Office 365 Advanced eDiscovery でプロセス モジュールの結果を表示する

[準備]、[プロセス] の順に選択すると、進捗と結果を表示できます。

注: Advanced eDiscovery を使用するには、お客様の組織で、Advanced Compliance アドオンが含まれている Office 365 E3、または E5 のサブスクリプションが必要です。このプランを利用しておらず、Advanced eDiscovery をお試しになりたい場合は、Office 365 Enterprise E5 の試用版にサインアップしてください

プロセス タスクの状態

[準備]、[プロセス]、[結果] の順に選択すると、ページに現在の状態か (現在、プロセスが実行されている場合)、前回のプロセス タスクの状態が表示されます。次の画像はその例です。

プロセス モジュールのタスクの状態

表示されるタスクは、選択したプロセス オプションに応じて異なる場合があります。

  • インベントリ: Advanced eDiscovery はプロセスに対して選択されているすべてのファイルを反復処理し、基本的データ収集を実行します。

  • 署名を計算する:MD5 デジタル署名を計算します。

  • 複合抽出:複合ファイル (PST、ZIP、MSG など) から中のファイルを再帰的に抽出します。抽出されたファイルはケースのケース フォルダーに保存されます。

  • データベースの同期:内部データベース プロセス。

  • ファイル コピー:プロセス ファイルをコピーします。このタスクは常に、ファイル コピーの詳細オプションが選択されているときでも表示されます。

  • テキスト抽出:ネイティブ ファイルがあるとき、Advanced eDiscovery は DTSearch を利用してネイティブ ファイルからテキストを抽出します。抽出されたテキストは、ケース フォルダーにテキスト ファイルとして保存されます。

  • メタデータの更新:読み込まれたメタデータを処理します。

  • 最終処理:読み込まれたケース ファイルのデータを最終処理する内部処理 (たとえば、エラー ファイルと成功ファイルを識別します)。

タスクの状態: タスク完了後に表示されます。タスクの実行中は、実行継続時間が表示されます。

注: 完了したタスクには、処理を完了したファイルとエラーが発生したファイルの合計が含まれることもあります。

ヒント: “キャンセル” には、ロールバック オプションがあります。プロセス実行を停止し、前のデータ作成や保存されている処理済みデータにロールバックします。ロールバックでは、処理済みデータがすべて消去されます。処理済みデータを消去したくない場合 (たとえば、これらのファイルを再度読み込む場合)、このウィンドウで “キャンセル” オプションを選択し、ロールバックしないことを選択します。

プロセスの概要

[準備]、[プロセス]、[結果]、[プロセスの概要] の順に選択すると、読み込まれたファイルの結果の内訳がファイル処理の成功とエラーを基準に表示されます。

このウィンドウには、インポートされたファイルの次のような統計がグラフで表示されます。

  • プロセスの概要: 累計:ケースのすべてのファイル。

  • プロセスの概要: 前回:前回のセッションまたはアクションで読み込まれたファイル。

  • ファミリ: 前回:ケースのファミリ情報 (存在する場合)。

  • シード ファイルが追加された場合、ファイルに定義された問題ごとにシード ファイルの数が一覧表示されます。

    シード ファイルのマーキングに失敗した場合、それも注記されます。

  • 事前にタグが付けられたファイルが追加された場合、ファイルに定義された問題ごとに、事前にタグが付けられたファイルの数が一覧表示されます。

    事前にタグが付けられたファイルのマーキングに失敗した場合、それも注記されます。

プロセス モジュールの概要

プロセスの概要: 累計グラフと前回グラフ:

左のバーには、ソースと抽出されたファイルが含まれます。検出されたすべてのファイルです。

右のバー、[処理済み] には次が含まれます。

  • 読み込みエラーが発生したファイル

  • 正常に読み込まれたファイル。次のファイルが該当します。

    • 既存:以前に読み込まれ、今回も再び読み込まれたファイル (重複あり)。

    • テキスト:テキストを含む一意のファイル。

    • テキスト以外:空のテキスト ファイル、空のネイティブ テキスト ファイル、ネイティブの非テキスト ファイル。

    • 重複:テキストを含む重複ファイル。

前回のプロセス エラー

[準備]、[プロセス]、[結果]、[前回のプロセス エラー] の順に選択すると、前回実行されたセッションまたはアクションのエラー詳細が表示されます。

プロセス モジュールのエラー

関連項目

Office 365 Advanced eDiscovery

プロセス モジュールを実行し、データを読み込む

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×