Office 365 Education の管理者になる

学校が Microsoft Office 365 の対象である場合は、学校で用意したメール アドレスを使って独自の Office 365 にサインアップできます。サインアップすれば、学校のプロジェクト用の Office 365 の使用を開始できます。これらすべては、各種の設定を行う IT 管理者がいなくても実現できます。ただし、最終的には、部門で全員のサービスを管理する管理者が必要になります。

学校または部門の Office 365 管理者になるには、下記の手順に従います。

  1. 学校で用意したメール アドレスを使って Office 365 にサインインします。

  2. 左上のアプリ起動ツールのアイコンを選び、[管理者] を選びます。

    管理者になるために使用する [管理者] タイル
  3. 管理者になる」ページの手順を読み、[はい、私が管理者になります] を選びます。

    注: このオプションが表示されない場合は、既に Office 365 管理者が存在します。

  4. [確認] を選び、Office 365 サービスと関連付けられているドメイン名を所有または管理していることを証明する手順を実行します (「ドメイン名を確認する」を参照してください)。

  5. 完了したら、Office 365 にサインインし、[管理者] を選んで管理センターを開きます。そこでサービスを管理することができます。

ヒント: それぞれの Office 365 テナントには関連付けられているドメイン名があります。ドメイン名を所有または管理していることを証明すると、学校または部門の Office 365 管理者になる権限があることを示すことになります。

メカニズム

対象である学校の場合、学生などの個人は Office 365 にサインアップして学校ですぐに使用を開始することができます。必要なものは、作成したパスワードと関連付けられている、学校で用意したメール アドレスだけです。ここから、PC、Mac などのデバイスに最新バージョンの Office をインストールする、プロフェッショナルな外観のドキュメントの作成を開始する、OneDrive for Business を使ってクラウドで共有および共同作業する、などの操作を行うことができます。学生などの個人は、部門や学校により正式な展開プロセスが実施されるのを待つことなく、独力でこれらを実現してすばやく生産性を高めることができます。

サインアップした最初のユーザーに ‘sara@contoso.edu’ などのメール アドレスがある場合、そのメール アドレスのドメインの部分である ‘contoso.edu’ は Office 365 のドメイン名として使用されます。その同じメール アドレスのドメインを所有する後続のすべてのユーザー (‘rob@contoso.edu’ など) も、同じ Office 365 環境に追加され、同じクラウド サービスが提供されます。どちらの個人も Office 365 の生産性ツールセットを使用できますが、サービスを管理することはできません。たとえば、追加のライセンスの購入、新規ユーザーの追加、他のユーザーへのポリシーの適用を行うことはできません。

IT 部門はいつでもこの環境を引き継ぎ、個人のために管理者としてサービスを管理することができます。そのためには、学校で用意したメール アドレス (‘mark@contoso.edu’ など) を使用して他のユーザーとして Office 365 にサインアップします。左上にあるアプリ ランチャー アイコンを選び、[管理者] を選んでから、[管理者になる] ページの手順を読みます。この時点で、Office 365 環境と関連付けられているドメイン名 (‘contoso.edu’) を所有または管理していることを確認するように求められます。これは、学校のドメイン名を所有または管理している場合、権限のある IT の役割が必要になるためです。これを確認すれば、自分自身を Office 365 管理者の役割に昇格させることができます。

次のステップ

自分自身を学校の Office 365 サービスの管理者にした場合、自分が管理者になったことと、他のユーザーのために Office 365 を管理することを他のユーザーに知らせる必要があります。また、以下のタスクを含む、管理者の他の仕事も引き受けることになります。

タスク

詳細

この Office 365 サービスの詳細を確認する

Office 365 Education for Students の FAQ」を参照してください。

Office 365 のエンド ユーザー エクスペリエンスの詳細を確認する

サインイン、ソフトウェアのインストール、デバイスのセットアップなど、Office 365 エンド ユーザー エクスペリエンスの詳細を確認してください。

既存のユーザーに連絡する

同じサービスにサインアップした既存のユーザーに連絡します (既存のユーザーを参照するにはこちらの手順に従います)。ユーザーにメールを送信して、管理者としての役割を知らせます。

他のユーザーに参加を勧める

同僚、学生、教員などのユーザーに連絡して、Office 365 サービスへのサインアップを勧めます。

必要に応じてユーザーを追加または削除する

単独ではサインアップできない可能性がある IT スタッフまたはパートナーを含む、ユーザーを追加または削除する手順に従います。

パスワードを再設定する

日常的に行う操作です。個人がサインインできない場合やパスワードを忘れた場合は、個人のパスワードを再設定します

メール ライセンスを割り当て、メール フローを構成する

ユーザーに Exchange ライセンスを割り当て、すべてのユーザーのメール フローを構成します

メールと連絡先を移行する

以前の IT ソリューションまたはサービスから Office 365 にメールを移行します。

サービスを普及させる

このサービスを部門や学校で広め、メール テンプレート、ソーシャル メディア、ポスターなどを使用して他のユーザーが Office 365 を採用するのを支援します。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×