Office 365 Advanced eDiscovery でケースとテナントの設定を定義する

注: Advanced eDiscovery を使用するには、お客様の組織で、Advanced Compliance アドオンが含まれている Office 365 E3、または E5 のサブスクリプションが必要です。このプランを利用しておらず、Advanced eDiscovery をお試しになりたい場合は、Office 365 Enterprise E5 の試用版にサインアップしてください

このトピックでは、Advanced eDiscovery のケース設定およびテナント設定について説明します。

ケースの設定

このセクションでは、ケース レベルで定義できる設定について説明します。

注: 現在、Advanced eDiscovery でケースが選択されていない場合、[ケースの設定] タブは無効です。

クロス モジュール

次に示すクロス モジュール設定は、Advanced eDiscovery モジュールに適用されるケース オプションです。

  • ログイン後の既定のページ:Advanced eDiscovery の開始時に表示する既定のページを設定します。

  • ファイルの表示名: Advanced eDiscovery 全体でファイルを識別するために表示されるファイル識別子。ファイル タイトル/パスまたはメールの件名の Advanced eDiscovery 表示名に代わるものです。

  1. [歯車] アイコンをクリックして、[設定とユーティリティ] を開きます。[設定とユーティリティ] の [ケースの設定] タブを開き、[クロス モジュール] を選択します。

  2. [ログイン後の既定のページ] オプションからいずれかを選択します。

    • 前のログインの最後のページ

    • ケースのページ

  3. [保存] をクリックします。

テナントの設定

このセクションでは、Advanced eDiscovery のテナント設定について説明します。

ユーザーの管理

ユーザーの管理オプションについては、ユーザーとケースの設定に関するページを参照してください。

イベント ログ

イベント ログは、Advanced eDiscovery 操作時に随時実行される Advanced eDiscovery 処理に関するメタデータを提供します。たとえば、Advanced eDiscovery のメイン プロセス (インポート、分析、関連度、エクスポート) の開始時間、ならびに終了時間や状態などが含まれます。このログは、データ処理アクティビティの追跡およびトラブルシューティングを行う場合や、エラーおよび警告に対処する場合に使用できます。

  1. [歯車] アイコンをクリックして、[設定とユーティリティ] を開きます。

  2. [設定とユーティリティ] の [テナントの設定] タブで、[イベント ログ] を選択します。イベント ログ データが表示されます。

    • ログ出力をケースによってフィルター処理するには、[ケース] ボックスの一覧からケースを選択します。

    • 列を基準してログを並べ替えるには、列見出しをクリックします。

    • 列の順序を変更するには、列見出しをクリックしてドラッグします。

    • ログ ページ間を移動するには、> アイコンと< アイコンをクリックします。

システム情報

[テナントの設定] タブに Advanced eDiscovery バージョン システム情報とアクティブなタスクが表示されます。

  1. [歯車] アイコンをクリックして、[設定とユーティリティ] を開きます。

  2. [設定とユーティリティ] の [テナントの設定] タブで、[システム情報] を選択します。次のバージョン情報が表示されます。

表示を更新するには、テナント情報の下にある [更新] アイコンをクリックします。

関連項目

Office 365 Advanced eDiscovery

ユーティリティの使用

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×