付けられたクラウド ベースのサービスによって、自動的にライセンス認証された状態に保たれます。つまり、プロダクト キーを追跡する必要がありません。また、キー管理サービス (KMS) やマルチ ライセンス認証キー (MAK) など、他のライセンス認証方式の使用を理解する必要もありません。必要なのは、十分なライセンスを購入していること、Office 365 のサブスクリプションを最新に保つこと、そしてユーザーが Office Licensing Service にインターネット経由で 30 日ごとに 1 回以上接続できることを確認することです。

注: この記事の情報は、Office 365 ProPlus とは別のライセンスである、Project Online デスクトップ クライアント および Visio Pro for Office 365にも適用されます。

Office 365 ProPlus のライセンス

Office 365 ProPlus で使用できるライセンスの数は、組織の Office 365 サブスクリプション レベルによって異なります。ユーザーにライセンスを割り当てるには、ユーザーのアカウントのライセンス ページにあるチェック ボックスをオンにします。

Office 365 ライセンス

これで、ユーザーは Office を直接 Office 365 ポータルからインストールできるようになります。または、ローカル ネットワークから Office をユーザーに展開できます。

ユーザーのライセンスは削除できます (たとえば、ユーザーが組織を辞める場合など)。削除すると、そのユーザーの所有していた Office 365 ProPlus のインストールは機能制限モードになります。Office 365 の一部である Office Licensing Service は、ユーザーのライセンスと、Office をインストールしたコンピューターの数を追跡します。

Office 365 ProPlus のライセンス認証

インストール プロセスの一部として、Office 365 ProPlus は Office Licensing Service と Activation and Validation Service と通信し、プロダクト キーを取得してライセンス認証を行います。毎日、またはユーザーがコンピューターにログオンするたびに、コンピューターは Activation and Validation Service に接続して、ライセンスの状態を確認し、プロダクト キーを拡張します。コンピューターが 30 日ごとに 1 回以上インターネットに接続できる限り、Office は完全な機能を維持します。コンピューターが 30 日を超えてオフラインになると、次に接続が確立できるまで、Office は機能制限モードになります。Office の完全な機能を再び得るには、通常は、ユーザーがインターネットに接続でき、Activation and Validation Service で再度インストールのライセンス認証を実行するだけです。

重要: このオンラインでのライセンス認証機能により、Office 365 ProPlus はインターネットから完全に切り離されているコンピューターでは動作しません。このようなコンピューターには、Office Professional Plus 2016 をインストールし、キー管理サービス (KMS) や Active Directory ドメイン サービスなどの従来のライセンス認証方式を使用することをお勧めします。

ライセンス認証されたインストールの管理

各 Office 365 ProPlus ライセンスでは、ユーザーは最大 5 台のコンピューターに Office をインストールできます。ユーザーはインストールを Office 365 ポータルで管理します。

Office 365 のアクティブなインストールを管理する

ユーザーが 6 台のコンピューターに Office 365 ProPlus をインストールする場合、最初の 5 台のうちの 1 台を非アクティブ化する必要があります。非アクティブ化されたコンピューターの Office 365 ProPlus は機能制限モードになります。

機能制限モードとは

機能制限モードでは、Office 365 ProPlus はコンピューターにインストールされていますが、ユーザーはドキュメントの表示および印刷のみ行えます。新しいドキュメントを作成したり編集したりする機能はすべて無効になり、ユーザーには次のようなメッセージが表示されます。

製品のライセンス認証が取り消されました

ユーザーがそのコンピューターで再び Office 365 ProPlus をアクティブ化するには、使用可能なオプションのいずれかを選択します。

LinkedIn ラーニングのショート アイコンです。 Office 365 を初めてお使いの場合は
、LinkedIn ラーニングによって提供された Office 365 管理者および IT プロフェッショナル向けの無料のビデオコースをご覧ください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

関連項目

Office 365 ProPlus から Office 365 に送信されるライセンスおよびライセンス認証データ

エンタープライズでの Office ProPlus について

Office 365 ProPlus の展開方法を選ぶ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×