Office 365 向けの Office 2016 の新しい機能と改善された機能

Office 365 のユーザーには、新機能や改善された機能が常に提供されます。このページでは、現時点で利用可能な機能や今後利用可能になる機能を紹介します。Office 365 は使用していないが Office 2016 をご使用の場合は、現在使っているバージョンで利用可能な機能をこちらで確認できます。サブスクリプションが必要な場合は、自分に合ったオプションを確認してください。

Office やアプリを使うのが初めての場合は、「Office 2016 クイック スタート ガイド」を参照してください。Office 2016 にアップグレードすべき理由については、このビデオをご覧ください。

Office のアプリとサービスの使用の詳細については、Office トレーニング センターを参照してください。一般法人のお客様と家庭向けのお客様のどちらも、多数の無料コース (ほとんどがビデオ付き) をご利用いただけます。また、LinkedIn ラーニングと共同で作成された新しいコースを検索したり、4,000 以上のビデオ コース ライブラリを無制限で使用したりすることもできます。ExcelOutlookPowerPoint、および Word の各トレーニングをご確認ください。

Office 2016 のインストールが必要な場合について説明します。 Office 365 Solo のサブスクリプションを購入しているユーザーで、Office 2016 へアップグレードする方法については、こちらを参照してください。 一般法人向け Office 365 のサブスクリプションを購入しているユーザーで、新しい Office 2016 アプリを入手する方法については、こちらを参照してください。

新機能をいち早く試してみたい場合、 Office 365 Solo のユーザーであれば、Office Insider になることができます。

Office 2016 for Mac の新機能については、「Office 2016 for Mac の新機能と改善点」を参照してください。

2016 年 12 月の主な更新内容 *

以下の表に、今月追加される機能の一部をまとめました。すべての更新点や変更点を確認したい場合は、こちらのページを参照してください。以下に説明する機能を含む最新機能を入手する方法の詳細については、こちらのページを参照してください。

* Insider 限定

共有ファイル内の変更の表示と復元

Word、Excel、PowerPoint

共有の文書、ブック、プレゼンテーションに変更を加えたユーザーをすばやく表示し、以前のバージョンに簡単に復元します。

オブジェクトの簡単な選択と操作

Excel

オブジェクトのサイズ変更、回転、ハンドル移動の際に Surface ペンを使用できるだけでなく、リボンにアクセスせずにペン ボタンでインク ストロークをなげなわ選択することもできます。

クローズド キャプションと複数のオーディオ トラック

PowerPoint

クローズド キャプションまたは複数のオーディオ トラックが含まれるビデオがスライドに組み込まれている場合は、そのようなトラックをスライド ショーで再生できます。

新しくなったデータ変換と改良された接続

Excel

パーセンテージ データ型がサポートされるようになり、バイナリ結合と関数オーサリング エクスペリエンスが強化されました。

ユーザー補助機能の組み込み

Visio

キーボードやナレーターなどの支援技術のサポートが向上し、図形の操作や、その他の編集がしやすくなりました。

iPad および iPhone 版 Visio Viewer

Visio

外出先でも iPad や iPhone 上で高性能な Visio 図面を表示できます。ここからアプリをダウンロードしてください。

下のアイコンをクリックして、各アプリの最新情報を確認してください。

Access Excel OneNote Outlook PowerPoint Project Visio Word

注: 職場で Office 2016 を使用している場合、上記の機能が利用可能になるかどうかは、各組織の更新ポリシーによって異なります。

2016 年 11 月の主な更新内容

以下の表に、今月追加される機能の一部をまとめました。すべての更新点や変更点を確認したい場合は、こちらのページを参照してください。以下に説明する機能を含む最新機能を入手する方法の詳細については、こちらのページを参照してください。次のビデオでも今月の新機能を紹介しています。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

データのマップへの変換

Excel

新しいグラフの種類であるマップを使用すると、わずかな手順で地理データからプロフェッショナルな視覚エフェクトを作り出せるようになり、有益な情報、トレンド、機会を特定することができます。

マップのグラフの作成方法についてご確認ください。

他のユーザーとリアルタイムで編集作業

PowerPoint

他のユーザーが作業した場所を確認し、入力が行われているときに変更箇所を表示できます。

PowerPoint プレゼンテーションでの共同作業の詳細については、こちらを参照してください。

学習ツールによる読み上げの向上

Word

閲覧モードの新しいコマンドにより、文書を読み上げるときに文字間隔の調整、音節間の区切りの表示、各単語の強調表示が行われるため、読み上げのスキルが大幅に向上しました。

学習ツールの詳細については、こちらを参照してください。

ユーザー補助機能の組み込み

Word、Excel、PowerPoint、Project

キーボード、ナレーター、その他の支援技術を使用して、文書、ブック、プレゼンテーション、プロジェクトの読み上げと編集を行うためのサポートが改善されています。

WordExcel、および PowerPoint でのアクセシビリティの新機能についてご確認ください。

アイコンの挿入と編集

Word、Excel、PowerPoint、Outlook

500 種類のアイコンのいずれかを挿入および編集して、文書に視覚的なインパクトを与えることができます。

詳細については、「アイコンを挿入する」およびこちらのビデオをご覧ください。

SVG 画像を使用する

Word、Excel、PowerPoint、Outlook

スケーラブル ベクター グラフィックス (SVG) を文書、ブック、プレゼンテーション、メールに挿入して編集し、スマートで良質のデザインのコンテンツを作成します。専門のソフトウェアは必要ありません。

SVG 画像を挿入する詳細についてご確認ください。

最近使用したフォルダーのクイック検索

Word、Excel、PowerPoint

[上書き保存] または [名前を付けて保存] の [最近使ったもの] タブを使用して、文書、ブック、プレゼンテーションを最近使用したフォルダーに保存することができます。

ファイルの保存の詳細については、こちらを参照してください。

自分と共有

Word、Excel、PowerPoint

他のユーザーがあなたと共有しているドキュメントが表示されます。

他のユーザーが自分と共有しているファイルを参照する方法については、こちらを参照してください。

オブジェクトの簡単な選択と操作

PowerPoint

オブジェクトのサイズ変更、回転、ハンドル移動の際に Surface ペンを使用できるだけでなく、リボンにアクセスせずにペン ボタンでインク ストロークをなげなわ選択することもできます。

インクを使用した描画および注釈の詳細については、こちらを参照してください。

正確なインク図形の作成

PowerPoint

セグメント消しゴムをドラッグして、余分なインクを最も近い行まで削除することができます。

タイムラインでの進行状況の表示

Project

タイムライン ビューのチェック マークと色付きの進行状況バーで、各タスクの進行状況がわかります。

タイムラインを作成する方法の詳細については、こちらを参照してください。

タイムラインのラベル付け

Project

タイムライン バーを区別するため、ラベルを使用して、わかりやすい名前を付けることができます。

タイムラインを作成する方法の詳細については、こちらを参照してください。

自分の携帯電話とタブレットで Outlook が使用可能に

Outlook

使い慣れた Outlook が、モバイル デバイスで利用できるようになりました。ここからダウンロードしてください。

Visio オンライン プレビュー

Visio

SharePoint Online または OneDrive for Business のデータ接続を使用して、Visio 図面 (.vsdx) を同僚やパートナーと Web ブラウザーで共有できるようになりました。詳細については、こちらを参照してください。

下のアイコンをクリックして、各アプリの最新情報を確認してください。

Access Excel OneNote Outlook PowerPoint Project Visio Word

注: 職場で Office 2016 を使用している場合、上記の機能が利用可能になるかどうかは、各組織の更新ポリシーによって異なります。

2016 年 10 月の主な更新内容

以下の表に、今月追加される機能の一部をまとめました。すべての更新点や変更点を確認したい場合は、こちらのページを参照してください。以下に説明する機能を含む最新機能を入手する方法の詳細については、こちらのページを参照してください。次のビデオでも今月の新機能を紹介しています。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

自然なジェスチャで編集する

Word

丸で囲んで選択したり、バツを描いて削除したりして、ドキュメントに変更を加えます。

自然なジェスチャを使用して文書を編集する方法の詳細をご確認ください。

最初の下書きをさらに簡単に #

Word

リサーチ ツールを使用すると、関連する引用文、引用文献、画像など、すべてを Word から移動せずに探すことができます。

Word 内で研究論文のリサーチを行う方法の詳細についてご確認ください。

# 英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語、日本語でのみご利用になれます。

新しいデジタル ライティング アシスタント ##

Word

新しい視覚的なヒントと候補を表示する、エディターにご注目ください。これはインテリジェントな組み込みのサービスで、高度なコンテキスト型の文書校正により、より良い文章を書くことができます。

エディター - 文章作成のアシスタント」の詳細についてご確認ください。

## 今すぐエディターを使用するには、校正言語を英語に設定する必要があります (その他の言語については近日中にサポートされる予定です)。また、この機能は今後数週に渡って段階的に展開されるため、すぐに使用できない可能性もあります。

旅行や荷物配達の予定をお知らせ

Outlook

受信トレイに、旅行の予約や荷物配達の概要を表示し、予定表に自動的に追加します。

旅程や荷物の配送日を自動的に予定表に追加する詳細についてご確認ください。

SVG 画像を使用する *

Word、Excel、PowerPoint、Outlook

スケーラブル ベクター グラフィックス (SVG) を文書、ブック、プレゼンテーション、メールに挿入して編集し、スマートで良質のデザインのコンテンツを作成します。専門のソフトウェアは必要ありません。

SVG 画像を挿入する詳細についてご確認ください。

* Insider 限定

データ変換と改良された接続

Excel

OData ソースからデータを読み込むときに、関連テーブルを選択してインポートし、関数の計算からの値を持つカスタム列を追加したり、専用のビューを使用してクエリ間の依存関係を表示したりできるようになりました。

サード パーティ製のコンテンツの簡単な検索

Visio

厳選されたサードパーティ コンテンツ プロバイダーから、新しいテンプレートやサンプル図面を選択および検索して利用できるようになりました。

インクの再生

Word および Excel

手書き入力を前方や後方に再生して、内容を表示したり非表示にしたりできます。順を追って説明したり、他のユーザーの考えの流れをわかりやすく示したりできます。

インク ストロークを再生する詳細についてご確認ください。

フィードバック機能

Project

新機能のご提案、ご感想をお寄せください。また、動作しない機能について報告することもできます。[ファイル]、[フィードバック] の順に移動します。

CSV (UTF-8) のサポート

Excel

ご要望にお応えして、UTF-8 文字エンコードを使用した CSV ファイルを保存して開けるようになりました。また英語以外のデータを含むファイルでの操作がより快適になり、他のアプリケーションへのデータの移動も簡単になりました。

自分と共有

Word、Excel、PowerPoint

他のユーザーがあなたと共有しているドキュメントが表示されます。

他のユーザーが自分と共有しているファイルを参照する方法については、こちらを参照してください。

図形認識

Word

描画を図形に自動的に変換できます。

インクを図形に変換する詳細についてご確認ください。

下のアイコンをクリックして、各アプリの最新情報を確認してください。

Access Excel OneNote Outlook PowerPoint Project Visio Word

注: 職場で Office 2016 を使用している場合、上記の機能が利用可能になるかどうかは、各組織の更新ポリシーによって異なります。

2016 年 9 月の主な更新内容

以下の表に、今月追加される機能の一部をまとめました。すべての更新点や変更点を確認したい場合は、こちらのページを参照してください。以下に説明する機能を含む最新機能を入手する方法の詳細については、こちらのページを参照してください。次のビデオでも今月の新機能を紹介しています。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

コンテンツを検索して再利用する ^

Word および Outlook の場合

[挿入] をタップして、[ドキュメント アイテム] を選択して、組織の関連ドキュメントからコンテンツを探して再利用します。

詳細については、「Word を開いたまま、必要に応じて目的のコンテンツを検索し、再利用する」を参照してください。

^ Office 365 SKU の Business Premium、E3、E5 のいずれかが必要です。

優れた録画

PowerPoint

録画されたスライド、画面録画、挿入されたビデオから構成されるプレゼンテーションを作成して、その記録されたコンテンツを共有してリモートから表示できます。またリモートでの学習を支援するためのクイズを埋め込んだり、プレゼンテーションをより対話的に作成したり、インクの色を変更したり、簡単なコントロールを使用してナレーションやオーディオを録音したりすることもできます。

スライド ショーを記録する方法についての詳細をご確認ください。

他の人の注意を引く

Outlook

メールの本文や予定表アイテムで、受信者名の前に @ 記号を含めると、受信者が入力や操作を求められていると知っていることを確認できます。また、この操作により、自動的に受信者が宛先行に追加されます。

詳細については、こちらを参照してください。

ユーザー補助機能の組み込み

Outlook

メールの読み上げ、会議のスケジュール、および署名の追加を行う際のキーボードと支援技術の操作性が更新されました。

Outlook 2016 のアクセシビリティキーボード ショートカットスクリーン リーダーの使用についての詳細をご確認ください。

デザイナーで外観を整える

PowerPoint

デザイナーを使用して、箇条書きのプロセス リストをワンクリックでインパクトのある外観にしましょう。デザイナーのオプションはユーザーのスライド用にカスタマイズされます。

PowerPoint デザイナーの詳細と使用方法については、こちらを参照してください。

インクの再生

PowerPoint

手書き入力を前方や後方に再生して、内容を表示したり非表示にしたりできます。順を追って説明したり、他のユーザーの考えの流れをわかりやすく示したりできます。

インク ストロークの再生についての詳細をご確認ください。

新しくなったデータ変換と改良された接続

Excel

クエリにパラメーターを追加するか、または [結合] または [追加] 操作から新しいクエリを作成することができます。Web ページをプレビューで表示するための Web コネクタもご活用ください。

ご連絡をお待ちしております。

Access、Excel、PowerPoint、Project、Publisher、OneNote、Outlook、Visio、Word

新機能のご提案、ご感想をお寄せください。また、動作しない機能について報告することもできます。[ファイル]、[フィードバック] の順に移動します。

操作アシストを使用してテキストの色をすばやく変更する

Word、Excel、PowerPoint、Outlook

[操作アシスト] ボックスで色の変更を要求すると、必要なコマンドが検索されます。後は自分で確認するだけです。

操作アシストを使用してすばやく色を変更する方法の詳細をご確認ください。

下のアイコンをクリックして、各アプリの最新情報を確認してください。

Access Excel OneNote Outlook PowerPoint Project Visio Word

注: 職場で Office 2016 を使用している場合、上記の機能が利用可能になるかどうかは、各組織の更新ポリシーによって異なります。

2016 年 8 月の主な更新内容

以下の表に、今月追加される機能の一部をまとめました。すべての更新点や変更点を確認したい場合は、こちらのページを参照してください。以下に説明する機能を含む最新機能を入手する方法の詳細については、こちらのページを参照してください。次のビデオでも今月の新機能を紹介しています。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

必要なときに必要なサポートを受ける

Word、Excel、PowerPoint、Outlook

[操作アシスト] ボックスに質問を入力して、アプリ内で適切な回答を見つけましょう。検索、コンテンツ、推奨事項が改善されました。

Insider Fast プログラムの概要

Word、Excel、PowerPoint、Outlook

新機能や改善された機能をすばやく入手しませんか?Office Insider プログラムに参加すれば、選択したレベル (Slow または Fast) で Insider ビルドに更新されます。

Windows デスクトップの Insider プログラムに参加する方法については、こちらを参照してください。

添付された写真のミニ プレビュー

Outlook

メールに写真が添付されている場合、Outlook のメッセージで写真の小さいプレビューが表示されます。

メールにファイルを添付する方法については、こちらを参照してください。

クエリを更新しても、レイアウトを維持

Excel

[取得と変換] を使用してインポートされたデータの形式と集計列が、クエリが更新された後も維持されるようになりました。

下のアイコンをクリックして、各アプリの最新情報を確認してください。

Access Excel OneNote Outlook PowerPoint Project Visio Word

注: 職場で Office 2016 を使用している場合、上記の機能が利用可能になるかどうかは、各組織の更新ポリシーによって異なります。

2016 年 7 月の主な更新内容

以下の表に、今月追加される機能の一部をまとめました。すべての更新点や変更点を確認したい場合は、こちらのページを参照してください。以下に説明する機能を含む最新機能を入手する方法の詳細については、こちらのページを参照してください。次のビデオでも今月の新機能を紹介しています。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

プレゼンテーションを生き生きとしたものに

PowerPoint

[ズーム] を使用することで、自動ナビゲーション リンクが設定された対話型のプレゼンテーション サマリーを作成できるようになりました。

[ズーム] を使用して生き生きとした PowerPoint のプレゼンテーションを作成する方法の詳細については、こちらを参照してください。

最初の下書きをさらに簡単に

Word

リサーチ ツールを使用すると、関連する引用文、引用文献、画像などを Word から移動せずに探すことができます。

詳細については、リサーチ ツールのページを参照してください。

アイデアがある場合

Outlook

今後、実装してほしい機能についてアイデアがある場合、Outlook から提案したり、他のユーザーの意見に投票したりできるようになりました。[ファイル]、[フィードバック]、[サービスの提案] の順にクリックしてください。

削除済みアイテムの復元

Outlook

ご要望にお応えして、削除済みアイテム フォルダーに既に存在しない削除済みアイテムの復元が簡単になりました。削除済みアイテム フォルダーの検索ボックスで [削除済みアイテムをフォルダーから復元] リンクをクリックし、復元するアイテムを選択して、[OK] をクリックするだけです。

詳細については、こちら参照してください。

UML (統一モデリング言語) のテンプレート

Visio

新しい UML 2.5 に準拠した “コンポーネント”、”通信”、”展開” のテンプレートを使用できます。

UML コンポーネント図UML コミュニケーション図、および UML 展開図の作成の詳細については、各ページを参照してください。

新しくなったデータ変換と改良された接続

Excel

改良は続いています! ブックを異なる環境に移行したり、行のフィルタリングのために 2 つ以上の句をグループ化したりできるようになりました。また、[日付/時刻] や [文字列] 操作の性能がさらに向上し、[クエリ エディター] ウィンドウ内でデータ変換をドキュメント化することもできます。

下のアイコンをクリックして、各アプリの最新情報を確認してください。

Access Excel OneNote Outlook PowerPoint Project Visio Word

注: 職場で Office 2016 を使用している場合、上記の機能が利用可能になるかどうかは、各組織の更新ポリシーによって異なります。

2016 年 6 月の主な更新内容

以下の表に、今月追加される機能の一部をまとめました。すべての更新点や変更点を確認したい場合は、こちらのページを参照してください。以下に説明する機能を含む最新機能を入手する方法の詳細については、こちらのページを参照してください。次のビデオでも今月の新機能を紹介しています。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

テキスト用蛍光ペン

PowerPoint

新しいテキスト用蛍光ペンを使って重要な情報を選択できます。

詳細については、「テキストを強調表示する」を参照してください。

より高速なピボットテーブル

Excel

OLAP 接続を使ってピボットテーブルを作成、編集、更新した場合のデータの流れを確認できます。

図形認識

Excel

描画を図形に自動的に変換できます。

詳細については、「[描画] タブを使ってインクを図形に変換する」を参照してください。

新規のデータ ソースからデータをインポートする

Excel

SharePoint Online、Exchange、SAP HANA のコネクタを含む新しいオンライン サービスのカテゴリからオプションを使用して、クエリを作成できます。

新たに拡張されたデータ収集と図形の機能についての詳細情報を参照してください。

新しく改良されたデータ変換

Excel

期間値の年への変換、クエリ エディターのプレビューでの空白文字と改行のサポート、[クエリ] ウィンドウからの直接のクエリ名の変更など、新しく改良されたデータ変換機能を利用できます。

強化された機能の詳細については、こちらを参照してください。

取得と変換の改良

Excel

改良は続いています! たとえば、ジャグ配列の CSV ファイルを簡単に検出したり、[列の選択] ビルダーを使用してアルファベット順で列を並べ替えたり、背景でダウンロードするデータのプレビューを無効にして、パフォーマンスを向上することができます。

強化された機能の詳細については、こちらを参照してください。

特定のアプリの新機能については、以下のアイコンをクリックしてください。

Access Excel OneNote Outlook PowerPoint Project Visio Word

注: 職場で Office 2016 を使用している場合、上記の機能が利用可能になるかどうかは、各組織の更新ポリシーによって異なります。

2016 年 5 月の主な更新内容

以下の表に、今月追加される機能の一部をまとめました。リンクをクリックすると、改善された機能や追加された機能の活用に役立つコンテンツが表示されます。すべての更新点や変更点を確認したい場合は、こちらのページを参照してください。以下に説明する機能を含む最新機能を入手する方法の詳細については、こちらのページを参照してください。下のビデオでは、今月の更新内容を視覚的に紹介しています。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

AutoCAD のサポート

Visio

Visio の AutoCAD 2010 および 2013 のファイルを、高速かつ確実にインポートできます。図形と要素を追加したり、お使いのレイアウトとデザインにその他のデータを重ねて配置することもできます。この機能により、施設とスペースの管理が大いにはかどります。

AutoCAD 図面の使い方の詳細については、こちらを参照してください。

いつでもメッセージを送信する

Skype for Business

Skype for Business でメッセージを送信するときは、他のユーザーがオンラインになるまで待機する必要はありません。オフラインのユーザーにメッセージを送信しても、「このメッセージを配信できません」という通知は表示されなくなりました。

オフラインメッセージの使用についての詳細情報を参照してください。

効率的なオンライン会議

Skype for Business

Outlook でオンライン会議をセットアップするときに、事前に添付ファイルを読み込んでおき、メンバーが参加するとすぐに会議を開始します。

会議で使用する添付ファイルの事前読み込みについての詳細情報

下のアイコンをクリックして、各アプリの最新情報を確認してください。

Access Excel OneNote Outlook PowerPoint Project Visio Word

注: 職場で Office 2016 を使用している場合、上記の機能が利用可能になるかどうかは、各組織の更新ポリシーによって異なります。

2016 年 4 月の主な更新内容

以下の表に、今月追加される機能の一部をまとめました。リンクをクリックすると、改善された機能や追加された機能の活用に役立つコンテンツが表示されます。すべての更新点や変更点を確認したい場合は、こちらのページを参照してください。以下に説明する機能を含む最新機能を入手する方法の詳細については、こちらのページを参照してください。下のビデオでは、今月の更新内容を視覚的に紹介しています。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

共同作業が簡単に

Word、PowerPoint

他のユーザーとの共同作業が、いちだんと簡単にできるようになりました。ファイルを共有して共同編集し、コメントを追加できるだけでなく、作業仲間とのチャットも可能です。さらに、作業中のドキュメントの以前のバージョンを確認して、必要であれば以前のバージョンに戻すこともできます。

WordPowerPoint で簡単に共同編集する方法について確認してください。

下のアイコンをクリックして、各アプリの最新情報を確認してください。

Access Excel OneNote Outlook PowerPoint Project Visio Word

注: 職場で Office 2016 を使用している場合、上記の機能が利用可能になるかどうかは、各組織の更新ポリシーによって異なります。

2016 年 3 月の主な更新内容

以下の表に、今月追加される機能の一部をまとめました。リンクをクリックすると、改善された機能や追加された機能の活用に役立つコンテンツが表示されます。すべての更新点や変更点を確認したい場合は、こちらのページを参照してください。以下に説明する機能を含む最新機能を入手する方法の詳細については、こちらのページを参照してください。下のビデオでは、今月の更新内容を視覚的に紹介しています。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

Power Query の機能強化

Excel

Power Query は、さまざまなソースにわたるデータを直感的かつ一貫性のある方法で検出、結合、抽出します。また、ウィキペディアなどのソースからパブリック データを検索する機能もあります。今月は、接続機能が強化され、新しい変換機能が追加されています。

Get & Transform の詳細については、こちらをご覧ください。

写真のすばやい検索

OneDrive

[写真の検索] コマンドを使うと、写真タグやメタデータをスキャンするだけでなく、写真に表示されるテキストを抽出して検索することもできます。目的の写真を見つける別の方法として、写真内のオブジェクトも認識できるようになりました。

写真の整理と検索の詳細については、こちらをご覧ください。

ファイルとフォルダーの簡単な共有

OneDrive

ファイルやフォルダーは、簡単かつ単純なプロセスで共有できる必要があります。プロセスを簡素化するため、使いやすい 2 つのオプションを用意しました。リンクの取得とメールです。

OneDrive でのファイルとフォルダーの共有の詳細については、こちらご覧ください。

下のアイコンをクリックして、各アプリの最新情報を確認してください。

Access Excel OneNote Outlook PowerPoint Project Visio Word

注: 職場で Office 2016 を使用している場合、上記の機能が利用可能になるかどうかは、各組織の更新ポリシーによって異なります。

2016 年 2 月の主な更新内容

以下の表に、今月追加される機能の一部をまとめました。リンクをクリックすると、改善された機能や追加された機能の活用に役立つコンテンツが表示されます。すべての更新点や変更点を確認したい場合は、こちらのページを参照してください。以下に説明する機能を含む最新機能を入手する方法の詳細については、こちらのページを参照してください。下のビデオでは、今月の更新内容を視覚的に紹介しています。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

アーカイブと整理

Outlook

アイテムが失われる心配をせずに受信トレイを整理できます。受信トレイまたはその他のフォルダーのアイテムをアーカイブ フォルダーにすばやく移動できるようになりました。移動後も、アーカイブしたアイテムは引き続きアクセスすることができ、元の場所に簡単に復元することができます。

メッセージのアーカイブの詳細については、こちらをご覧ください。

グループによる共同作業の簡易化

Outlook

グループを利用すると、メール、ディスカッション、イベントなど、プロジェクトやチームのすべての情報を 1 つの共有の場所に保存できるので、他のユーザーとの共同作業とコミュニケーションが簡単になります。Outlook から直接、グループの参照、参加、作成を行うことができるようになりました。また、最も頻繁に動向を確認するグループをお気に入りに追加して、簡単にアクセスできます。

グループの作成の詳細については、こちらをご覧ください。

Power BI による機能強化*

Excel

ワークシートのデータをさらに活用できるようになります。グラフ、範囲、テーブルなど、ブックのアイテムを保存して powerbi.com に発行し、ダッシュ ボード形式でそのデータを操作できるようになりました。

Excel から Power BI への発行の詳細については、こちらをご覧ください。

* Power BI のサブスクリプションが必要です

下のアイコンをクリックして、各アプリの最新情報を確認してください。

Access Excel OneNote Outlook PowerPoint Project Visio Word

注: 職場で Office 2016 を使用している場合、上記の機能が利用可能になるかどうかは、各組織の更新ポリシーによって異なります。

2016 年 1 月の主な更新内容

以下の表に、今月追加される機能の一部をまとめました。リンクをクリックすると、改善された機能や追加された機能の活用に役立つコンテンツが表示されます。すべての更新点や変更点を確認したい場合は、こちらのページを参照してください。以下に説明する機能を含む最新機能を入手する方法の詳細については、こちらのページを参照してください。下のビデオでは、今月の更新内容を視覚的に紹介しています。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

インク注釈

Word、Excel、PowerPoint

指またはペンを使用して書き込みおよび描画を行うことができます。特に重要なコンテンツを強調表示するには、新しい [描画] タブのツールを使用できます。

インクを使用した描画および注釈の詳細については、こちらを参照してください。

黒のテーマ

Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote

この新しいテーマを使用すると、画面全体を最もハイコントラストに設定して、Office アプリを操作することができます。

テーマを使用して Office 2016 アプリの外観を変更する方法の詳細については、こちらを参照してください。

新しいグラフ

Excel

じょうごグラフを使用すると、割合を段階的に減少させて、値を表示することができます。

じょうごグラフを作成する方法の詳細については、こちらを参照してください。

新しい関数

Excel

新しい IFSMAXIFSMINIFS、および SWITCH 関数を使用すると、IF 関数を入れ子にする必要がなくなります。

データ入力の簡素化

Excel

CONCAT 関数および TEXTJOIN 関数を使用すると、式をすばやく入力できます。

新しい送信オプション

Excel

ワークシートの領域を離れなくても、[共有] ウィンドウからドキュメントを添付ファイルまたは PDF ファイルとして送信できます。

ブックを他のユーザーと共有する方法の詳細については、こちらを参照してください。

数式オートコンプリート機能の向上

Excel

式の名前の一部しか覚えていない (たとえば、名前のどこかに “rand” または “value” が含まれていることしかわかっていない) 場合でも、問題ありません。Excel は、文字列の先頭から完全に一致するものだけでなく、入力されたすべての文字と部分的に一致するすべての文字列を返します。

リアルタイムのプレゼンス

PowerPoint

プレゼンテーションに対して他のユーザーと共同で作業している場合、プレゼンテーションに対して作業を行っているユーザーだけでなく、それぞれのユーザーが作業しているスライドも確認することができます。

PowerPoint プレゼンテーションでリアルタイム共同編集を使用して共同作業する方法の詳細については、こちらを参照してください。

特定の連絡先からのメールを見つけるのがさらに簡単に

Outlook

ある人からのメールを探しているときに、同じ姓の別人とも頻繁にメールをやり取りしていたことに気付いたという経験はありませんか? 相手を間違えずに選べるように、候補の連絡先の一覧では名前の横に写真も表示されるようになりました。

下のアイコンをクリックして、各アプリの最新情報を確認してください。

Access Excel OneNote Outlook PowerPoint Project Visio Word

注: 職場で Office 2016 を使用している場合、上記の機能が利用可能になるかどうかは、各組織の更新ポリシーによって異なります。

2015 年 11 月の主な更新内容

以下の表に、今月追加される機能の一部をまとめました。リンクをクリックすると、改善された機能や追加された機能の活用に役立つコンテンツが表示されます。 すべての更新点や変更点を確認したい場合は、こちらのページを参照してください。 下のビデオでは、今月の更新内容を視覚的に紹介しています。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

変形

PowerPoint

スライドがシームレスに切り替わり、プレゼンテーションに動きが加わって、コンセプトや情報をより効果的に伝えることができます。

切り替え効果 [変形] の使用方法については、こちらを参照してください。

デザイナー

PowerPoint

カスタマイズされた高品質のプレゼンテーションを作成して、重要なコンテンツの視覚効果を最大化できます。 使うたびに、デザイナーがユーザーの好みを学習し、ユーザーに合わせたおすすめの候補が表示されます。

PowerPoint デザイナーの詳細については、こちらを参照してください。

予定表インサイト テンプレート

Excel

予定表をダッシュボードとして表示し、データを詳細に分析して、自分の時間の使い方を詳しく把握し、1 日を有効活用する方法を見つけることができます。

予定表インサイト テンプレートの詳細については、こちらを参照してください。

財務関係のテンプレート

Excel

新しいテンプレートで、自分の収入、支出、支出内容を追跡したり、株式の個別銘柄の値動きについて分析や比較をすばやく行ったりすることができます。

マイ キャッシュフロー テンプレート株価分析テンプレートの詳細を確認してください。

新しい送信オプション

Word、PowerPoint

ドキュメントの [共有] から直接、ドキュメントを添付ファイルまたは PDF ファイルとして送信できます。

Word でドキュメントを共有する方法と PowerPoint でプレゼンテーションを共有する方法の詳細について確認してください。

オンライン ビデオの挿入

OneNote

オンライン ビデオを追加したり、インタラクティブなコンテンツとして使用すると、充実した内容のノートになります。

オンライン ビデオの挿入の詳細については、こちらを参照してください。

下のアイコンをクリックして、各アプリの最新情報を確認してください。

Access Excel OneNote Outlook PowerPoint Project Visio Word

注: 職場で Office 2016 を使用している場合、上記の機能が利用可能になるかどうかは、各組織の更新ポリシーによって異なります。

2015 年 9 月

共同編集

Word、PowerPoint

使っているデバイスに関係なく、1 つのドキュメントを複数のユーザーで同時に編集できます。

WordPowerPoint での共同編集の詳細を参照してください。

シンプルになった共有

Word、PowerPoint、Excel

リボンの [共有] をクリックするだけで、Office のドキュメント画面から簡単に共有できます。 ドキュメントのアクセス権を持っているユーザーや、ドキュメントを編集しているユーザーを確認することができ、所有しているドキュメントの編集権限を個々に変更することができます。

WordPowerPointExcel での共有の詳細を参照してください。

共有ノートブック

OneNote

すべての関連情報 (写真、動画、クリッピング、図面など) を 1 か所に集めて、他のユーザーと共同で編集し、アプリの同期の変更をすぐに確認できます。

OneNote ノートブックを他のユーザーと共有する方法については、こちらを参照してください

リアルタイム入力

Word

1 つのドキュメントを他のユーザーと共同で編集しているときに、他のユーザーの作業場所と編集内容をリアルタイムで確認できます。

最新の添付ファイル

Outlook

最近使った項目からドキュメントを添付すると、OneDrive または SharePoint を使って、メールの受信者とドキュメントを共有することができます。 また、すべての受信者がアプリを終了しなくても添付ファイルにアクセスできるように、共有アクセス許可を構成することもできます。

メールにファイルを添付する方法については、こちらを参照してください

メール トリアージ

Outlook

低優先メール機能はユーザーがメールに設定した優先度を学習するので、低優先メッセージを別のフォルダーに移動しやすくなります (日ごとの概要も表示されるので、情報を逃すことはありません)。 外出中でも、Focused 受信トレイでこの機能を利用することができます。

低優先メール機能を使って優先度の低いメッセージを並べ替える方法の詳細については、こちらを参照してください。

バージョン履歴の改善

Word、PowerPoint、Excel

他のユーザーと共同で編集しているときに、以前のスナップショットや旧版を参照することができます。

Office ファイルの過去のバージョンを表示する方法の詳細については、こちらを参照してください。

ワンクリック予測

Excel

1 回のクリックだけで、過去のデータに基づいて予測グラフを作成し、将来の傾向を予測できます。 この新しい機能は、業界標準の指数平滑 (ETS) アルゴリズムを使用して、信頼性の高い予測データを提供しています。

予測を作成する方法の詳細については、こちらを参照してください。

新しいグラフの種類

Word、PowerPoint、Excel

ツリーマップウォーターフォールパレート図ヒストグラム箱ひげ図サンバーストという新しいグラフを使用して、会計データや階層データを視覚化し、データの統計的性質を強調することができます。

データ ソース情報を Excel にエクスポートする

Access

リンクされているすべてのデータ ソースの一覧を、Access データベース アプリケーションから Excel に取り込んで参照することができます。

リンクされているデータ ソースの情報を Excel にエクスポートする方法の詳細については、こちらを参照してください。

より柔軟なタイムライン

Project

複数のタイムラインを活用して、作業のさまざまなフェーズやカテゴリを図で表すことができ、各タイムラインの開始日と終了日を別々に設定して、関連する作業の全体像をより明確に描くこともできます。

複数のタイムラインの作成については、こちらを参照してください。

スケジュール管理をより細かく制御

Project

リソースの予約について話し合い、限られているリソースが組織全体で適切に、また効率的に使用されるようにします。

リソースの予約については、こちらを参照してください。

改良されたデータ接続

Visio Professional

1 つの操作で図と Excel データを接続できるようになりました。 Excel の列の値と、図にある各図形のテキストが 1 対 1 で対応していると、[データ] タブの [クイック インポート] をクリックするだけで、作業が完了します。

新しい図形

Visio

多くの図形のデザインが新しくなりました。 Visio Professional では、[基本電子工学系] テンプレートに IEEE 規格に準拠した図形が追加されました。 Visio Standard では、オフィス レイアウト図形が更新されました。 また、スターター図面を利用すると、すぐに図面を作成できます。

Windows 10 との連携でさらに便利に作業

Word、PowerPoint、Excel、メール、カレンダー、OneNote

Office モバイル アプリを少し使ってみるだけで、外出中でも効率よく作業できる最適なオプションであることがわかります。 すべての Windows 10 デバイスで、場所、時間に関係なく、高い信頼性でドキュメントを編集できます。

Office テーマ

Word、PowerPoint、Excel、OneNote、Outlook、Access、Project、Visio、Publisher

自分にぴったりの Office テーマを選ぶことができます。 たとえば、濃い灰色テーマを選ぶと、目に優しいハイ コントラストな外観になります。 カラフル テーマを選ぶと、現代的で新鮮な外観になります。 ホワイト テーマを選ぶと、従来の Office の外観になります。

Office テーマを変更する方法の詳細については、こちらを参照してください。

操作アシスト

Word、PowerPoint、Excel、Outlook、Project、Visio、Access

アプリで実行したい操作を自由に入力するだけで、手順や追加のリソースを操作アシストが案内してくれます。

操作アシストで操作をすばやく行う方法の詳細については、こちらを参照してください。

スマート検索

Word、PowerPoint、Excel、Outlook

Bing を利用したスマート検索で、ドキュメント内の用語を確認または検索することができます。 ドキュメント内の用語を選択し、この機能を使用するだけで、Web の検索結果が閲覧している環境や編集している環境に表示されます。

作業中の内容を深く洞察する方法の詳細については、こちらを参照してください。

OneDrive の統合

Word、PowerPoint、Excel、OneNote、Outlook

OneDrive に Office ドキュメントを保存しておくと、場所に関係なく、どのデバイスからでもドキュメントにアクセスできます。また、必要に応じて職場、自宅、さらには外出先からでも、編集途中のドキュメントにアクセスし、他のユーザーと共同で編集できます。

ドキュメントをオンラインで保存する方法については、こちらを参照してください。

Skype の統合

Skype を使用してチェックインすることができます。インスタント メッセージ (IM)、音声、ビデオ、画面共有を使用して、他のユーザーと連携して作業することもできます。 また、Skype for Business モバイル アプリを使用して、外出中でもオンライン会議に参加することができます。 タブレットや携帯電話からでも、オンラインのユーザー、IM 会議の参加者を確認し、発表者が共有している画面をリアルタイムで表示することができます。

あらゆるプラットフォーム、デバイスに対応

Word、PowerPoint、Excel、OneNote、Outlook

スムーズかつ簡単に別のデバイスに切り替えることができます。 Windows、Android、Apple のどのデバイスでも、Office ドキュメントを閲覧、編集できます。 使い慣れたユーザー エクスペリエンスで、どのデバイスでも同じようにドキュメントの閲覧、編集、分析、プレゼンテーションを行うことができます。

共有 Facebook Facebook Twitter Twitter メール メール

この情報は役に立ちましたか?

ありがとうございます。その他のフィードバックはありませんか?

改善内容をお聞かせください

ご意見をいただきありがとうございます。

×