Office 365 Enterprise E4 をご利用のお客様へ重要な情報

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Office 365 Enterprise E4 プランは廃止されました。ただし、現在の Office 365 Enterprise E4 のサブスクリプションがあれば、この変更が直ちに影響することはありません。Office 365 のグローバル管理者は、更新についての電子メールを受け取ったら、メッセージ センター (Office 365 管理センターの一部) の情報で、対応が必要な時期をご確認ください。それまでは、通常どおりにサブスクリプションの更新やライセンスの追加を行うことができます。

新しいプランに移行する準備ができたら (今すぐまたは更新時)、4 つのオプションが用意されています。

プランのアップグレードまたは切り替えを行うためのオプションの比較

E4 で使用していたのと同じ機能を維持するか、または Office 365 および Skype for Business Online の新機能を利用するかを選択できます。

オプション 1: Office 365 Enterprise E5 への切り替え

オプション 2: は、Office 365 Enterprise E3 + 電話システムに切り替える

オプション 3: Office 365 Enterprise E3 への切り替えと Skype for Business Plus CAL の追加

オプション 4: Enterprise E3 への切り替え

現在の Office 365 Enterprise E4 のサブスクリプション   に含まれるすべてのサービスと機能の取得

あり

なし

Office 365 での電話番号の管理   

あり

×

なし

電話番号両方内部設置型の管理とOffice 365 (ハイブリッド展開)    
コスト構内 exchange (PBX) 電話システムに依存していることを削減し、通話、会議、ビデオ、1 つのプラットフォームの通信インフラストラクチャを合理化し、共有します。

あり

×

なし

Office 365 の通話プランを追加するオプション   
国内通話プランまたは、 国際通話プランのライセンスを追加することができます。 Office 365 のプランの呼び出しの詳細を表示します。

1

1

×

なし

電話会議   
出席者を会議にダイヤルインできますSkype for Business会議実質的にすべてのデバイスからと開催者がで取得出席者にダイヤルアウトできます。

2

×

×

なし

コラボレーション、分析、およびセキュリティ用の高度なツール   

あり

×

×

なし

新しい対話型レポート、ダッシュボード、およびデータ可視化   

あり

×

×

なし

組み込みのプライバシー、透過性、および洗練されたユーザー コントロールによるデータのセキュリティとコンプライアンスの制御を向上   

あり

×

×

なし

1Office 365 の通話プランは、組織にプエルトリコ、米国内での請求先住所がある場合に使用できます。Office 365 Enterprise E5にアップグレードするときに、またはOffice 365 の電話システムを購入した場合、 国内通話プランまたは国際通話プランを追加するオプションがあります。

2電話会議が使用できないすべての地域で、まだします。電話会議をお住まいの地域で使用できない場合は、更新が利用可能になったときにします。Office 365 Enterprise E5お客様は、その時点で、時間を更新するまで電話会議直ちにまたは待機Office 365 Enterprise E5サブスクリプションにアップグレードできます。どのような領域をサポートして電話会議を表示するには、ダイヤルイン番号とサポートされている国または地域のダイヤルイン会議用に移動します。

オプション 1:Office 365 Enterprise E5 に切り替える

このオプションは、Office 365 Enterprise E5 が提供する新機能を活用したい場合に最適です。詳細および価格情報については、「Office 365 Enterprise E5」を参照してください。

Office 365 Enterprise E5に切り替えると、 国内通話プランでは、または国際通話プランを追加するオプションことがあります。通話プランを追加することができる、 Office 365をクラウドで行った通話をルーティングします。

Office 365 Enterprise E5 へのアップグレード方法

Office 365 Enterprise E5 へは、今すぐ切り替えるか、更新時まで待って、更新プロセスでアップグレードすることもできます。どちらの場合でも、Microsoft から直接サブスクリプションを購入した場合を除いて、アカウント担当者またはパートナーと共同で作業を行います。この場合は、Office 365 管理センターで Office 365 Enterprise E5 に自分自身で切り替えます。

Microsoft からサブスクリプションを直接購入し、今すぐ切り替える必要がある場合は、「Office 365 Enterprise E4 から E5 にアップグレードする」を参照してください。E4 から E5 に切り替えても、データが失われることはありません。

オプション 2:Office 365 Enterprise E3 + Office 365 の電話システム に切り替える

Office 365 Enterprise E4を使用してハイブリッド展開を既にある場合は場合、は、 Office 365 の電話システムアドオンをOffice 365 Enterprise E3に切り替えることができます。このオプションを使用すると、E4 とが含まれている機能を維持し、 Skype for Business Onlineからクラウド ベースの電話番号管理ソリューションを活用できます。組織を習得電話番号を管理する機能両方、オンプレミスとクラウド内します。さらに、 Office 365 の電話システムアドオンSkype for Businessユーザーが、クラウドにオンプレミス PSTN ゲートウェイを使用して通話の発信を有効にします。

Office 365 の電話システムを購入した場合は、 国内通話プランでは、または、 国際通話プランを追加することもできます。通話プランを追加することができる、 Office 365をクラウドで行った通話をルーティングします。

Office 365 Enterprise E3 に切り替え、Office 365 の電話システム を追加する方法   

サブスクリプションを更新するには、 Office 365 Enterprise E4は利用できなく、 Office 365 Enterprise E3に切り替えて、 Office 365 の電話システム、更新プロセスの一環として通話プランを追加するオプションを追加することができます。更新するまで待ってからない場合は、今すぐに切り替えることもできます。いずれかの方法を使って作業を切り替えるには、アカウント担当者またはパートナーまたは -Microsoft から直接、オンラインOffice 365を購入した場合: 管理センターで自分で実行すること。

Microsoft からサブスクリプションを直接購入し、今すぐ切り替える必要がある場合は、「Office 365 Enterprise E4 から E3 に切り替える」を参照してください。E4 から E3 に切り替えても、データが失われることはありません。

オプション 3:Office 365 Enterprise E3 + Skype for Business Plus CAL に切り替える

追加機能を追加せずに Office 365 Enterprise E4 で使用していた機能だけを維持したい場合は、このオプションを選びます。現在の Office 365 Enterprise E4 サブスクリプションには、Skype for Business クライアントのライセンスと、Office 365 Enterprise E3 のすべてに対するライセンス権が含まれています。E3 に移行し、Skype for Business Plus CAL を追加することにより、現在 E4 で使用している機能を使用することができます。

注: Skype for Business Plus CAL アドオンを購入する場合、追加のライセンスをユーザーに割り当てる必要はありません。目的のサブスクリプションは、管理センターの [サブスクリプション] にアドオンとして表示されます。ただし、[ライセンス] またはユーザー設定には表示されません。ユーザーには、Office 365 Enterprise E3 ライセンスのみが割り当てられています。

Office 365 Enterprise E3 に切り替え、Skype for Business Plus CAL を追加する方法   

サブスクリプションを更新する時期が来て、E4 を利用できなくなったら、更新手続きの一部として、Office 365 Enterprise E3 に切り替え、Skype for Business Plus CAL を追加することができます。また、更新時期まで待たずに、今すぐ切り替えることもできます。どちらの場合も、切り替えを行うには、アカウント担当者またはパートナーと共同で作業を行います。または、Microsoft から直接オンラインで Office 365 を購入した場合は、管理センターで自分で切り替えます。

Microsoft からサブスクリプションを直接購入し、今すぐ切り替える必要がある場合は、「Office 365 Enterprise E4 から E3 に切り替える」を参照してください。E4 から E3 に切り替えても、データが失われることはありません。

オプション 4: Office 365 Enterprise E3 に切り替える

Skype for Businessクライアントのオンプレミス展開にライセンスが失われますが、あるOffice 365 Enterprise E4、すべてのアイテムを保持するには、このオプションを選択します。

Office 365 Enterprise E3 に切り替える方法   

サブスクリプションを更新する時期が来て、E4 を利用できなくなったら、更新手続きの一部として、Office 365 Enterprise E3 に移行することができます。また、更新時期まで待たずに、今すぐ切り替えることも選択できます。どちらの場合も、切り替えを行うには、アカウント担当者またはパートナーと共同で作業を行います。または、Microsoft から直接オンラインで Office 365 を購入した場合は、管理センターで自分で切り替えます。

Microsoft からサブスクリプションを直接購入し、今すぐ切り替える必要がある場合は、「Office 365 Enterprise E4 から E3 に切り替える」を参照してください。E4 から E3 に切り替えても、データが失われることはありません。

サポート情報を入手する

Office 365 コミュニティ フォーラムで情報を入手 管理者向け: サインインとサービス リクエストの作成 管理者向け: 電話サポート

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×