Office 365 Advanced eDiscovery でレポート フィールドをエクスポートする

注: Advanced eDiscovery を使用するには、お客様の組織で、Advanced Compliance アドオンが含まれている Office 365 E3、または E5 のサブスクリプションが必要です。このプランを利用しておらず、Advanced eDiscovery をお試しになりたい場合は、Office 365 Enterprise E5 の試用版にサインアップしてください

このトピックでは、Advanced eDiscovery のエクスポート レポートについて標準とすべてのテンプレートのフィールドを説明します。

エクスポート レポートのフィールド

次の表に、各エクスポート テンプレートのフィールドを示します。

エクスポート フィールド名

グループ

説明

標準テンプレートで使用可能

すべてテンプレートで使用可能

Row_number

全般

行番号。

File_ID

全般

ファイル ID。

File_class

処理

ファイルのクラス。

Family_ID

処理

ファイル (通常、メール インスタンスとその添付ファイル) をグループ化するために使用される数値識別子。

For_review

処理

フィールドがレビューのためにエクスポートに含まれることを示すフラグ。

Native_file_name

処理

フォルダーと拡張子を参照しないネイティブ ファイル名。

Custodians

全般

ファイルの保管担当者。

Set_ID

分析

"ND セット" または "メール セット" ID。

Inclusive_type

メール

次の値に基づいて、ファイルがスレッド全体を含むかどうかを示します。0: スレッド全体を含まない、1: スレッド全体を含む、2: スレッド全体を含む (添付なし)、3: スレッド全体を含む (コピー)。

Marked_as_pivot

準重複

ファイルがピボットかどうかを示します。

Similarity_percent

準重複

ピボットを基準とした類似性のパーセンテージ。

Duplicate_subset

準重複

重複するサブセットの一意の識別子。ファイルにテキストの正確な重複があるかどうかを示します。

Date

全般

ファイルの日付 (ファイルの種類によって異なる。メール: 送信日、ドキュメント: 更新日)。

Dominant_theme

分析

ファイルのプライマリ テーマ。

Themes_list

テーマ

テーマ名の一覧。

ND_set

EquiSet

類似データ セットの一意の数値識別子。

Email_set

メール

メール セットの一意の数値識別子。

Email_thread

メール

メール セット内でのメールの位置を示します。ピリオドで区切られた、ルートから現在のメールまでのすべてのノード ID で構成されます。

Email_subject

メール

メールの件名。

Email_date_sent

メール

メールが送信された日付。

Email_participants

メール

無効なリンクを含む、メール スレッド内のすべての参加者のメール アドレス。

Email_participant_domains

メール

無効なリンクを含む、メール スレッド内のすべての参加者のドメイン。

Email_sender

メール

メールの送信者名/アドレス。

Email_sender_domain

メール

メール送信者のドメイン。

Email_to

メール

To で指定されたメールの受信者。

Email_cc

メール

CC で指定されたメールの受信者。

Email_bcc

メール

BCC で指定されたメールの受信者。

Email_recipient_domains

メール

メールの受信者のドメイン (To、CC、BCC)。

Email_date_received

メール

メールが受信された日付。

Email_action

メール

値: メールの件名によって異なる。"Forward" ("FW:" の場合)、"Reply" ("RE:" の場合)、"Other" (その他の件名テキスト)。

Meeting_Start_Date/Time

会議アイテムが開始された日付と時刻。

Meeting_End_Date/Time

会議アイテムが終了した日付と時刻。

File_relevance_score

関連度

関連度スコア (0 から 100)。問題ごと。

Family_relevance_score

関連度

ファミリの最大関連度スコア (0 から 100)。問題ごと。

Relevance_tag

関連度

ファイルが手動で関連度のタグ付けされている場合のファイルのタグ。問題ごと。

Relevance_load_group

関連度

問題ごとのフィールドを使用した、指定したファイルの関連度ロード グループ。

Normalized_relevance_score

関連度

正規化された関連度スコア (0 から 100)、これは問題とロードでほぼ同じです。

Marked_as_seed

関連度

ファイルが問題/カテゴリごとの関連度でシード ファイルとして設定されている場合のファイルのタグ付け。

Marked_as_pre-tagged

関連度

ファイルが問題/カテゴリごとの関連度で事前タグ付けとして設定されている場合のファイルのタグ付け。

Relevance_status_description

関連度

関連度の状態の説明。

Comment

全般

ユーザーが入力したコメント。

Export_input_path

処理

エクスポートの入力パス。

Pivot_ID

準重複

ファイルのピボット ID。

Family_size

処理

ファミリ内のファイルの数。

Native_type

処理

ネイティブ ファイルの種類。たとえば、スプレッドシートやプレゼンテーション。

Native_MD5

処理

ネイティブ ファイルの MD5 ハッシュ値。

Native_size

処理

ネイティブ ファイルのサイズ。

Native_extension

処理

ネイティブ ファイルの拡張子

Doc_date_modified

ドキュメントのプロパティ

ファイルのメタデータから取得された、ネイティブ ファイルが変更された日付。

Doc_date_created

ドキュメントのプロパティ

ファイルのメタデータから取得された、ネイティブ ファイルが作成された日付。

Doc_modified_by

ドキュメントのプロパティ

ファイルのメタデータから取得された、ネイティブ ファイルを変更したユーザー。

O365_date_modified

ドキュメントのプロパティ

SharePoint または Exchange のフィールドから取得された、ネイティブ ファイルが変更された日付。

O365_date_created

ドキュメントのプロパティ

SharePoint または Exchange のフィールドから取得された、ネイティブ ファイルが作成された日付。

O365_modified_by

ドキュメントのプロパティ

SharePoint または Exchange のフィールドから取得された、最後にネイティブ ファイルを変更したユーザー。

Compound_path

処理

複合ソースを含むネイティブ ファイルのパス。

Input_path

処理

入力ファイルのパス。

Input_date_modified

処理

入力ファイルが最後に変更された日付。

ND_ET_sort_excl_attach

分析

レビューのためのメール セットと ND セットの連結。ND セットのプレフィックスとして "D" が、メール セットのプレフィックスとして "E" が追加されます。

ND_ET_sort_incl_attach

分析

レビューのためのメール セットと ND セットの連結。ND セットのプレフィックスとして "D" が、メール セットのプレフィックスとして "E" が追加されます。さらに、Email_set 内の各メールには、適切な添付ファイルが続きます。

Deduped_custodians

全般

重複排除されたファイルのカストディアン

Deduped_file_IDs

全般

重複排除されたファイルの ID

Deduped_paths

全般

重複排除されたファイルのパス

File_key

全般

将来使用するための内部識別子。

Export_native_path

処理

エクスポート パッケージ内のネイティブ ファイルのパス。

Extracted_text_path

処理

展開されたファイルのパス。

Process_batch

処理

インポート バッチのバッチ識別子。

Process_status_ID

処理

プロセス ステージの状態を表す識別子。

Process_status_description

処理

プロセス ステージの状態の説明。成功またはエラーの説明。

Export_status_ID

処理

エクスポートの状態の ID。

Export_status_description

処理

エクスポートの状態の説明。成功またはエラーの説明。

Read_percent

関連度

読み取りの % (0 から 100) 問題ごと。

Doc_author

ドキュメントのプロパティ

ドキュメントのプロパティ: 作成者。

×

Doc_comments

ドキュメントのプロパティ

ドキュメントのプロパティ: コメント。

×

Doc_keywords

ドキュメントのプロパティ

ドキュメントのプロパティ: キーワード。

×

Doc_last_saved_by

ドキュメントのプロパティ

ドキュメントのプロパティ: 最終保存者。

×

Doc_revision

ドキュメントのプロパティ

ドキュメントのプロパティ: リビジョン番号。

×

Doc_subject

ドキュメントのプロパティ

ドキュメントのプロパティ: 件名。

×

Doc_template

ドキュメントのプロパティ

ドキュメントのプロパティ: テンプレート。

×

Doc_title

ドキュメントのプロパティ

ドキュメントのプロパティ: タイトル。

×

Email_has_attachment

メール

メールに 1 つまたは複数の添付ファイルがあるかどうかを示します。

×

Email_importance

メール

メールの重要度プロパティ。

×

Email_level

メール

メール スレッド内でメールのレベルを示します。添付ファイルの場合は、添付先のメールの値。

×

Email_recipients

メール

メール受信者の名前とアドレスの両方またはいずれか (To、CC、BCC)。

×

Email_security

メール

メールのセキュリティ プロパティ。

×

Email_sensitivity

メール

メールの秘密度プロパティ。

×

Export_batch

処理

ファイルの最終エクスポート バッチ名。

×

Export_session

処理

日付を含むファイルの最終エクスポート セッション ID。

×

Extracted_text_length

処理

抽出されたテキスト ファイルの文字数。

×

Family_duplicate_set

処理

互いに正確なテキストの重複であるファミリ (ファミリのすべてのメンバーがそれぞれ正確な重複である) の数値識別子。

×

Has_Text

処理

ファイルにテキストが含まれているかどうかを示します。0: 含まれない。1: 含まれる。

×

Input_file_ID

処理

ファイルの抽出元の入力ファイルの ID。

×

Native_SHA_256

処理

ネイティブ ファイルの SHA-256 ハッシュ値。

×

O365_authors

ドキュメントのプロパティ

SharePoint または Exchange のフィールドから取得された、ネイティブ ファイルを変更したユーザー。

×

O365_created_by

ドキュメントのプロパティ

SharePoint または Exchange のフィールドから取得された、ネイティブ ファイルを作成したユーザー。

×

Parent_node

メール

メール スレッド内のノードを、無効なリンクではない最も近い親ノードに関連付けます。

×

Set_order_inclusives_first

メール

メールや添付ファイル: 逆時系列順 (スレッド全体を含む項目が最初)。ドキュメント: ピボットが最初で、残りは類似性スコアの降順。

×

Tagged_By

関連度

特定の問題の関連度でファイルにタグ付けしたユーザー。

×

Word_count

分析

ドキュメント内の単語の数。

×

関連トピック

Office 365 Advanced eDiscovery
Advanced eDiscovery を使用したケース データのエクスポート
結果のエクスポート
バッチ履歴の表示と過去の結果のエクスポート

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×