Office 365 Advanced eDiscovery で問題を定義し、ユーザーを割り当てる

注: Advanced eDiscovery を使用するには、お客様の組織で、Advanced Compliance アドオンが含まれている Office 365 E3、または E5 のサブスクリプションが必要です。このプランを利用しておらず、Advanced eDiscovery をお試しになりたい場合は、Office 365 Enterprise E5 の試用版にサインアップしてください

Advanced eDiscovery では、ケース内に 1 つまたは複数の問題を定義できます。問題を定義することにより、トピックをより細かくカテゴリ分けすることができます。新しいケースに接続すると、既定の問題が 1 つ提供されます。既定の問題の名前を編集し、問題にユーザーを割り当てることができます。

問題の追加または編集と、ユーザーの割り当て

  1. [関連度] の [関連度の設定] タブで、[問題] を選択します。

    関連度の設定、問題
  2. 問題を追加するには、[+] アイコンをクリックします。[問題の追加] ダイアログ ボックスが表示されます。

    関連度の設定、問題の追加

    問題を編集するには、[編集] アイコンをクリックします。

  3. [問題の名前] で、わかりやすく意味のあるケース名を入力します。

  4. [説明] で、問題に関する情報を入力します。

  5. [同時トレーニングを有効にする] チェック ボックスを選択して、オプションを有効にします。この設定により、複数のレビュー担当が、(個別のサンプル内の) 同じ問題に対して同時に作業することができます。

  6. [問題にユーザーを割り当てる] の [すべてのユーザー] ボックスの一覧で、問題に割り当てるユーザーを選択し、右向きの矢印をクリックして、[選択したユーザー] にユーザーを追加します。必要に応じて繰り返します。上に示したウィンドウでは、選択したユーザーとして "管理者" が表示されています。

    注: 関連度トレーニング サイクルを開始する前または開始した後で、問題へのユーザー割り当てを変更することができます。

  7. [選択したユーザー] で、選択したユーザーの名前の横にあるドロップダウン リストから次に示すサンプリング モードのいずれかを選びます。

    • オン: ファイルは表示およびタグ付けができます。これは既定の設定です。

    • アイドル: ファイルを表示できます。タグ付けはオプションです。

    • オフ: ファイルは表示することも、タグ付けすることもできません。

  8. 問題の追加が完了したら、[OK] をクリックします。

問題の削除

問題は定義済みであるが、その問題に対して実際の作業が行われていない場合に限り、問題を削除 (すなわち、データベースから削除) することができます。

  1. [関連度] の [関連度の設定] タブで、[問題] を選択します。

  2. データベースから削除する問題を選択し、[削除] をクリックします。

  3. 確認メッセージが表示されます。確認メッセージが表示されたら [はい] をクリックします。

  4. [OK] をクリックします。

関連項目

Office 365 Advanced eDiscovery

インポートしたファイルを追加するためのロードの設定

強調表示されたキーワードと高度なオプションの定義

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×