Office 365 管理センターのアクティビティ レポート

ユーザーが仕事でどのように Office 365 サービスを使用しているかを簡単に確認できます。 たとえば、サービスをたくさん使用しているためにクォータに近づいているユーザーや、Office 365 ライセンスまったく必要としない可能性があるユーザーを、特定することができます。

過去 7 日、30 日、90 日、180 日間のレポートを利用できます。すべてのレポート期間のデータが最初から存在するわけではありません。レポートは、少なくとも 30 日間のデータがあると使用できるようになります。

レポート ダッシュボードに移動する方法

  1. Office 365 管理者のアカウントで https://portal.office.com/adminportal/home にサインインします。

    Office 365 管理者のアカウントで https://portal.partner.microsoftonline.cn/adminportal/home にサインインします。

  2. Office 365 管理センター で、[レポート]、[使用状況] の順に選びます。

  3. ダッシュボード上部の [レポートの選択] を選び、利用可能なすべてのレポートの一覧から選びます。または、詳細を参照するには、サービス (メール、OneDrive など) のアクティビティ一覧ウィジェットをクリックします。

    Office 365 の使用状況のダッシュボード

Office 365 レポートを表示できるユーザー

次の権限を持っているユーザー:

  • Office 365 のグローバル管理者:このロールを持つのは、社内の少数のユーザーのみにすることをお勧めします。これで、業務上のリスクが軽減されます。

  • Exchange の管理者

  • SharePoint の管理者

  • Skype for Business の管理者

  • レポート閲覧者

詳しくは、「Office 365 の管理者ロールについて」および「Office 365 で管理者ロールを割り当てる」をご覧ください。

Office 365 管理センターで利用可能なアクティビティ レポート

Office 365 のサブスクリプションに応じて、以下のレポートを利用できます。

ライセンス情報を表示する方法

  • 割り当て済みおよび未割り当てのライセンスの数を表示するには、Office 365 管理センターで、[課金]、[ライセンス] の順に移動します。

  • ライセンスのあるユーザー、ライセンスのないユーザー、またはゲストを表示するには、[ユーザー]、[アクティブなユーザー] の順に移動します。[表示] ドロップダウン ボックスを使って、リストをフィルター処理します。

    ドロップダウン ボックスを選び、ユーザーのリストをフィルター処理します。

特定のユーザーの使用状況の情報を表示する方法

特定のユーザーがどの程度サービスを使用しているかを調べるには、サービス レポートを使います。たとえば、特定のユーザーが使っているメールボックス記憶域の量を確認するには、メールボックスの利用状況レポートを開き、ユーザーを名前で並べ替えます。ユーザーが何千人もいる場合は、レポートを Excel にエクスポートすると、一覧をすばやくフィルター処理できます。

フィルターを使って、ユーザーのリストを並べ替えます。

ユーザーのアカウントを入力してから、ユーザーが使っているサービスとその量の一覧を取得すると、レポートを生成できません。

レポートでユーザーの詳細を非表示にする

レポートを生成するときに、ユーザー レベルの情報を非表示にする場合は、Office 365 管理センターで簡単に変更することができます。

  1. Office 365 管理センターの [サービスとアドイン] に移動します

    Office 365 の[サービスとアドイン] に移動
  2. [レポート] を選択します

    Office 365 でレポートの特定のユーザー データを非表示にする
  3. トグルを [オン] に切り替えて [保存] します。

    Office 365 のレポート - トグルをオンに切り替えて、特定のユーザー データを非表示にする

ユーザー リストは次のように表示されます。

Office 365 のレポート - 匿名ユーザー リスト

レポート ダッシュボードのレポートで変更が有効になるまで数分かかります。 この設定は、レポートの API にも適用されます。

関連項目

Office 365 セキュリティ/コンプライアンス センターでのレポート

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×