Office 365 管理センターで Rights Management (RMS) をアクティブにする

このトピックでは、Office 365 で RMS を有効にして使用する方法を説明しているトピックを紹介します。

Office 365 アプリケーションおよびサービスの Information Rights Management (IRM) 機能を使用するためには、Rights Management サービス (RMS) をアクティブにする必要があります。 RMS をアクティブにすると、組織は Azure RMS を使って重要なドキュメントやメールの保護を開始できます。 この情報保護ソリューションを使うと、すべてのファイル タイプを保護し、クライアント アプリケーション (Excel、Microsoft Word など)、Exchange Online と SharePoint Online、サーバー (Microsoft Exchange、Microsoft SharePoint など) を統合できるようになります。

ヒント: Rights Management が必要かどうかが不明な場合は、組織に 1 つ以上のビジネス上の問題または要件があるかどうかをチェックし、いくつかのRights Management の動作の例を確認します。

RMS の詳細については、以下のリンクを利用してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×