Office 365 メールのスパム対策保護

Office 365 で大量のスパムにお困りではありませんか。Microsoft では、Office 365 や Exchange Online Protection (EOP) サービスに複数のスパム フィルターを組み込んで、最初にメッセージを受信するときからメールを保護できるようにしています。Office 365 では、スパムを防止するために、組織固有の問題 (たとえば、特定の送信者から大量のスパムを受信している場合など) に対処するように保護設定を変更することが必要になる場合があります。また、組織のニーズを最大限に満たすように設定を微調整することが必要になる場合もあります。このような場合、Office 365 セキュリティ/コンプライアンス センター でスパム防止設定を変更することができます。

Office 365 でスパム防止に役立つオプション

接続フィルター    は、メッセージの通過を許可する前に、送信者の評価をチェックします。許可一覧または差出人セーフ リストを作成すると、特定の IP アドレスまたは IP アドレス範囲から送信されたすべてのメッセージを確実に受信できます。また、メッセージをブロックする IP アドレスの一覧 (禁止一覧と呼びます) を作成することもできます。詳細については、「接続フィルター ポリシーを構成する」を参照してください。Office 365 でスパムにお困りの場合は、スパムの防止に役立つ接続フィルターをご使用ください。

Office 365 Enterprise E5 をご使用のお客様または Advanced Threat Protection (ATP) ライセンスを購入されたお客様の場合は、スプーフィング インテリジェンスにより接続フィルターが使用され、送信者の許可一覧またはドメインを偽装する送信者の禁止一覧が作成されます。詳細については、「Learn more about spoof intelligence (スプーフィング インテリジェンスの詳細)」を参照してください。

スパム対策フィルター    は、スパム特有のメッセージ特性がないかどうかをチェックします。スパムとして識別されたメッセージに対して実行される処理を変更したり、特定の言語で作成されたメッセージや特定の国や地域から送信されたメッセージをフィルター処理するかどうかを選択したりすることができます。また、スパム対策フィルターをより積極的に活用する場合は、[高度なスパム対策フィルター] オプションを有効にすることもできます。さらに、エンドユーザーのスパム通知を構成して、ユーザー宛てのメッセージが検疫に送信されたときにその旨をユーザーに通知することもできます (検疫へのメッセージの送信は、構成可能な処理の 1 つです)。これらの通知により、エンド ユーザーは誤検知を解除して、誤ってスパムとして検知されたメッセージを分析のために Microsoft に報告することができます。詳細については、「スパム フィルター ポリシーを構成する」を参照してください。Office 365 で大量のスパムにお困りの場合は、スパムの防止に役立つスパム対策フィルターや接続フィルターをご使用ください。

重要: EOP スタンドアロンのユーザーの場合、既定で EOP スパム フィルターにより、スパム検出のメッセージは、各受信者の [迷惑メール] フォルダーに送信されます。ただし、オンプレミスのメールボックスで [迷惑メール フォルダーにメッセージを移動する] アクションを使用できるようにするには、EOP によって追加されたスパム ヘッダーを検出するように、オンプレミスのサーバーで 2 つの Exchange トランスポート ルールを構成する必要があります。詳細については、「スパムが各ユーザーの [迷惑メール] フォルダーにルーティングされるようにする」を参照してください。

Office 365 で大量のスパムを受信した場合のその他のヒント

次のビデオでは、EOP でスパム対策フィルターを構成する概要について説明しています。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

詳細については、「スパム フィルター ポリシーを構成する」のトピックを参照してください。

Office 365 で送信メッセージを チェックしてスパムを防止する

送信フィルター    ユーザーがスパムを送信していないことを確認します。たとえば、ユーザーのコンピューターが、スパム メッセージを送信させるマルウェアに感染する可能性があります。このため、Microsoft では、これを防止する保護機能を製品に組み込んでいます。送信フィルターをオフにすることはできませんが、「送信スパム ポリシーを構成する」で説明されている設定を構成することができます。Office 365 で大量のスパムにお困りの場合は、Exchange Online でスパムの防止に役立つ送信フィルターをご使用ください。

さらに便利な使い方: Office 365 でのその他のスパム対策

トランスポート ルール    組み込みのスパム フィルターに加えて、ビジネス ポリシーに基づいてカスタム ルールを作成したい場合、Office 365 でスパムの防止に役立つもう 1 つの機能としてトランスポート ルール機能があります。たとえば、トランスポート ルールを使用して、特定の条件に一致するメッセージに対して Spam Confidence Level (SCL) 値を設定できます。詳細については、「ルールを作成し、Spam Confidence Level (SCL) を設定してメールをスパムまたは非スパムとして特定する」を参照してください。

電子メール認証    ドメイン ネーム システム (DNS) を使用して、メール メッセージにメール メッセージの送信者の検証可能な情報を追加する技法を説明します。より習熟した Office 365 管理者は、次の電子メール認証技術を利用できます。

Office 365 でスパム、フィッシング、スプーフィングにお困りの場合は、SPF、DKIM、DMARC を組み合わせて、スパムや迷惑なスプーフィングの防止にお役立てください。

エンド ユーザーが管理する設定    エンド ユーザーが独自のスパム設定を管理する方法については、「迷惑メール フィルターの概要」 (Microsoft Outlook ユーザーの場合)」または「迷惑メールやフィッシング詐欺について (OWA ユーザーの場合) を参照してください。EOP を使用してオンプレミスのメールボックスを保護している場合は、ディレクトリ同期を使用して、これらの設定がサービスに対して同期されていることを確認してください。ディレクトリ同期の設定の詳細については、「EOP でメール ユーザーを管理する」の「ディレクトリ同期を使用してメール ユーザーを管理する」を参照してください。

詳細情報

ブログ: スパムやフィッシングが Office 365 を通過するのはなぜですか?

スパム対策保護 FAQ

セーフリストまたはその他の手法を使って、正しいメールが誤って迷惑メールとしてマークされるのを防ぐ

Office 365 スパム フィルターをセットアップして迷惑メールを禁止する方法

迷惑メールとバルク メールの違い

スパム対策メッセージ ヘッダー

バックスキャター メッセージと EOP

さらにサポートが必要な場合

Office 365 コミュニティ フォーラムで情報を入手 管理者向け: サインインとサービス リクエストの作成 管理者向け: 電話サポート
スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×