Office 365 Advanced eDiscovery でプロセス モジュールを実行する

[準備]、[プロセス] の間、ケース ファイルが Advanced eDiscovery に読み込まれます。

注: Advanced eDiscovery を使用するには、お客様の組織で、Advanced Compliance アドオンが含まれている Office 365 E3、または E5 のサブスクリプションが必要です。このプランを利用しておらず、Advanced eDiscovery をお試しになりたい場合は、Office 365 Enterprise E5 の試用版にサインアップしてください

ガイドライン:Advanced eDiscovery のデータを準備する

  • 品質:ケースに関連するケース ファイル作成を明確に識別します。

  • 読み込み:Advanced eDiscovery にアクセスできる場所にファイルを読み込みます。

  • ファイル ID:Advanced eDiscovery の一意のファイル識別子。ファイル識別子がインポートされない場合、Advanced eDiscovery では、ID が自動的に生成されます。後続のプロセス読み込みで ID をマッピングし、初回のプロセス読み込みとは異なるパスをマッピングする場合、Advanced eDiscovery では、(新しいファイル エントリを追加するのではなく) パスが置換されます。この ID は、エクスポート プロセスの参照として使用できます。この ID 値は “-1” にしないでください。

  • MD5:この署名はファイルを区別するために使用されます (MD5 が同じではない限り、2 つのファイルが完全に重複していると見なされることはありません)。既定では、Advanced eDiscovery では、ファイルの MD5 が計算されます。読み込まれるファイルがテキスト ファイルのとき、Advanced eDiscovery で計算する代わりに、元の MD5 値を読み込み、マッピングすることが推奨されます。

  • ファイルの種類と名前:

    • Advanced eDiscovery では、さまざまな形式のファイルを処理し、読み込んだネイティブ ファイルを *.TXT、HTML、.XML などの標準形式に抽出できます。テキスト ファイルは、ネイティブ ファイルよりも速く処理できます。抽出されたテキスト ファイルはケース フォルダーに保存されます。

    • システム ファイルやグラフィック イメージなど、抽出できないファイルを読み込まないでください。そのようなファイルは処理を遅らせる可能性があります。

    • ファイルに意味のある名前が付いていることとパスが正しいことを確認します。

  • ファイル パス: Advanced eDiscovery では、パスの長さが 400 文字までであれば、ファイルを読み込むことができます。

  • テキスト抽出:普通のテキストに加え、ネイティブ ファイルからテキストを抽出するとき、非表示のテキスト (Excel と .doc)、非表示の列 (Excel)、変更履歴 (.doc)、発表者のノート (.ppt)、埋め込みオブジェクト (.ppt の Excel オブジェクトなど) も抽出されます。これらのテキストはテキスト エディターで表示できます。

  • テキストを無視:このオプション機能は、プロセスの実行後、分析の前に設定されます。テキストを無視する機能は注意して利用してください。ファイル分析のパフォーマンスを低下させることがあります。

  • 多言語のテキスト: Advanced eDiscovery では、現在のところ、タグ、カストディアン、問題に関して多言語名を利用できません。

  • メタデータ:将来、参考にするために、ケース データベースに保存するメタデータがあるかどうかを決定します。期間、ファイル サイズ、ファイルの種類、カストディアン、件名などです。ファイルが読み込まれた後、インベントリを再実行したり、再処理オーバーヘッドを追加したりしなくても、メタデータを読み込むことができます。

    • ファイルがもともとパスで読み込まれていた場合、後でメタデータをインポートするとき、パス列をマッピングします。ID でファイルを参照し、別のパスをマッピングすることができます。ファイル パスが変更されるときに便利です。

    • ファイルがもともとファイル ID で読み込まれていた場合、メタデータを読み込むとき、ID 列をマッピングします。(ID の代わりに) パスでファイルを参照すると、ファイルが別の ID で再度読み込まれます。Advanced eDiscovery では、既存ファイルのメタデータを読み込むのではなく、ファイルのコピーが作成されます。

  • ファミリ:親 (ファミリの長) なしでファミリを読み込むことはできません。

  • ファイル サイズ:Advanced eDiscovery に読み込むファイルのサイズに上限はありません。分析 (分析、関連度など) に関しては、テキストの抽出に 5,242,880 文字の上限があります。それより大きなファイルは無視されます (たとえば、関連度では、そのようなファイルは、関連度トレーニング プロセスに参加しないので、バッチ計算の後、関連度スコアは表示されません)。

  • ファイルの数量:1 つのケースで処理できるファイルの数について、推奨上限はありません。パフォーマンスはシステムのリソースに依存します。

ファイルのフィルター処理

ユーザー定義ラベルをファイル セットに関連付け、プロセスやその他のタスクから除外できます。各プロセス セッションは、バッチ ID に関連付けられています。関連度では、バッチ ID がエキスパートに表示されませんが、これを検索ユーティリティで実行できます。現在のバッチにフィルターを追加し、ユーザー定義ラベルですべての該当ファイルにタグを付けます。

関連項目

Office 365 Advanced eDiscovery

プロセス モジュールを実行し、データを読み込む

プロセス モジュールの結果を表示する

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×