Office 365 Advanced eDiscovery で関連度の設定を管理する

注: Advanced eDiscovery を使用するには、お客様の組織で、Advanced Compliance アドオンが含まれている Office 365 E3、または E5 のサブスクリプションが必要です。このプランを利用しておらず、Advanced eDiscovery をお試しになりたい場合は、Office 365 Enterprise E5 の試用版にサインアップしてください

Advanced eDiscovery 関連度テクノロジは、関連度に基づいてファイルにスコアを付ける、エキスパートの支援を受けたソフトウェアを採用しています。Advanced eDiscovery 関連度は、訴訟案件の早期評価査定 (ECA)、抜粋、ファイル サンプルのレビューで使用できます。

Advanced eDiscovery には、ケースに関連するファイルの関連度トレーニングおよびタグ付けを行うコンポーネントが含まれています。Advanced eDiscovery は、関連度のあるファイルおよび関連度のないファイルのトレーニング サンプルから学習して、各ファイルの関連度スコアを提供し、分析結果を生成します。この結果は、ファイル レビュー プロセスの途中または後で使用できます。

関連度トレーニングを設定するためのガイドライン

Advanced eDiscovery の [ケース] ウィンドウで、ケースを選択し、[ケースにアクセス] をクリックします。[関連度]、[関連度の設定] の順にクリックします。このような推奨されるガイドラインに従って、関連度を設定します。

  • タグ付け:反復的な関連度トレーニング プロセスの効果は、エキスパートが正確かつ一貫性を持ってファイル サンプルにタグ付けする能力によって異なります。

  • ケースの問題:

    • ケースごとに、関連度トレーニング プロセス全体を通じて同じエキスパートを使用します。同じケースを複数のエキスパートが同時にタグ付けすることは、許可されていません。

    • 各ファイル グループが特定の問題にのみ関連しているのかどうかを確認します。

    • 問題が一般にも定義されている場合、Advanced eDiscovery は実際には関係のない多くのファイルを生成することがあります。問題の定義範囲が狭すぎると、関連度トレーニング プロセスに、より多くの時間がかかる場合があります。

    • 各関連度トレーニング サイクル中に、Advanced eDiscovery は、1 つのアクティブな問題に重点を置きます。中間のサンプル結果が適宜表示されます。

    • 問題が複数である場合、サンプリング モードによって、問題の選択範囲をプロセスに含めることができます。"オフ" として定義されている問題は、サンプリング モードが変更されるまで変化ありません。エキスパートが 1 人の場合に限り、問題を "アイドル" または "オン" にすることができます。

    • Advanced eDiscovery を使用すると、候補の特権ファイルを生成することができます。特権に対する個々の問題を設定します。可能ならば、まず、関連度に対するトレーニングおよび抜粋を行い、次に抜粋されたセットのみで特権に対するトレーニングを行います (抜粋されたセットを個別のケースとして再度読み込みます)。

    • バッチ計算は、開いているサンプルがない場合に限り実行できます ([バッチ計算] をクリックすると、サンプルが開いているユーザーの一覧が表示されます)。他のユーザーのサンプルを閉じる場合 (この操作は、他のユーザーが該当するサンプルをタグ付けしていない場合に限りに実行します)、管理者は、"関連度の変更" ユーティリティの "すべてのユーザーのサンプル" オプションを使用できます。

  • メタデータ: Advanced eDiscovery は、内容に重点を置きます。メタデータは、関連度の抽出条件の一部として見なされません。

  • リッチ度: 評価後の問題のリッチ度が 3% 未満である場合は、関連度があるファイルおよび関連性のないファイルでの関連度トレーニングのシード処理を検討してください。

  • ファイル サイズ:関連度では、大きなファイル (抽出されたテキストの文字数が 5,242,880 文字を超える) は無視されます。そのようなファイルは、関連度トレーニング プロセスに参加しないので、バッチ計算の後、関連度スコアは表示されません。5 MB を超えるファイルは、評価セットに含めることはできます。

ケースの問題の設定

このセクションで説明するパラメーターは、[Advanced eDiscovery関連度] > [関連度の設定] で使用できます。

  • 問題は、ファイルをトレーニングするユーザーに割り当てる必要があります。

  • インポートしたファイルは、処理されているロードに追加する必要があります。

  • 問題の定義および整理は慎重に行ってください。関連度トレーニングの結果に影響を与えるからです。

パラメーターが設定されると、レビュー担当者/エキスパートは [関連度] タブでファイルのトレーニングを開始できます。

関連項目

Office 365 Advanced eDiscovery

問題の定義とユーザーの割り当て

インポートしたファイルを追加するためのロードの設定

強調表示されたキーワードと高度なオプションの定義

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×