Office 365 Advanced eDiscovery でバッチ履歴を表示し、結果履歴をエクスポートする

注: Advanced eDiscovery を使用するには、お客様の組織で、Advanced Compliance アドオンが含まれている Office 365 E3、または E5 のサブスクリプションが必要です。このプランを利用しておらず、Advanced eDiscovery をお試しになりたい場合は、Office 365 Enterprise E5 の試用版にサインアップしてください

以下のセクションでは、Advanced eDiscovery のデータのバッチ表示およびエクスポートのための追加オプションについて説明します。

エクスポート バッチ履歴の表示と、以前のバッチのエクスポート

[エクスポート履歴] ダイアログ ボックスでは、選択したエクスポート バッチ セッションの詳細情報を確認できるほか、最後のセッションを元に戻す機能も使用できます。

  1. [エクスポート] の [セットアップ] で、[エクスポート バッチ] ドロップダウン リストからバッチ名を選択します。

  2. エクスポート バッチ名の右側で、[バッチ履歴] アイコンを選択します。

    [バッチ履歴のエクスポート] アイコン

    [バッチ履歴] ダイアログ ボックスが表示されます。

    バッチ履歴のエクスポート
  3. 前のセッションをロールバックする必要がある場合は、[前回のセッションを元に戻す] をクリックします。ロールバックは複数回実行できます。これにより前回のセッションはキャンセルされます。

  4. 前に実行したエクスポート バッチ セッションから任意のタイミングでデータをダウンロードする場合は、エクスポート対象のエクスポート バッチの横にある [ダウンロード] アイコン [バッチ履歴のエクスポート] ダウンロード アイコン をクリックします。

  5. [Shared Access Signature] ダイアログ ボックスが表示されたら、[クリップボードにコピー] をクリックしてエクスポート セッション データをローカル コンピューターにコピーし、[閉じる] をクリックします。Office 365 セキュリティ/コンプライアンス センターの [eDiscovery エクスポート ツール] ダイアログ ボックスが表示されます。

    [エクスポート eDiscovery] ダイアログ ボックス
  6. [eDiscovery エクスポート ツール] ダイアログ ボックス:

    1. [ソースへの接続で使用する Shared Access Signature を貼り付ける] で、[Shared Access Signature] 値を貼り付けます。この値は、前にクリップボードにコピーした値です。

    2. [参照] をクリックし、ローカル コンピューター上で、ダウンロードしたエクスポート ファイルを格納する目的の場所を選択します。

    3. [開始] をクリックします。エクスポート ファイルは、ローカル コンピューターにダウンロードされます。

関連項目

Office 365 Advanced eDiscovery

エクスポートの結果

エクスポート レポートのフィールド

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×