Office 365 Advanced eDiscovery でケース データをエクスポートする

注: Advanced eDiscovery を使用するには、お客様の組織で、Advanced Compliance アドオンが含まれている Office 365 E3、または E5 のサブスクリプションが必要です。このプランを利用しておらず、Advanced eDiscovery をお試しになりたい場合は、Office 365 Enterprise E5 の試用版にサインアップしてください

Advanced eDiscovery のエクスポート プロセスでは、外部でレビューするために Advanced eDiscovery のコンテンツと結果をエクスポートできます。

データをエクスポートするためのガイドライン

  • Advanced eDiscovery から生成されたエクスポート データをレビューして、たとえば、ドキュメントのレビュー チームに関連する要素を配布したり、外部のドキュメント レビュー ツールにエクスポートしたりすることができます。

  • Advanced eDiscovery での処理の実行中および実行後に、いつでもエクスポート出力を生成および操作できます。標準的なシナリオでは、関連度のトレーニングおよびバッチ計算が正常に完了すると、重要な結果が得られます。たとえば、最も関連度の高い 1,000 個のファイルのサンプルを生成して、Advanced eDiscovery のパフォーマンスを評価してから続行できます。

  • データベースに大量のデータをエクスポートすると、必要なデータベースのサイズと、Advanced eDiscovery データベースの必要な構成に大きな影響を与える可能性があります。

関連項目

Office 365 Advanced eDiscovery

結果のエクスポート

バッチ履歴の表示と結果のエクスポート

エクスポート レポートのフィールド

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×