Office 365 プランの切り替え後に “アカウントに関するお知らせ” が表示される

PC にインストールされている Office が、一般法人向け Office 365 サブスクリプションの一部であり、組織が別の一般法人向け Office 365 のプランに切り替えた場合、新しいプランに付属している Office のバージョンをインストールすることが必要になる場合があります。その場合、プラン変更から 1 から 3 日以内に、Office に次のメッセージが表示されます。

"アカウントに関するお知らせ。Office 365 のサブスクリプションの変更がまだ行われていません。アプリケーションを継続して使えるように、今すぐサインインしてください。"

すぐに Office を更新しない場合も、このメッセージが表示されることがあります。

"更新が必要です。Office 365 のサブスクリプションの変更がまだ行われていません。アプリケーションを継続して使えるように、今すぐ変更を適用してください。"

アカウントに関するお知らせを停止するには、(Office 2016 を持っている場合) Office を更新するか、(Office 2013 を持っている場合) Office を再インストールします。

使用している Office バージョンを選択する

以下の中から使用している Office のバージョンを選び、手順に従って Office の更新または再インストールを行います。

重要: 

  • 新しい Office 365 プランには、Office 2013、Office 2016、またはその両方が付属している可能性があります。

  • インストールする Office のバージョンによっては、Access などの一部のアプリが含まれない場合があります。Office 365 プランで使用できる機能の詳細については、「Office 365 の各プランで利用できる Office 機能」を参照してください。

Office を開いて [アカウントに関するお知らせ] ダイアログ ボックスが表示された場合、[更新] をクリックし、メッセージに従ってサインインします。

Office の更新プログラムがダウンロードされ、Office が実行中でない場合でも、バックグラウンドで変換が完了します。このプロセスの一環で、古いバージョンの Office がアンインストールされます。

重要: Office 2016 があり、[アカウントに関するお知らせ] ダイアログ ボックスに [更新] ボタンではなく [サインイン] ボタンがある場合、「Office 2013 がある場合」の手順を実行します。

注: まず古いバージョンの Office をアンインストールしてから、新しいプランに付属するバージョンをインストールすることをお勧めします。Office をアンインストールしても、Office ドキュメントは削除されませんが、バックアップの作成は常に推奨されます。アンインストール手順をスキップし、新しいバージョンをそのままインストールすることもできますが、両方のバージョンの Office がインストールされるので、Access など一部のアプリケーションはインストールされても、使用しようとすると、ライセンスのない製品というエラーが表示される可能性があります。Office 2013 をインストールする場合、Office 2016 をアンインストールするようにメッセージが表示されます。

  1. Windows コンピューターから Office 2013、Office 2016、または Office 365 をアンインストールする」の説明に従って、[コントロール パネル] から Office をアンインストールします。

  2. Office がアンインストールされたら、https://portal.office.com/OLS/MySoftware.aspx で Office 365 にサインインして、Office をインストールします。サポートが必要な場合は、PC または Mac での Office のインストールに関するページを参照してください。

    注: [Office] ページに、Office 2016、Office 2013、またはその両方をインストールするオプションが表示されることがあります。これは新しい Office 365 プランと、管理者が有効にした Office のバージョンによって変わります。

  1. Word を開きます。

  2. [ファイル]、[アカウント] の順に移動し、[Office 更新プログラム] の [バージョン] 番号を確認します。

    Version 15Office 2013 で、Version 16Office 2016 です。

    実行している Office のバージョンを確認する方法が表示されます。

新しいプランに付属しているバージョンをインストールしない場合はどうなりますか。

一般法人向け Office 365 の新しいプランに付属している Office のバージョンをインストールしない場合、タイトル バーに [(ライセンスのない製品)] と表示されるようになり、次のメッセージが表示されます。

"更新が必要です。Office 365 のサブスクリプションの変更がまだ行われていません。アプリケーションを継続して使えるように、今すぐ変更を適用してください。"

最終的には、Office は機能制限モードになり、ほとんどのボタンと機能が無効になります。Office のすべての機能が引き続き動作するように、新しいバージョンの Office をできるだけ早くインストールしてください。

Office アプリケーションに赤いバナーと次のようなメッセージ表示される。"更新が必要です。Office 365 のサブスクリプションの変更がまだ行われていません。アプリケーションを継続して使えるように、今すぐ変更を適用してください。"

プランを切り替えていない場合

その他の理由で、ライセンスのない製品というエラーが発生することがあります。詳細については、「Office のライセンスのない製品というエラー」を参照してください。

さらにサポートが必要な場合

ヘルプ

補足説明
サポート サービス

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×