Office 365 管理者の統合アプリおよび Azure AD

統合アプリの管理は、統合アプリのオンとオフを切り替えるだけではありません。 Office 365 REST API の登場により、ユーザーは、メール、予定表、連絡先、ユーザー、グループ、ファイル、フォルダーなどの Office 365 データへのアクセスをアプリに許可できるようになりました。 既定では、ユーザーは各アプリに権限を個別に与える必要がありますが、グローバル管理者レベルで 1 回アプリを許可して、アプリ起動ツール で組織全体にアプリを展開する場合、これでは拡張性がありません。 この操作を行うには、Azure AD でアプリを登録する必要があります。 アプリを Azure AD で登録できるようにするには、実行する必要がある手順がいくつかあり、知っていると Office 365 組織でのアプリ管理に役立つ背景情報もいくつかあります。 この記事では、そのようなリソースを紹介します。

Office 365 管理者用 Azure AD リソース

Office 365 アプリを Azure AD で管理できるようにするには、次の 2 つの手順どおりに行う必要があります。

前提条件

コメント

無料の Azure Active Directory サブスクリプションを登録する

Office 365 のすべての有料サブスクリプションには、Azure Active Directory の無料サブスクリプションが付属しています。 Azure AD を使うと、アプリを管理して、ユーザー アカウントやグループ アカウントを作成、管理できるようになります。 このサブスクリプションを有効にして Azure 管理ポータルにアクセスするには、登録プロセスを 1 回だけ実行する必要があります。 その後は、Azure AD を Office 365 管理センター から利用できます。

統合アプリをオンまたはオフにする

ユーザーがサードパーティ製アプリに Office 365 の情報へのアクセスを許可できるようにしたり、自分がアプリを Azure AD で登録できるようにしたりするには、統合アプリをオンに切り替える必要があります。 たとえば、サードパーティ アプリを使用している場合、そのアプリが予定表へのアクセスと OneDrive for Business フォルダーにあるファイルの編集のために権限を与えるように求めてくることがあります。

Office 365 アプリを管理するには、Azure AD でのアプリの知識が必要です。 次の記事では、必要となる予備知識が身に付きます。

予備知識の記事

コメント

Office 365 アプリ起動ツールの概要

アプリ起動ツールを初めて使用する場合は、その内容や使い方が気になるかもしれません。アプリ起動ツールは、Office 365 のどこからでもアプリを利用できるようにするように設計されています。

アプリケーションの追加、更新、および削除

このトピックでは、Azure Active Directory でアプリケーションの追加、更新、削除を行う方法について説明しています。 Azure AD で統合できるアプリケーションのさまざまな種類について説明し、Web API などのその他のリソースにアクセスするようにアプリケーションを構成する方法についても説明しています。

アプリを Office 365 アプリ ランチャーに表示させる

Office 365 のアプリ起動ツールにより、ユーザーはアプリを簡単に探してそれにアクセスできるようになります。 この記事では、開発者がアプリをユーザーのアプリ起動ツールに表示する方法、および Office 365 の資格情報を使用してシングル サインオン (SSO) できるようにする方法について説明しています。

Office 365 API プラットフォームの概要

Office 365 API では、お客様が最も気にしていることを含む、お客様の Office 365 データ、つまりメール、予定表、連絡先、ユーザーとグループ、ファイル、フォルダーなどにアクセスできるようになります。 この記事では、Office 365 アプリ、Azure AD、アプリがアクセスするデータの間の関係が図示されています。

Azure Active Directory とアプリケーションの統合

Azure Active Directory で統合されているアプリケーション、アプリケーションを登録する方法、登録済みアプリケーションの背後にある概念、マルチ テナント アプリケーションのブランド ガイドラインについて説明しています。

Azure Active Directory の統合に関するチュートリアル

このチュートリアルの目的は、サードパーティ製 SaaS アプリケーションのために Azure AD SSO を構成する方法について説明することです。

Azure AD の認証シナリオ

Azure AD では、ID がサービスとして提供されて、OAuth 2.0 や OpenID Connect などの業界標準プロトコルがサポートされ、開発者の認証が簡単になっており、さまざまなプラットフォームのオープン ソース ライブラリがサポートされて、すぐにコーディングを始めることができます。 このドキュメントによって、Azure AD でサポートされるさまざまなシナリオについて把握できるようになり、使い始める方法がわかるようになります。

アプリケーション アクセス

Azure AD では、今日注目を集めているサービスとしてのソフトウェア (SaaS) アプリケーションの多くに簡単に統合できます。ID とアクセスを管理できるようになり、アクセス パネルが実現して、ユーザーはどのアプリケーションにアクセスできて、どこで SSO を使ってアプリケーションにアクセスできるかを見出すことができます。 この記事には関連リソースへのリンクがあり、そのリソースでは、Azure AD のアプリケーション アクセスの拡張機能について、およびその拡張機能に貢献する方法について説明しています。

Office 365 アプリ起動ツールのタイルを追加、削除する

Office 365 アプリ起動ツールでアプリを追加または削除すれば、毎日使うアプリにすぐにアクセスできます。

Office 365 のナビゲーション バーにアプリを固定する

Office 365 ナビゲーション バーにアプリを固定する方法について説明します。 この機能を使うと、Outlook やカレンダーなどのアプリにワンクリックで移動できるので便利です。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×