Office 365 脅威保護の詳細の概要

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Office 365Advanced Threat Protection には、安全なリンク安全な添付ファイルスプーフィング インテリジェンス、および高度なフィッシング先対策機能が含まれています。Advanced Threat Protection は、添付ファイル、メール メッセージ内のハイパーリンク、未承認のなりすましメールなどのコンテンツをチェックすることで、悪意のある攻撃から組織を保護するのに役立ちます。グローバル管理者またはセキュリティ管理者が定義した安全なリンクおよび安全な添付ファイルのポリシーに基づいて保護が決定されます。

Advanced Threat Protectionが配置、組織のAdvanced Threat Protectionを操作する方法を表示するレポートを利用します。さらに、不審なファイルを分析するために Microsoft に送信することができます。

組織に対して Advanced Threat Protection を確認または取得する

  1. グローバル管理者またはセキュリティ管理者として、https://portal.office.com に移動し、Office 365 の職場または学校のアカウントを使ってサインインします。

  2. [管理者]、[課金] の順に選択し、含まれている現在のサブスクリプションを表示します。

    グローバル管理者の場合は、portal.office.com にサインインして、[管理者]、[課金] の順に移動します。

  3. Office 365 Enterprise E5 が表示される場合、組織は Advanced Threat Protection を備えています。

    Office 365 Enterprise E3 または Office 365 Enterprise E1 のような異なるサブスクリプションが表示される場合は、Advanced Threat Protection を追加できます。これを行うには、[+ サブスクリプションの追加] を選びます。

  4. 「安全な ATP リンクと安全な添付ファイルに関するポリシーを定義する」へと進みます。

安全な ATP リンクと安全な添付ファイルに関するポリシーを定義する

Advanced Threat Protection を設定したら、次の手順は安全なリンク安全な添付ファイルに関するポリシーを定義することです。

分析のために Microsoft にファイルを送信する

マルウェアの疑いのあるファイルを取得した場合は、分析のためにそのファイルを Microsoft に送信することができます。Windows Defender Security Intelligence サブミッション ポータル にアクセスしてください。

関連トピック

Office 365 のセキュリティとコンプライアンス センターの概要
脅威保護の高度なレポートを表示する
[Office 365 のセキュリティとコンプライアンス センター脅威の管理

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×