Office 365 Advanced eDiscovery でユーザーとケースを設定する

このトピックでは、Office 365 Advanced eDiscovery のユーザーとケースを設定する方法について説明します。

注: Advanced eDiscovery を使用するには、お客様の組織で、Advanced Compliance アドオンが含まれている Office 365 E3、または E5 のサブスクリプションが必要です。このプランを利用しておらず、Advanced eDiscovery をお試しになりたい場合は、Office 365 Enterprise E5 の試用版にサインアップしてください

前提条件

Advanced eDiscovery でケースとユーザーを設定する前に、以下が要求されます。

  • Advanced eDiscovery を使用してユーザーのデータを分析するには、ユーザー (データの保管担当者) に Office 365 E5 ライセンスが割り当てられている必要があります。 または、Office 365 E1 または E3 ライセンスを持つユーザーにAdvanced eDiscovery 単体のライセンスを割り当てることもできます。ケースに割り当てられ、Advanced eDiscovery を使用してデータを分析する管理者および法令遵守責任者には E5 ライセンスは不要です。

  • 電子情報開示ケースを作成し、それにメンバーを追加するには、Office 365 Security & Compliance Center で電子情報開示マネージャー役割グループのメンバーでなければなりません。Security & Compliance Center で電子情報開示マネージャー役割グループに自分を追加するには、Office 365 組織でグローバル管理者になっている必要があります。グローバル管理者でない場合、電子情報開示マネージャー役割グループへの追加をグローバル管理者に依頼する必要があります。詳細については、次のトピックを参照してください。

手順 1: ユーザーに電子情報開示アクセス許可を割り当てる

最初の手順は、電子情報開示ケースのメンバーとしてユーザーを追加できるように、Security & Compliance Center でユーザーに必要なアクセス許可を割り当てることです。Security & Compliance Center でユーザーがケースのメンバーとして追加された後、ユーザーは Advanced eDiscovery でケースにアクセスできます。

電子情報開示ケースのメンバーとして追加できるように必要なアクセス許可をユーザーに割り当てる方法については、「Office 365 セキュリティ/コンプライアンス センターで電子情報開示ケースを管理する」の手順 1 を参照してください。

手順 2: 電子情報開示ケースを作成し、メンバーを追加する

次の手順は、Security & Compliance Center で新しい電子情報開示ケースを作成し、メンバーを追加することです。ケースのメンバーは Advanced eDiscovery でケースにアクセスできるようになります。

  1. 新しい電子情報開示ケースを作成するには、「Office 365 セキュリティ/コンプライアンス センターで電子情報開示ケースを管理する」の手順 2 を参照してください。

  2. 電子情報開示ケースにメンバーを追加するには、「Office 365 セキュリティ/コンプライアンス センターで電子情報開示ケースを管理する」の手順 3 を参照してください。

手順 3: Advanced eDiscovery でケースに移動する

電子情報開示ケースを作成して、メンバーを追加すると、Advanced eDiscovery で該当するケースにアクセスできます (ケースのメンバーは誰でもアクセスできます)。Advanced eDiscovery でケースにアクセスするには、「Office 365 セキュリティ/コンプライアンス センターで電子情報開示ケースを管理する」の手順 8 を参照してください。

関連項目

Office 365 Advanced eDiscovery

データの用意

ユーザー ロールとアクセス

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×