Office 365 パートナー管理センター プレビューのツアー

このトピックでは、新しいパートナー管理センターのプレビューについて説明し、 Office 365のパートナー管理センターについてよく寄せられる質問を示します。 他のパートナーのコンテンツをお探しですか? 「パートナーのヘルプ」を参照してください。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。
お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

Office 365 パートナー管理センターにアクセスする

次の手順で パートナー管理センター にアクセスします。

  1. 職場または学校のアカウントを使用して、Office 365 にサインインします

  2. [パートナー] をクリックします。

    Office 365 ホーム ページ

    アプリが見つからない場合は、 アプリ起動ツールから、[すべてのアプリ] を選択して、利用できる Office 365 アプリのアルファベット順の一覧を表示します。 そこから、特定のアプリを検索できます。

Office 365 パートナー管理センターの機能と設定

パートナー管理センター プレビューのホーム ページは次のようになります。

パートナー管理センターの新しい外観

パートナー管理センター の左側のナビゲーションに表示される機能と設定は次のとおりです。

メニュー

目的

ホーム

これは パートナー管理センター プレビューのランディング ページです。 クライアントを管理する場所、クライアントの有効期限が切れるサブスクリプション、サービス インシデントなどが表示されます。

クライアント管理

クライアント管理ページでは、クライアントに関する情報やクライアントのサブスクリプションを閲覧したり、委任管理者としてログインしたりできます。 詳しくは、「クライアント管理ページの詳細」を参照してください。

お問い合わせ

お問い合わせページでは、クライアントの代わりに申請したお問い合わせの状態を確認できます。 参照番号や会社名を指定して検索することもできます。

ビジネスを築く

パートナー アドバイザーにはこのページが表示されます。 このページでは、試用版を作成したり、サブスクリプションを購入したり、委任管理者になることを要請したりできます。

サービスの正常性

[サービス正常性] ページでは、すべてのサービスの正常性状態の集計を表示できます。 サービス (Exchange など) をクリックしてそのサービスのインシデントの一覧を取得し、インシデント番号をクリックしてインシデントレベルで詳細を取得することができます。

設定ページ

[設定] ページでは、サービスインシデントが発生した場合に通知を受け取るように電子メールを設定できます。

[パートナー センター] を選択し、Microsoft パートナー センターに移動できます。[前のエクスペリエンス] を選択すると、前の パートナー管理センター でクライアントを管理できます。

クライアント管理ページの詳細

クライアント管理ページでは、クライアントにアクセスし、さまざまな方法で整理できます。

[クライアント一覧] ページでは、[すべてのクライアント]、[フラグあり]、[最近アクセスされた] ビューでクライアントを表示できます。 [クライアントのダウンロード] タブでは、クライアント一覧を csv ファイルとしてダウンロードすることもできます。

[すべてのクライアント] ビューでは、会社名やクライアントのプライマリ ドメイン名でクライアントを検索することもできます。

クライアントの一覧ページのタブ。

[すべてのクライアント] リストの [アクション] 列で、 Microsoft 365 管理センターのアイコンを選択して、そのクライアントの管理センターに代理管理者 (1) としてアクセスするか、[サービスリクエスト(2)] アイコンを選択して顧客を表示することができます。サービスリクエストページ。

[アクション] 列からクライアント管理センターまたはお問い合わせにアクセスする

[すべてのクライアント] 一覧でクライアントを選択すると、クライアントの詳細カードが開きます。 クライアント詳細カードでは次のような操作が可能です。

  1. ホーム ページにクライアントをピン留めすると、アクセスが簡単になります。

  2. クライアントにフラグを設定すると、[フラグあり] 一覧に移動します。 また、サービス正常性の状態アイコンが黄色の場合、サービス正常性の問題を確認できます。

クライアントの詳細カードで、クライアントをピン留めしたり、フラグを設定したりできます。

FAQ

  • クライアントが表示されないのは、どうしてですか?   

    クライアントを表示するために、現在、3 種類のフィルターが用意されています。

    [なし] - このフィルターは、クライアント数が 100 未満のパートナーのみ利用することができ、すべてのクライアントが表示されます。

    [フラグ付きクライアント]-クライアントリストの右側の [クライアントの詳細] ウィンドウで、最もアクセスされているクライアントの管理センターを選択してフラグを設定します。 最大30クライアントにフラグを設定できます。 30を超えるフラグを設定すると、フラグが設定されていない最も古いクライアントがマークされます。 (: クライアントにフラグを設定するには、グローバル管理者の承認が必要です。)

    [最近アクセス済み] - フラグ付きクライアントとは、前述したようにフラグを付けたクライアントです。 [最近アクセス済み] のクライアントは、最近、最もアクセス回数の多い上位 30 のクライアントです。

  • クライアントの既定のビューを教えてください。   

    クライアントが 100 より少ない場合、既定のビューは [なし] です。

    クライアント数が 100 を超える場合、既定のビューは [フラグ付きクライアント] です。 クライアントが既定のビューに表示されていなくても、引き続きすべてのクライアントを検索できます。

  • クライアントの一覧に追加した新しいクライアントが表示されないのは、どうしてですか?   

    クライアントを追加したばかりで、そのクライアントがクライアントの一覧に表示されない場合は、検索フィールドでそのクライアントを検索してみてください。 それでもクライアントが表示されない場合は、データベースが同期されるまで、しばらく待ってから、もう一度お試しください。

  • 新機能である部分検索の使い方を教えてください。   

    名前やドメイン名の最初の部分のみを入力して、クライアントを検索します。 検索結果には、検索条件に基づいて最大 100 クライアントが表示されます。

パートナー管理センターの詳細を確認してください。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×