Office 365 ProPlus に対する共有コンピューターのライセンス認証の概要

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

注: この情報は、管理者と IT プロフェッショナル向けです。Office の個人用コピーのライセンス認証方法については、「Office 365、Office 2016、Office 2013 のライセンス認証を行う」を参照してください。

共有コンピューターのライセンス認証を使用すると、組織内の複数のユーザーがアクセスするコンピューターに Office 365 ProPlus を展開できます。たとえば、病院で数人の看護師が同じリモート サーバーに接続して各自のアプリケーションを使用する場合や、作業員のグループが工場のコンピューターを共有する場合などです。

共有コンピューターのライセンス認証を使用する最も一般的なシナリオでは、リモート デスクトップ サービス (RDS) を使用して Office 365 ProPlus を共有のコンピューターに展開します。RDS を使用すると、複数のユーザーが同じリモート コンピューターに同時に接続できます。ユーザーは、リモート コンピューター上の Word や Excel などの Office 365 ProPlus プログラムを同時に実行できます。

共有コンピューターのライセンス認証は、複数のユーザーが同じコンピューターを共有する場合にのみ使用します。ユーザーに各自のコンピューターを割り当てる場合は、プロダクト キーを使用して Office 365 ProPlus のライセンス認証を行うようにしてください。

Office 365 ProPlus に対して共有コンピューターのライセンス認証を有効にする方法

Office 365 ProPlus を含む Office 365 プランを保有している場合は、共有コンピューターのライセンス認証を使用することができます。Office 365 ProPlus のライセンスを各ユーザーに割り当てたこと、およびユーザーが自分のユーザー アカウントで共有コンピューターにログオンしたことを確認してください。

注: 共有コンピューターのライセンス認証は、Visio Pro for Office 365 または Project Online デスクトップ クライアントを共有のコンピューターにインストールする場合にも使用できます (それらの製品を含むサブスクリプション プランを保有している場合)。

Office 365 ProPlus を展開するときに共有コンピューターのライセンス認証を有効にするには、最新バージョンの Office 2016 展開ツール が必要です。最新バージョンは Microsoft ダウンロード センターから無料で入手できます。

Office 2016 展開ツールに単純なテキスト ファイルを組み合わせて使用することで、共有のコンピューターに Office 365 ProPlus をインストールし、そのコンピューターに対して共有コンピューターのライセンス認証を有効にすることができます。そのテキスト ファイルを作成するときに、次の行を追加してください。

<Display Level="None" AcceptEULA="True" /> 
<Property Name="SharedComputerLicensing" Value="1" />

Office 365 ProPlusがインストールされたら、コンピューター上の共有コンピューターのライセンス認証が有効になっていることを確認することができます。

注記: 

  • 既に Office 365 ProPlus を展開している場合は、レジストリ エディターを使用し、HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Office\ClickToRun\Configuration 以下に 1 に設定した SharedComputerLIcensing の文字列値を追加することで、コンピューターの共有コンピューターのライセンス認証を有効にすることができます。

  • Microsoft Application Virtualization (App-V) を使用して Office 365 ProPlus を展開している場合、レジストリの場所は HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Office\16.0\Common\Licensing であり、DWORD 値です。

  • また、グループ ポリシーを使用して共有コンピューターのライセンス認証を有効にすることもできます。グループ ポリシーを使用している場合は、最新の Office 2016 管理用テンプレート ファイル (ADMX/ADML) をダウンロードし、[共有コンピューターのライセンス認証を使用] ポリシー設定を有効にします。このポリシー設定は、[コンピューターの構成]\[ポリシー]\[管理用テンプレート]\[Microsoft Office 2016 (マシン)]\[ライセンスの設定] にあります。

共有コンピューターのライセンス認証が Office 365 ProPlus に対して機能するしくみ

共有コンピューターのライセンス認証が有効にされたコンピューターに Office 365 ProPlus をインストールすると、次のような処理が行われます。

  1. ユーザーが自分のアカウントでコンピューターにログオンします。

  2. ユーザーが Word などの Office 365 ProPlus プログラムを開始します。

  3. Office 365 ProPlus はインターネット上の Office Licensing Service に接続して、そのユーザーのライセンス トークンを取得します。

    ユーザーが Office 365 ProPlus を使用するライセンスを持っているかどうかを判別するために、Office Licensing Service は Office 365 に対するユーザーのアカウントを知る必要があります。場合によっては、ユーザーが情報を入力するように Office 365 ProPlus からメッセージが表示されることがあります。たとえば、[Office ライセンス認証] ダイアログ ボックスが表示されます。

    Office のライセンス認証

    Office 365 とネットワーク ユーザー アカウントが同期するように構成された環境の場合、そのようなメッセージがユーザーに表示されることはありません。そのユーザー アカウントに関する必要な情報は、Office 365 ProPlus が Office 365 から自動的に取得できるはずです。

  4. Office 365 ProPlus に対するライセンスがユーザーに付与されている場合は、コンピューター上にあるそのユーザーのプロファイル フォルダーにライセンス トークンが格納され、Office 365 ProPlus がライセンス認証されます。これでユーザーは Office 365 ProPlus を使用できるようになります。

これらの手順が、共有のコンピューターにログオンするユーザーごとに繰り返されます。各ユーザーは固有のライセンス トークンを取得します。そのため、コンピューター上で 1 人のユーザーが Office 365 ProPlus のライセンス認証を行うだけで、そのコンピューターにログオンする他のすべてのユーザーに対して Office 365 ProPlus のライセンス認証が行われるわけではありません。

共有コンピューターのライセンス認証が有効にされている別のコンピューターを同じユーザーが使用する場合、同じステップが実行されます。ユーザーがログオンするコンピューターごとにライセンス トークンは異なります。

共有のコンピューターにユーザーが再びログオンする場合、以前のライセンス トークンがまだ有効であれば、Office 365 ProPlus はその同じライセンス トークンを使用します。

Office 365 ProPlus に対する共有コンピューターのライセンス認証に関する追加情報

  • ライセンス トークンの更新   共有のコンピューターに格納されるライセンス トークンが有効なのは数日間のみです。ライセンス トークンの有効期限が近づくと、ユーザーがコンピューターにログオンして Office 365 ProPlus を使用しているときに、Office 365 ProPlus はライセンス トークンを自動的に更新しようとします。

    ユーザーが数日間にわたって共有のコンピューターにログオンしない場合、ライセンス トークンが期限切れになることがあります。その場合は、ユーザーが次回に Office 365 ProPlus を使用しようとする時点で Office 365 ProPlus がインターネット上の Office Licensing Service に接続して新しいライセンス トークンを取得します。

  • インターネット接続   共有のコンピューターはインターネット上の Office Licensing Service に接続してライセンス トークンを取得または更新する必要があるため、共有のコンピューターからインターネットへの信頼できる接続が必要になります。

  • 機能制限モード   ユーザーに Office 365 ProPlus のライセンスが付与されていない場合や、ユーザーが [Office のライセンス認証] ダイアログ ボックスを閉じた場合は、ライセンス トークンが取得されず、Office 365 ProPlus はライセンス認証されません。Office 365 ProPlus は機能制限モードになります。このモードでは、ユーザーは Office 365 ProPlus ドキュメントの表示と印刷は行えますが、ドキュメントの作成または編集は行えません。また、Office 365 ProPlus で、ほとんどの機能が無効になっているというメッセージがユーザーに表示されます。

    機能制限
  • ライセンス認証の制限   通常、ユーザーが Office 365 ProPlus をインストールしてライセンス認証できるのは最大 5 台のコンピューターまでです。5 台のコンピューターまでという制限に、共有コンピューターのライセンス認証による Office 365 ProPlus の使用はカウントされません。

    Microsoft では、一定の期間内に 1 人のユーザーが Office 365 ProPlus のライセンス認証を実行できる共有コンピューターの数に妥当な制限を設定しています。まれなケースとして、この数を超過した場合、ユーザーにエラー メッセージが表示されます。

    "ライセンス認証されたコンピューターが多すぎます" というメッセージ
  • シングル サインオンを推奨します。どのくらいの頻度を縮小するシングル サインオン (SSO) の使用をお勧めライセンス認証のためのサインインにユーザーが求めるメッセージが表示されます。シングル サインオンで構成されている、 Officeがアクティブ化ユーザー Office 365 ProPlusのライセンスが割り当てられている場合に限り、Windows にサインインするユーザーを提供するユーザーの資格情報を使用します。詳細については、 Office 365 の理解度 id と Azure Active Directoryを参照してください。

    シングル サインオンを使用しない場合は、移動プロファイルを使用し、移動プロファイルの一部として次の 2 つのフォルダーを含めることを検討してください。

    • %localappdata%\Microsoft\Office\16.0\Licensing

    • %localappdata%\Microsoft\Credentials

  • ライセンス トークンの移動以降のバージョンの 1704 Office 365 ProPlusのでは、ユーザーのプロファイルに移動またはネットワーク上の共有フォルダーに配置するライセンスのトークンを構成できます。以前は、ライセンスのトークンでは、ローカル コンピューターが常に特定のフォルダーに保存されているし、そのコンピューターに関連付けられたします。これらの場合場合は、別のコンピューターにサインインして、ユーザー ユーザーを求められるを新しいライセンスのトークンを取得するためにそのコンピューターにOfficeをアクティブにします。ライセンスのトークンを移動する機能は、非固定 VDI シナリオの方が便利です。

    トークン ローミングのライセンスを設定するのには、 Office 2016 展開ツールまたはグループ ポリシー] のいずれかを使用することができます。 またはレジストリ エディターを使用するには、レジストリを編集しています。どちらの方法を選択すると、ユーザーに固有のフォルダーの場所を提供する必要があります。フォルダーの場所には、ユーザーのプロファイルまたはネットワーク上の共有フォルダーの一部はかできます。Officeは、そのフォルダーの場所への書き込みをする必要があります。ネットワーク上の共有フォルダーを使っている場合は、ネットワーク待機時間の問題がOfficeを開くまでの時間に悪影響を与えることに注意してください。

    • グループ ポリシーを使っている場合、最新のOffice 2016 の管理用テンプレート ファイル (ADMX/ADML)をダウンロードして、「ライセンスで使用されるトークンを保存する場所を指定は、コンピューターのライセンス認証を共有」ポリシーの設定を有効にします。.このポリシーの設定は、[コンピューター構成 Templates\Microsoft Office 2016 (コンピューター) \Licensing 設定が見つかります。

    • Office 2016 展開ツール を使用している場合は、configuration.xml ファイルの Property 要素に SCLCacheOverride と SCLCacheOverrideDirectory を含めます。詳細については、「Office 2016 展開ツールの構成オプション」を参照してください。

    • レジストリを編集するには、HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Office\ClickToRun\Configuration に移動し、次の操作を実行します。

      • SCLCacheOverride の文字列値を追加し、値を 1 に設定します。

      • SCLCacheOverrideDirectory の文字列値を追加し、値をライセンス トークンを保存するフォルダーのパスに設定します。

      注: Microsoft Application Virtualization (App-V) を使用して Office 365 ProPlus を展開している場合、レジストリの場所は HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Office\16.0\Common\Licensing です。

LinkedIn ラーニングのショート アイコンです。 Office 365 を初めてお使いの場合は
、LinkedIn ラーニングによって提供された Office 365 管理者および IT プロフェッショナル向けの無料のビデオコースをご覧ください。

関連トピック

リモート デスクトップ サービスを使用して Office 365 ProPlus 展開
for Office 365 ProPlus のライセンス認証で共有されているコンピューターの問題に関するトラブルシューティング
ライセンスと Office 365 ProPlus のライセンス認証の概要

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×