Office 365 ユーザーの Yammer へのアクセスをオフにする

Yammer は、ほとんどの Office 365 サブスクリプションに含まれます。他のサービスのように、ユーザー別、またはテナントのユーザー全員に対して無効にすることができます。ユーザーが Yammer にアクセスできないようにするには、まずユーザーが Yammer の資格情報で Yammer にサインインできる機能を無効にし、ライセンス内の Yammer サービスを無効にします。

Yammer で Office 365 ID を適用する

Yammer と PowerShell で Office 365 ID を適用する手順の詳細情報については、「Start blocking users who don't have Yammer licenses (Yammer ライセンスを持っていないユーザーのブロックを開始する)」を参照してください。

  1. Yammer で [ネットワーク管理] セクションへ移動し、[セキュリティ設定] を選択します。

  2. [セキュリティ設定] ページで [Office 365 ID を適用] セクションへ移動し、[Yammer で Office 365 ID を適用する] チェックボックスをオンにし、表示されたダイアログ ボックスの選択内容を確認して、[保存] を選択します。Office 365 ID の適用は、Yammer のライセンスのないユーザーをブロックするために必要な事前の手順です。

  3. [Yammer で Office 365 ID を適用する] チェック ボックスをオンにした後、[Yammer ライセンスがない Office 365 ユーザーをブロックする] チェック ボックスが使用できるようになります。[Yammer ライセンスのない Office 365 ユーザーをブロックする] チェック ボックスをオンにして、[はい。準備できました] を選び、確定します。また、必要に応じて、ユーザーを全員ログアウトし、Office 365 資格情報でのサインインを適用して、[保存] を選びます。

    Yammer のセキュリティ設定で Yammer ライセンスがない Office 365 ユーザーをブロックするスクリーンショット

重要: Office 365 サインインを適用しない場合、Yammer 資格情報を保有するユーザーはサインインできてしまうため、この手順を行う必要があります。

Office 365 テナントに対して Yammer を無効にする

  1. 職場や学校のアカウントで Office 365 にサインインします

  2. Office 365 管理センターに移動します

  3. [ホーム] ページの左側のナビゲーションで、[ユーザー]、[アクティブ ユーザー] の順に選択します。

    ユーザーの編集を表示中の管理者のホーム ページを示すスクリーンショット
  4. [アクティブ ユーザー] ページで、Yammer を無効にするユーザーを選択します。

  5. [ユーザー] ウィンドウで、製品ライセンスの横の [編集] を選択します。

    製品ライセンスの編集操作を示すスクリーンショット
  6. 製品ライセンス (次の例では Office 365 Business Premium) を展開し、Yammer のスライダーを [オフ] の位置に移動します。

    オフに設定された Yammer ライセンスのスクリーンショット
  7. Yammer を無効にするすべてのユーザーに、この手順を繰り返します。

PowerShell を使用し、Office 365 テナントに対して Yammer を無効にする

PowerShell を使用して、このタスクを自動化することもできます。

  1. 開始する前に、「Yammer ユーザーに Office 365 ID を適用する」の記事の手順に従い、ユーザーが Office 365 資格情報で Yammer にサインインできることをご確認ください。

    重要: Office 365 サインインを適用しない場合、Yammer 資格情報を保有するユーザーはサインインできてしまうため、この手順を行う必要があります。

  2. サービスのライセンス情報を表示する」を参照して、ユーザー ライセンスに含まれているものと、ライセンス内の各サービスで実際に使用される名前を一覧表示します。たとえば、ほとんどの Office 365 プランでは、Yammer は YAMMER_ENTERPRISE と表示されます。

    テナントのユーザー全員に対して、一覧表示される PowerShell サービスの詳細も含まれます。

  3. 1 人以上のユーザーに対して、サービス (Yammer を含む) を無効にする詳しい方法については、「Office 365 PowerShell を使ったサービスへのアクセスを無効にする」を参照してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×