Office 365 ビデオのネットワークについてよく寄せられる質問 (FAQ)

Office 365 ビデオのリポジトリとストリーミングのサービスを利用すると、組織内でのビデオの保存とストリーミングが簡単になります。 Office 365 ビデオに関するヘルプには、多くの情報があります。このネットワークに関する FAQ では、帯域幅プラン、暗号化、コンテンツ配信ネットワーク (CDN) を活用する方法に関する一般的な質問に回答します。

ビデオをアップロードするときや再生するときにどういうことが起きているかについてよくわからない場合は、ビデオ「Office 365 ビデオにアップロードされたビデオ ファイルはどうなるか (英語)」も見てください。

Office 365 ビデオの帯域幅要件は何ですか?

Office 365 にアップロードできる、多くのサポート対象のビデオ ファイル形式があります。 アップロード後、各ビデオ ファイルは、標準的な形式で複数の異なる再生品質にエンコードされます。 Office 365 ビデオでは、アダプティブ ビットレート ストリーミングを使って、ビデオ プレーヤーで利用可能なネットワーク帯域幅とサイズに応じた最適なビデオ再生品質を選びます。 これを行うため、プレーヤー側では、最初は最低の再生品質を要求します。 それに対して、サービス側では、ビデオを 2 秒ずつのセグメントにして、ビデオ プレーヤーへの送信を開始します。 プレーヤー側は、それぞれのセグメントが配信される速度に応じて、再生品質を高く、または低くするように要求できます。

アダプティブ ビットレート ストリーミングでは、これらはすべてバックグラウンドで行われ、ビデオ再生の中断 (バッファリング) の時間は最小になります。 ビデオの再生中、視聴者は、自動で設定されたビデオ プレーヤーの再生品質を手動で変更して、特定のビデオ再生品質を選択できます。

次の表に、各ビデオ再生品質に対するネットワーク要件を簡単に示します。 ビデオを再生するために必要なユーザー 1 人あたりの最小帯域幅は、802Kbps です。

再生品質

ネットワーク速度

288p

802Kbps

360p

1.2 Mbps

576p

2.5 Mbps

720p

3.8 Mbps

ページのトップへ

CDN はビデオ再生にどのように役立ちますか?

同じ地域内の同じ組織の複数のユーザーが同じビデオをストリーミング再生する場合、CDN はビデオのコピーをその地域により近い場所に保存します。 最も近い場所に保存 (キャッシュ) されたビデオを使用して、各ユーザーは、遠い場所ではなく最も近い場所からビデオをストリーミング再生します。 Office 365 ビデオは、Azure Media Services を使って、Azure CDN にどのようなビデオがどれだけ長くキャッシュされるかを管理します。 Azure Media Services は、任意の Azure CDN の場所を使って、ビデオのフラグメントとマニフェストを数日間キャッシュできます。 組織内のユーザーが、キャッシュされたビデオを視聴し続ける場合は、ビデオはキャッシュ内に保持されます。 数日間、誰もそのビデオにアクセスしなかった場合は、ビデオはキャッシュから削除されます。 次に、誰かがそのビデオを視聴しようとすると、再び、最も近い CDN の場所にキャッシュされます。

最も近い CDN にコンテンツがキャッシュされている間にビデオを視聴しようとするユーザーはすべて、ビデオが近くにあり、多くの場合ホップ数が最小であることの恩恵を受けます。 これによって、ビデオの再生速度は向上しますが、ビデオを再生するためのネットワーク要件は変りません。

注: 状況によっては (容量の上限に達したなど)、3 日も経たないうちにビデオが削除されることがあります。

ページのトップへ

再生速度を上げるためにビデオをローカルにキャッシュできますか?

はい。 Office 365 では、高速アクセスのために、ローカル CDN やキャッシュ プロキシを使って、ビデオや他の Office 365 コンテンツをユーザーのローカル ネットワークに取り込むことを禁止していません。 ユーザーのネットワークにローカル キャッシュのソリューションを実装する方法はいくつかありますが、最も一般的な方法は、コンテンツをローカルにキャッシュするプロキシ ソリューションを使うことです。 プロキシまたは個人用 CDN がビデオのフラグメントとマニフェストをキャッシュすると、プロキシまたは個人用 CDN 経由でルーティングされるこれらのファイルに対する今後の要求は、インターネットの場所ではなくローカル キャッシュから取り出されます。 このようなソリューションの導入を計画するときは、ネットワーク帯域幅、容量、同時ビデオ再生について考慮してください。

ページのトップへ

ビデオはどのように暗号化され保護されますか?

Office 365 ビデオでは、ユーザーのデータを個別に管理して安全に保護することが重要です。 「Office 365 セキュリティ センター」では、ユーザーのコンテンツのプライバシーとセキュリティに対する Microsoft の取り組みについて説明します。 ビデオを再生するとき、快適さのためには速度が重要ですが、そのためにセキュリティやプライバシーを損なうつもりはありません。 ここでは、速度、セキュリティ、プライバシーに対応する方法について説明します。

組織のユーザーが新しいビデオをアップロードすると、そのビデオはコード変換され、AES-128 暗号化を使用して暗号化されてから、Azure Media Services に格納されます。 つまり、そのビデオは、転送中も保存されてからも、暗号化されています。

組織のユーザーが新しいビデオを視聴しようとするときは、次の手順に従います。

  1. SharePoint Online に対して、自分たちがビデオを表示する権限を持っているかどうかを確認します。

  2. SharePoint Online では、ファイルのアクセス許可を使用して、そのユーザーがビデオを視聴できるかどうかを判断します。

  3. 許可されている場合、SharePoint Online は、Azure からトークンを取得してビデオ プレーヤーに付与します。

  4. ビデオ プレーヤーは、そのトークンを使用して、Azure に解読用キーを要求します。

  5. その解読用キーを取得すると、ビデオ プレーヤーはビデオをストリーミング再生できます。

O365 ビデオの再生

ページのトップへ

Office 365 ビデオを再生するための要件は何ですか?

Office 365 ビデオをサポートするオペレーティング システムと Web ブラウザーは、Office 365 のシステム要件に含まれている SharePoint Online の要件と同じです。 ユーザーが使用しているオペレーティング システムと Web ブラウザーの構成によっては、ビデオ プレーヤーに固有の要件が適用されます。 詳細については、「Office 365 ビデオを利用する」のビデオ再生の要件を参照してください。

ページのトップへ

Office 365 ビデオが動作しない場合、最初に確認することは何ですか?

Office 365 ビデオ接続のトラブルシューティングでは、使用しているネットワーク、ISP、Office 365 の構成をトラブルシューティングすることになります。 最初に確認するのは、サービス正常性ダッシュボードです。 これによって、Office 365 ビデオに問題があるかどうかがわかります。 そこで問題が見つからない場合は、次のようなリソースが役に立ちます。

ページのトップへ

Office 365 ビデオのリソース

疑問に対する回答が得られた場合、または回答が得られない場合、トピックを評価してコメントを残してください。 ここでは、Office 365 ビデオを正常に導入して使用するために役立つリソースを示します。

Office 365 ビデオに関するヘルプ

Office 365 ビデオを利用する

Office 365 のビデオでチャンネルを作成、管理する

Office 365 ビデオ ポータルを管理する

Office 365 ビデオで動作するビデオ ファイル形式

ページのトップへ

戻る場合は、ショート リンク https://aka.ms/video365networkfaq をご利用ください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×