Office 365 管理センターに Office アドインを展開する

Office アドインは、ドキュメントをカスタマイズしたり、Web 上の情報にアクセスする方法を効率化したりする際に役立ちます (「Office アドインの使用を開始する」を参照)。Office 365 管理者は、組織のユーザーに Office アドインを展開できます。この操作を行うには、Office 365 管理センターの一元展開機能を使用します。

アドインを組織内のユーザーおよびグループに展開する方法として、一元展開をおすすめします。ほとんどの管理者に優れた機能が提供されます。組織が一元展開をサポートできるかどうかを判断する方法の詳細については、「アドインの一元展開が Office 365 組織で動作するかどうかを判断する」を参照してください。

一元展開には、次のような利点があります。

  • 管理者は、アドインをユーザーに直接割り当てたり、グループ経由で複数のユーザーに割り当てたり、テナントのユーザー全員に割り当てたりすることができます。

  • 関連する Office アプリケーションを起動すると、ユーザーのアドインが自動的にダウンロードされます。アドインがアドイン コマンドをサポートしている場合、アドインは、Office アプリケーション内のリボンに自動的に表示されます。

  • 管理者がアドインをオフまたは削除した場合や、ユーザーが Azure Active Directory またはアドインが割り当てられているグループから削除された場合は、ユーザーにアドインは表示されなくなります。

注: SharePoint アプリ カタログを使用して、オンプレミス環境でユーザーにアドインを展開します。Office 365 に接続する必要はありませんが、SharePoint アドインをサポートしている必要があります。

Office アドインを展開する際に推奨される方法

アドインがスムーズに展開されるように、段階的なアプローチで、アドインをロールアウトすることをご検討ください。Microsoft では、次の方法をおすすめします。

  1. ビジネス内での利害関係者の小グループや IT 部門のメンバーを対象に、アドインをロールアウトします。展開が正常に行われたかどうかを評価して、正常に行われた場合は手順 2 に進みます。

  2. アドインを使用することになる組織内の個別ユーザーに対象を広げて、アドインをロールアウトします。ここでも結果を評価して、すべて順調な場合は、次の手順に進み、完全に展開します。

  3. 対象ユーザーにアドインを完全にロールアウトします。

ロールアウトの手順は、対象ユーザーの規模に応じて、追加または削除することもできます。

Office 365 管理センターを使用して Office アドインを展開する

開始する前に、「アドインの一元展開が Office 365 組織で動作するかどうかを判断する」を参照してください。

  1. 職場または学校のアカウントを使用して、Office 365 にサインインします。

  2. 左上のアプリ ランチャー アイコン Office 365 アプリ起動ツール アイコン を選び、[管理] を選びます。

    ヒント: [管理者] タイルは Office 365 管理者にのみ表示されます。

  3. ナビゲーション メニューで、[設定]、[サービスとアドイン] の順に選択します。

  4. 新しい Office 365 管理センターを通知するメッセージがページ上部に表示される場合は、そのメッセージをクリックして、管理センターのプレビューに移動します (「Office 365 管理センターについて」を参照)。

  5. ページ上部の [アドインのアップロード] を選択します。

  6. [一元展開] ページで、次のオプションの中から 1 つ選択します。

    • Office ストアからアドインを追加します

    • このデバイスにマニフェスト ファイル (.xml) があります: このオプションでは、[参照] を選択して、使用するマニフェスト ファイル (.xml) を指定します。

    • マニフェスト ファイルの URL がわかります: このオプションでは、所定のフィールドに URL を入力します。

    一元展開で [新規アドイン] ダイアログを示すスクリーンショット。オプションは、Office ストアからアドインの追加、マニフェスト ファイルの閲覧、マニフェスト ファイルの URL の入力を行うために利用できます。

    注: 現時点では、Word アドイン、Excel アドイン、および PowerPoint アドインのアップロードのみがサポートされています。Outlook のサポートは近日公開されます。

  7. [次へ] を選びます。

  8. Office ストアからアドインを追加するオプションを選択した場合、[アドインの選択] を使用して、アドインを選択できるようになりました。[あなたへのおすすめ]、[評価]、[名前] のカテゴリから、利用可能なアドインを表示することができます。無料のアドインのみを Office ストアから追加できます。現在、有料アドインはサポートされていません。

    注: Office ストアのオプションを使用すると、ユーザーはアドインの更新と機能強化を自動的に取得できます。管理者が行う操作はありません。

    Office ストアで [アドインの選択] ダイアログを示すスクリーンショット。利用可能なアドインを示すドロップダウン コントロールに、[あなたへのおすすめ]、[評価]、[名前] のカテゴリが表示されています。
  9. これでアドインが有効になりました。次のスクリーンショットで示されている Power BI タイルのアドインと同様に、アドインのページで、状態が [オン] になっています。[アクセス許可があるユーザー] で、[編集] を選択して、アドインの展開を行うユーザーを指定します。

    注: 既定では、管理者がユーザーまたはグループを指定しない限り、アドインを展開できるユーザーはいません。

    ヒント: アドインに適用されるその他の状態については、このトピックの後半の「アドインの状態」を参照してください。

    Power BI タイルのアドインで、一元展開のページを示すスクリーンショット。[アクセスできるユーザー] というラベルが付けられたフィールドで、値が [現在割り当てなし] で、カールソールが [編集] をポイントしています。
  10. [アクセス許可のあるユーザーの編集] ページで、[すべてのユーザー] または [特定のユーザーまたはグループ] のいずれかを選択します。[検索] ボックスを使用して、アドインを展開するユーザーやグループを検索します。

    Power BI タイルのアドインで、[アクセスできるユーザーの編集] ページを示すスクリーンショット。選択するオプションは、[すべてのユーザー] または [特定のユーザー/グループ] です。ユーザーまたはグループを指定するには、[検索] ボックスを使用します。
  11. 完了したら、[保存] を選択し、アドインの設定を確認して、[閉じる] を選択します。

    Office 365 の他のアプリと共にアドインが表示されるようになります。

    Office 365 管理センターで展開されたアドイン

アドインが使用できるようになったことを知ってもらうため、アドインを展開したことをユーザーとグループに伝えることをおすすめします。アドインの利用できる時期やその利用方法、アドインの使用により、業務がよりはかどることをメールに記載して、ユーザーに送信することを検討してください。他にも、アドインで問題が発生した場合に役立つように、関連するヘルプ コンテンツや、よくある質問へのリンクを含めます。

ユーザーやグループにアドインを割り当てる時期を検討する

管理者は、すべてのユーザー、または特定のユーザーやグループにアドインを割り当てることができます。各オプションには、次のような意味があります。

  • すべてのユーザー: 名前が示すように、このオプションでは、テナント内のすべてのユーザーにアドインが割り当てられます。対象のアドインが組織全体で汎用な場合にのみ、このオプションを慎重に使用します。

  • ユーザー: 管理者が個別ユーザーにアドインを割り当て、新しいユーザーにそのアドインを展開する場合、最初に新しいユーザーを追加する必要があります。ユーザーを削除する場合も同じです。

  • グループ: グループにアドインを割り当てる場合、グループに追加されたユーザーには、自動的にアドインが割り当てられます。また、ユーザーがグループから削除されると、そのユーザーはアドインへのアクセス権を失います。どちらの場合でも、管理者には追加の操作は必要ありません。

組織に適したオプションは、構成に応じて異なります。ただし、割り当てはグループ経由で行うことをお勧めします。管理者として、割り当てるたびにユーザーを変更するよりも、グループを使用してアドインを管理し、グループのメンバーシップを制御する方が簡単なためです。一方、ごく少数のユーザーにのみアクセス権を付与したい場合は、指定したユーザーにだけ割り当てるようにします。このような場合は、割り当てられているユーザーを手動で管理する必要があります。

アドインの状態

次の表では、アドインに適用される状態について説明します。

状態

状態が発生する原因

影響

アクティブ

管理者がアドインをアップロードして、ユーザーやグループに割り当てています。

アドインを割り当てられたユーザーやグループは、関連するクライアントでアドインを表示します。

オフ

管理者がアドインをオフにしました。

アドインを割り当てられたユーザーやグループは、そのアドインにアクセスできません。

アドインの状態が [アクティブ] に変更されると、ユーザーやグループはもう一度アクセスできるようになります。

削除済み

管理者がアドインを削除しました。

アドインを割り当てられたユーザーやグループは、そのアドインにアクセスできません。

今後アドインを使用しない場合は、削除することを検討してください。1 年のうち特定期間のみアドインを使用する場合は、オフにするのも一案です。

Office アドインのセキュリティ

Office アドインに結合されている XML マニフェスト ファイルは、アドインに関する一部のメタデータを含んでいますが、最も重要なのは、すべてのコードとロジックを含む Web アプリケーションを参照していることです。アドインにはさまざまな機能があります。たとえば、アドインでは次のことができます。

  • データを表示する。

  • ユーザーのドキュメントを読み取ってコンテキスト サービスを提供する。

  • ユーザーのドキュメントのデータを読み書きして、そのユーザーに価値を提供する。

Office アドインの種類と機能の詳細については、「Office アドイン プラットフォームの概要」をご覧ください (特に「Office アドインの構造」セクション)。

ユーザーのドキュメントを操作するため、アドインはマニフェストで必要なアクセス許可を宣言する必要があります。5 レベルの JavaScript API アクセス許可モデルが、タスク ウィンドウ アドインのユーザーにプライバシーとセキュリティの基礎を提供します。Office ストア 内のアドインの多くは ReadWriteDocument レベルで、ほとんどすべてのアドインは少なくとも ReadDocument レベルをサポートします。アクセス許可レベルの詳細については、「コンテンツとタスク ウィンドウ アドインでの API 使用のアクセス許可の要求」をご覧ください。

マニフェストを更新するとき、一般的に変更されるのはアドインのアイコンとテキストです。場合によっては、アドイン コマンドが変更されます。ただし、アドインのアクセス許可は変更されません。アドインのすべてのコードとロジックが実行される Web アプリケーションは、Web アプリケーションの性質上、いつでも変更される可能性があります。

アドインの更新は次のように発生します。

  • 基幹業務アドイン:この場合は、管理者が明示的にマニフェストをアップロードすると、アドインは管理者がメタデータの変更をサポートする新しいマニフェスト ファイルをアップロードすることを要求します。次に関連する Office アプリケーションが起動すると、アドインが更新されます。Web アプリケーションはいつでも変更できます。

  • Office ストア アドイン:管理者が Office ストア からアドインを選択した場合、アドインが Office ストア で更新されると、そのアドインは後で一元展開で更新されます。次に関連する Office アプリケーションが起動すると、アドインが更新されます。Web アプリケーションはいつでも変更できます。

アドインを使用したエンド ユーザーの操作環境

アドインの展開が完了すると、エンド ユーザーは Office アプリケーションでアドインを使い始めることができます (「Office アドインの使用を開始する」を参照)。アドインは、アドインをサポートしているすべてのプラットフォームで表示されます。

アドインがアドイン コマンドをサポートする場合、そのコマンドは Office のリボンに表示されます。次の例では、[引用の検索] コマンドが [引用] アドインで表示されています。

[引用] アドインで [引用の検索] コマンドが強調表示されている Office リボンの一部を示すスクリーンショット。

展開されているアドインがアドイン コマンドをサポートしていない場合や、展開されているすべてのアドインを表示する場合は、[マイ アドイン] で表示できます。

  1. Word 2016、Excel 2016、または PowerPoint 2016 で、[挿入]、[個人用アドイン] の順に選択します。

  2. Office アドイン ウィンドウの [管理による管理者] タブを選択します。

  3. 前に展開したアドインをダブルクリックします (この例では [引用])。

    Office アプリケーションで、Office アドイン ページの [管理する管理者] タブを示すスクリーンショット。[引用] アドインがタブに表示されています。

詳細情報

Office アドインの作成と構築の詳細情報を表示します。

一元展開 PowerShell コマンドレットを使用してアドインを管理する

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×