Office 365 Advanced eDiscovery でプロセス モジュールを実行し、データを読み込む

注: Advanced eDiscovery を使用するには、お客様の組織で、Advanced Compliance アドオンが含まれている Office 365 E3、または E5 のサブスクリプションが必要です。このプランを利用しておらず、Advanced eDiscovery をお試しになりたい場合は、Office 365 Enterprise E5 の試用版にサインアップしてください

このセクションでは、Advanced eDiscovery プロセス モジュールの機能について説明します。

ファイル データに加え、ファイルの種類、拡張子、場所またはパス、作成日時、作成者、カストディアン、件名などのメタデータが Advanced eDiscovery に読み込まれ、ケースごとに保存されます。一部のメタデータは Advanced eDiscovery により計算されます。たとえば、ネイティブ ファイルが読み込まれるときです。

Advanced eDiscovery は、類似データのグループ化や関連度スコアなど、システム メタデータ値を提供します。ファイルの注釈など、その他のメタデータは監理者が追加できます。

プロセスを実行する

注: プロセス中、バッチ番号がファイルに割り当てられ、ファイルの追跡が可能になります。バッチ番号を利用することで、再処理オプションのプロセス バッチを識別することもできます。バッチ番号とセッションでもフィルター処理できるようになります。

次の手順でプロセスを実行します。

  1. Office 365 セキュリティ/コンプライアンス センターを開きます

  2. [検索と調査]、[電子情報開示] の順に進み、[Advanced eDiscovery に移動] をクリックします。

  3. Advanced eDiscovery で、表示された [ケース] ページでケースを選択し、[ケースに進む] をクリックします。

  4. [準備]、[プロセス]、[セットアップ] の順に進み、利用できるコンテナーの一覧からコンテナーを選択します。

    [プロセス] をクリックし、検索結果をケースに追加します
  5. シード ファイルまたは事前にタグが付けられたファイルとしてコンテナーを追加する場合、[詳細設定...] をクリックします。

    シード ファイルを利用し、リッチ度の低い (通常は 2% 以下) 問題のトレーニングを加速します。シード ファイルの場合、明らかに関連度のあるファイルをいろいろ選択し、問題ごとに約 20-50 シードを処理することが推奨されます (シード ファイルが多すぎると、関連度結果が歪む可能性があります)。シード ファイルは、問題をトレーニングした同じ人物がレビューしてください。

    事前にタグが付けられたファイルを利用し、関連度トレーニングを自動化します。1,500 件以上のファイルにタグを付け、関連度のあるファイルと関連度のないファイルの比率を関連度に追加されたコレクションにおける比率と同じに維持してください。これらのファイルには手動でタグを付けてください。正確にタグを付けることが求められます。

    [詳細設定] ページのスクリーンショット。バッチ ファイルを処理します。
    • [シード] セクションで:

      [シード ファイルとしてマークする] を選択し、コンテナーをシード ファイルとしてマークします。[問題] ドロップダウンから問題ごとに割り当てる必要もあります。[タグ] ドロップダウンから [関連] または [関連なし] を選択します。

      注: [シード] としてファイルを設定した後に [事前タグ付け] に変更することはできません。

    • [事前にタグが付けられたファイル] セクションで:

      [事前にタグが付けられたファイルとしてマークする] を選択し、コンテナーを事前にタグが付けられたファイルとしてマークします。[問題] ドロップダウンから問題ごとに割り当てる必要もあります。[タグ] ドロップダウンから [関連] または [関連なし] を選択します。

      注: [事前タグ付け] としてファイルを設定した後に [シード] に変更することはできません。

    • [メールのタグ付け] セクションで、処理済みのメールで [シード] または [事前タグ付け] としてマークする部分を設定します。

  6. まず、[プロセス] をクリックします。完了すると、プロセスの結果が表示されます。

  7. (省略可能) データ ソースを特定のカストディアンに割り当てる場合、[カストディアン]、[管理] でカストディアンの名前を追加または編集したり、[カストディアン]、[割り当て] でカストディアンを割り当てたりできます。

ケースを追加する場合、もう一度処理できます。

関連項目

Office 365 Advanced eDiscovery

プロセス モジュールの結果を表示する

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×