Office 365 Advanced eDiscovery で、ロードを設定してインポートされるファイルを追加する

注: Advanced eDiscovery を使用するには、お客様の組織で、Advanced Compliance アドオンが含まれている Office 365 E3、または E5 のサブスクリプションが必要です。このプランを利用しておらず、Advanced eDiscovery をお試しになりたい場合は、Office 365 Enterprise E5 の試用版にサインアップしてください

Advanced eDiscovery において、ロードとはケースに追加されるファイルの新しいバッチです。既定では、1 つのロードが定義され、インポートするファイルがすべてそのロードに追加されます。関連性トレーニングを実行する前に、インポートするファイルをロードに追加する必要があります。

たとえば次のようなシナリオを考えてみます。

  • 新しいファイルは、ケースのデータベースに以前に読み込まれたファイルに類似していることがわかっています。あるいは、ファイルの前のロードは、ファイル コレクションからのランダム セットでした。この例では、インポートするファイルを現在のファイル ロードに追加します。

  • 新しいファイルは前のファイルとは異なります (たとえば、別のソースからのもの)。あるいは、新しいファイルが、前のロードと類似しているのか異なっているのか予備知識がありません。このシナリオでは、インポートするファイルを新しいファイル ロードに追加します。Advanced eDiscovery では、これをローリング ロード シナリオとして認識し、キャッチアップ プロセスを起動し、関連性トレーニングおよびバッチ計算をロックします。このロックは、キャッチアップが完了し、新しいロードの統合およびトレーニングが行われるまで継続されます。

インポートするファイルを現在のロードに追加する

インポートするファイルはすべて、Advanced eDiscovery で処理するロードに追加する必要があります。インポートするファイルは、最後に定義したロードに追加されます。後で追加のファイルをインポートする場合も、対象のファイルをロードに追加する必要があります。

  1. [関連性ツール] の [関連性の設定] タブで、[ロード] を選択します。

    [関連性の設定] の [ロード] タブ
  2. 含めるファイル: 含めるファイルのオプションを選択します。既定では、"すべてのファイル" 母集団に基づいて、現在のロードにファイルが追加されます。

    ヒント: 選別された使用可能なファイルをすべて、関連性ツールに読み込みます。使用可能なファイルのサブセットのみを読み込む場合、サブセットの読み込みは関連性トレーニングに悪影響を及ぼす可能性があります。まずは、サポートにご連絡ください。

  3. [ロードの管理] で、ロードを選択します。

  4. [ファイルの追加] をクリックします。ファイルはロードに追加され、確認メッセージが表示されます。

  5. [OK] をクリックします。

これで、トレーニングに備えてファイルを Advanced eDiscovery 関連性ツールで処理できるようになりました。

ケース内のロード名を編集する

ロードの名前を変更する場合は、ケースにとって意味のある名前を使用することをお勧めします。

  1. [関連性ツール] の [関連性の設定] タブで、[ロード] を選択します。

  2. [ロードの管理] ボックスの一覧で、ロードを選択し、[編集] アイコンをクリックします。ロードの編集ウィンドウが表示されます。

  3. 変更内容を入力し、[OK] をクリックします。

インポートするファイルを新しいロードに追加する

関連性トレーニングを開始した後、またはバッチ計算を実行した後で、追加のファイル セットをインポートして処理することが必要な場合があります。

キャッチアップ時には、タグを作成し、キャッチアップ セットを分析することができます。Advanced eDiscovery では、新しいロードでの関連ファイルと非関連ファイルの評価結果を、前のロードの場合と比較します。必要があれば、結果に基づいて、キャッチアップの決定をするように求められます。さらに、Advanced eDiscovery は得られた関連性に関する情報に基づいて、推奨事項を提供します。

ローリング ロードとキャッチアップ機能は、次のように状況に応じて変わります。

  • バッチ計算の後で新しいファイル ロードをインポートする場合、Advanced eDiscovery によって、ファイルが次のいずれのカテゴリに分類されるかが判定されます。

    • 類似 (同種): 関連性のトレーニングの新たなカスタム ラウンドは必要ありません。前のロードから得られた情報を "現状のまま" として適用できます。

    • 異なる (異種): 関連性トレーニングの新たなカスタム ラウンドが必要です。前のロードから得られた情報は適用できません。

    これらの用語は、ロード間およびロードの内外でのファイルの類似性のレベルを示します。

  • 関連性トレーニング中 (バッチ計算の前) に新しいファイル ロードをインポートする場合は、キャッチアップにより、統合されたファイル セットに対して関連性トレーニングを継続することができます。Advanced eDiscovery は、新しいロードが前のロードと類似しているか、それとも異なっているかを判定しません。新しいロードに関する情報を簡単に収集することができ、新しいファイル セットと前のファイル セットに対して継続的に関連性トレーニングを実行することができます。

  • バッチ計算の後の問題点に加えて、関連性トレーニング中にも複数の問題点が存在する場合は、すべての問題点に対してキャッチアップ プロセスが 1 回実行されます。結果が計算され、問題点ごとに表示されます。

注: キャッチアップ サンプルのサイズは変わる場合があります。このサイズは、前のロードのサイズに対する新しいロードのサイズ、および新しいロードを追加する前に完了しているサンプル数に依存します。キャッチアップ サンプルは、通常、新しいロードからの 200 ~ 2,000 個のファイルのセットとなります。

ヒント: キャッチアップでは他のタスクを停止します。また、個々のファイルのタグ付けおよびレビューが必要となります。したがって、大きなバッチで新しいファイルを追加する場合にオーバーヘッドを削減することができます。

キャッチアップとローリング ロードを使用して新しいファイル ロードを追加する

  1. [関連性ツール] の [関連性の設定] タブで、[ロード] を選択します。

  2. [ロードの管理] で、[+] アイコンをクリックしてロードを追加します。確認メッセージが表示されます。

  3. [はい] をクリックして続行します。[新しいロードの追加] ダイアログ ボックスが表示されます。

    注: 前のロードに対してアクションが実行された場合は、新しいロードの追加のみを実行できます。

  4. [新しいロードの追加] ダイアログ ボックスの [ロード名] と [説明] に情報を入力し、[OK] をクリックします。Advanced eDiscovery によって、新しいロードが追加されます。

  5. 新しいロード ファイルをインポートするには、[ファイルの追加] をクリックします。すべての新しいファイルがこのロードに追加されます。Advanced eDiscovery はファイルをインポートすると、ローリング ロードのシナリオを認識し、次の手順としてキャッチアップを示します。

  6. ダイアログ ボックスの下部にある [キャッチアップ] をクリックして、シナリオを実行します。

    すべての問題点を対象にしたキャッチアップ セットが 1 つ作成され、通常は、新しいロードからの 200 ~ 2,000 個のファイルが含まれます。これにより、ファイルの同時タグ付けが可能になります。

    ロードは類似しているか、それとも異なっているか、ならびにAdvanced eDiscovery によってロードが自動的に結合されたか、それとも分割されたかに関する詳細情報、さらに次の手順の処理に関する情報が提供されます。

    ファイルにタグ付けし、計算操作を実行することができます。タグ付けにより、関連性ツールは、ロードが類似しているのか、それとも異なっているのかを判定することができ、ユーザーは新しいファイル セットに対しても作業を継続して行うことができます。

  7. キャッチアップ セットのレビューが終了したら、[関連性ツール] の [追跡] で、キャッチアップの結果をご確認ください。

    1. 関連性トレーニング時に新しいファイル ロードが追加された場合 (つまり、問題点がバッチ計算によってまだ処理されていない)、キャッチアップの結果に関係なく、次の手順はトレーニングの継続実行となります。

      新しいロードと前のロードは 1 つのロードして処理されます。この統合されたセットに対して関連性トレーニングが引き続き実行されます。これで、この手順は完了ですので、関連性トレーニングを継続することができます。

    2. バッチ計算の後に新しいロードが追加された場合は、次の手順に進みます。

  8. バッチ計算の後に新しいロードが追加された場合、Advanced eDiscovery は新しいロードが前のロードと類似しているのか異なっているのかを次のように判定します。

    1. ロードが類似しているとわかっている場合: 追加の関連性トレーニングは必要ありません。ダッシュ ボードに推奨される次の手順が表示されます。内容は、バッチ計算を再度実行して、新しいロードの関連性スコアを算出するというものです。ロードは類似していることがわかったので、以前の分類子分析を新しいファイルに対しても実行できます。

    2. ロードが異なっていることがわかっている場合: 追加の関連性トレーニングが必要です。次の手順はキャッチアップの決定です。次のようにキャッチアップの決定を選択します。

      [ロードの結合] を選択した場合、Advanced eDiscovery では前のロードと新しいロードを結合してトレーニング セットとします。最初のロードのバッチ計算が済んでいても、さらなるトレーニングが必要です。引き続き新しいロードと前のロードをまとめてトレーニングします。バッチ計算がもう一度実行され、前のバッチ計算のスコアは無視されます。このオプションは、既存のロードの関連性スコアを再計算できる場合 (たとえば、既存のファイル ロードのレビューがまだ始まっていない場合) に選択できます。

      [分割ロード] を選択すると、新しいロードに対してのみ関連性トレーニングが続行されます。この場合、前のバッチ計算スコアはそのままです。このオプションは、既存のロードの関連性スコアを再計算できない場合 (たとえば、既存のファイル ロードのレビューが既に始まっている場合) に選択できます。これ以降、関連性スコアは個別に管理されるので、結合することはできません。

    3. [トレーニングの続行] をクリックします。

関連項目

Office 365 Advanced eDiscovery (Office 365 Advanced eDiscovery)

Defining issues and assigning users (問題の定義とユーザーの割り当て)

Defining highlighted keywords and advanced options (強調表示されたキーワードと高度なオプションの定義)

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×