Office 365 PowerShell のその他の機能用シナリオ

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

これらの PowerShell のシナリオを使用することにより、Skype for Business Online のポリシーを設定し、SharePoint Online のサイト コレクションを管理します。

Skype for Business Online のポリシーを構成する

Skype for Business Online ポリシーは、グローバル設定を制御します。これは、PowerShell でのみ構成できる Office 365 の設定の例です。

組織で常に外部ユーザーを会議 (会議通話とも呼ばれます) に招いている場合、会議の構成設定を変えて、外部ユーザー (匿名ユーザー) を会議通話のセッションに参加できるようにできます。

開始するには、アカウント名とパスワードまたは多要素認証 (MFA) で Skype for Business Online に接続する必要があります。手順については、「Connect to Skype for Business Online」 (Skype for Business Online に接続する) を参照してください。

次のコマンドは、Skype for Business Online のポリシーを更新し、組織外のユーザーが組織の会議通話セッションに参加できるようにします。

Set-CsMeetingConfiguration -AdmitAnonymousUsersByDefault $True

次のコマンドは、Skype for Business Online のポリシーを更新し、組織外のユーザーが組織の会議通話セッションに参加できないようにします。

Set-CsMeetingConfiguration -AdmitAnonymousUsersByDefault $False

Skype for Business Online では、将来使用できるように保存したり会議に出席していない人と共有できるように、会議の音声とコンテンツを記録する機能を提供します。Skype for Business 会議を記録する組織内のすべてのユーザーを許可または禁止するに Skype for Business Online のポリシーを構成することができます。既定では、ユーザーが会議を記録する機能を与えられます。

このコマンドでは、出席者が Skype for Business のオンライン会議を記録できるようにします。

Set-CsMeetingConfiguration -AllowConferenceRecording $True

このコマンドでは、出席者が Skype for Business のオンライン会議を記録できないようにします。

Set-CsMeetingConfiguration -AllowConferenceRecording $False

Skype for Business Online の会議中に発表者になれますできるユーザーを考慮すべき重要です。参加者がコンテンツを共有ができるようにすると、会議中に共同作業が簡単にできます。このシナリオでは、会議に参加するときに、発表者として指定する組織内のすべてのユーザーに Skype for Business Online のポリシーを設定できます。

このコマンドでは、すべての出席者を発表者として指名します。

Set-CsMeetingConfiguration  -DesignateAsPresenter "Everyone"

このコマンドでは、組織の出席者のみを発表者として指名します。

Set-CsMeetingConfiguration  -DesignateAsPresenter "Company"

このコマンドでは、出席者が発表者として自動的に指名されないようにします。

Set-CsMeetingConfiguration  -DesignateAsPresenter "None"

SharePoint Online のサイト コレクションとそのサブサイトを削除する

Office 365 管理センターで、SharePoint Online サイト コレクションを削除すると、そのに移動、SharePoint サイト コレクションのごみ箱場所はそのまま保持し、次の 30 日間復元できます。SharePoint Online サイト コレクションとそのサブサイトのごみ箱を使用せずにすべてを完全に削除するには、PowerShell を使用する必要があります。このシナリオでは、すぐに、完全には、SharePoint Online サイト コレクションを削除する方法を示します。

開始するには、SharePoint Online に接続する必要があります。手順については、「SharePoint Online PowerShell に接続する」を参照してください。

サイト コレクションを即座に完全に削除するには、二重引用符内にサイト コレクションの URL を入力します。その際には、手順について説明するテキストと < と > の文字は削除します。

$siteCollURL="<URL of the SharePoint Online site collection>"
Remove-SPOSite -Identity $siteCollURL -NoWait
Start-Sleep -s 20
Remove-SPODeletedSite -Identity $siteCollURL

SharePoint Online の管理シェルで求められたら、そのコマンド ブロックを実行します。

SharePoint サイト コレクションを作成する

PowerShell を使用すると、SharePoint Online でサイト コレクションを簡単に作成することができます。割り当てることもアクセス許可を既定のユーザー アカウントにプロセス全体を簡単かつ効率的に使用する SharePoint Online サイト コレクションで作成された SharePoint グループ。

このシナリオでは、1 つの定義済みの所有者と 1 つのサイトを作成します。を追加すると、一括 - CSV ファイルを使用して複数の SharePoint サイトです。最後を一括で追加する SharePoint サイトへのアクセス許可します。

必要な最小値を使用して新しいサイト コレクションを作成するには、サイト コレクションの URL、所有者のユニバーサル プリンシパル名 (UPN) およびストレージ クォータを入力してそのコマンドを実行します。

$newSiteURL="<URL of the new SharePoint Online site collection>"
$ownerUPN="<UPN of the site owner, example: belindan@contoso.com>"
$storage=<number of megabytes of storage for the site>
New-SPOSite -Url $newSiteURL -Owner $ownerUPN -StorageQuota $storage

追加のプロパティを使用して新しいサイト コレクションを 1 つ作成するには、変数を入力し、そのコマンドを実行します。

$newSiteURL="<URL of the new SharePoint Online site collection>"
$ownerUPN="<UPN of the site owner, example: belindan@contoso.com>"
$storage=<number of megabytes of storage>
$siteName="<title of the site collection>"
New-SPOSite -Url $newSiteURL -Owner $ownerUPN -StorageQuota $storage -Title $siteName -CompatibilityLevel 15 -LocaleID 1033 -ResourceQuota 300 -Template "STS#0" -NoWait

サイト コレクションを複数作成する場合、次のフィールドがある CSV ファイルで自動で作成できます。

  • Name,URL,Owner,StorageQuota,ResourceQuota,Template

CSV ファイルが完了したら、CSV ファイルのパスと名前を入力し、そのコマンドを実行します。

$fileName="<path and name of your CSV file, example: c:\O365scripts\sitecollections.csv>"
Import-Csv $fileName | % {New-SPOSite -Owner $_.Owner -StorageQuota $_.StorageQuota -Url $_.Url -NoWait -ResourceQuota $_.ResourceQuota -Template $_.Template -Title $_.Name}

既定では、それぞれのサイトの (STS #0)、チーム サイトなどの標準のテンプレートから作成された割り当てられた 3 つの SharePoint グループを使用してアクセス許可: 所有者 (フル コントロール)、メンバー (投稿)、閲覧者 (ビューの場合のみ)。SharePoint Online サイト コレクションにアクセスするユーザー アカウントの権限を割り当てるに適切なアクセス許可のレベルと SharePoint グループに追加します。

SharePoint Online のサイト コレクションにユーザー アカウントのアクセス許可を割り当てるには、サイトの URL、SharePoint のグループ名と、アカウントの UPN を入力し、そのコマンドを実行します。

$siteURL="<URL of the SharePoint Online site collection>"
$siteGroup="<name of the SharePoint Online group name>"
$accountUPN="<UPN of the account to add to the SharePoint group>"
Add-SPOUser -Site $siteURL -Group $siteGroup -LoginName $accountUPN

SharePoint Online のサイト コレクションにユーザー アカウントのアクセス許可を一括で追加するには、次のフィールドがある CSV ファイルを作成します。

  • SiteURL,GroupName,AccountUPN

CSV ファイルが完了したら、CSV ファイルのパスと名前を入力し、そのコマンドを実行します。

$fileName="<path and name of your CSV file, example: c:\O365scripts\sitepermissions.csv>"
Import-Csv $fileName | % {Add-SPOUser -Site $_.SiteURL -Group $_.GroupName -LoginName $_.AccountUPN}

関連トピック

Office 365 管理者向けの PowerShell
Office 365 PowerShell シナリオ
Office 365 PowerShell のシナリオのセットアップ
Office 365 PowerShell のユーザー管理のシナリオ
Office 365 PowerShell のレポートのシナリオ
Office 365 の PowerShell コミュニティ リソース

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×