Office 365 Advanced eDiscovery でケース データを分析する

注: Advanced eDiscovery を使用するには、お客様の組織で、Advanced Compliance アドオンが含まれている Office 365 E3、または E5 のサブスクリプションが必要です。このプランを利用しておらず、Advanced eDiscovery をお試しになりたい場合は、Office 365 Enterprise E5 の試用版にサインアップしてください

Advanced eDiscovery で [準備] から [分析] プロセスを実行すると、含まれるファイルに次の機能が適用されます。

  • 読み込んだファイルを識別し、一意のファイル、重複、準重複のグループに整理します。

  • メールの漸進的追加に基づき、メールを識別し、メール スレッドの階層的構造化グループに整理します。

  • Advanced eDiscovery の処理とファイルのバッチ処理でテーマを使用できるようにします。

分析では、次のようにパラメーターを設定し、オプションを実行し、結果を表示できます。

  • 分析のセットアップ:ファイルで分析を実行する前に設定を指定できます。

  • 分析の結果:分析の指標が表示されます。

分析を実行する前に、ファイルの選択し、処理するための条件を定義します。たとえば、読み込んだファイルの中で分析対象とするファイルを決定したり、各種ファイルを投入する分析の種類を決定したりします。

関連項目

Office 365 Advanced eDiscovery

ドキュメントの類似性を理解する

[テキストを無視] オプションの設定

分析の詳細設定の設定

分析タスクを表示する

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×